ユニットバスとは、工場などで予め成型される浴室のことである[1][2][3]英語ではbath moduleという。

マンションのユニットバス(洗い場付き)
ホテル客室の3点ユニット

防水性の高い素材を用いて天井を成型、内部には浴槽(および多くは合わせて他の要素)を設けておき、現場に搬入した後に組み立てる。日本の間取図で用いられる記号はUB[2][3]

概要編集

浴室工場などで予め成型される。タイルを1枚ずつ貼って造る在来工法の浴室と比べ、短時間施工が可能である。また階下への水漏れのリスクが少ない。

高い容積効率も実現可能である。ただし効率追求の結果、排熱・排気・排水などの性能が多少犠牲になることも少なくない。

日本編集

日本では戸建住宅からマンションホテルアパート病院などに至るまで、さまざまな建築物に用いられている。また最近では、サイズや機器のオプションが自由に選べるものが増えている。2014年の時点で、日本国内の浴室の約95%を占める[4]

日本では「システムバス」とも呼ばれる。また、西洋式にトイレ、洗面台、バスタブを同室内に設置するタイプのユニットバスもあり、3点ユニットと呼ぶ。「ユニットバス」と同様に和製英語である。

歴史編集

類似のものとして、バックミンスター・フラー金属製の浴室ユニット『ダイマキシオンバスユニット』を1938年特許出願したが、アメリカではほとんど普及しなかった。

現在につながるFRP製のユニットバスは、日本1963年に考案開発された。きっかけはホテルニューオータニの建設を目的とした。主に開発に携わったのは、日立化成工業(現:ハウステック)・東洋陶器(現:TOTO)の2社である。その結果、1部屋につき職人数人と1か月を要していたバスやトイレの施工が、運び込んで設置するだけで良いユニットバスを採用したことにより、わずか数時間に短縮された。

ホテルニューオータニの建設に際し、これを採用した。1964年東京オリンピックを控え、建設を急いでいたホテルニューオータニで、内装工事の省力化が可能となった[5][6]。ニューオータニでは1000室以上にも上る全客室へのユニットバスの据付作業を、3か月半で完了したとされる[4]

なお、この「初代」とも言うべきユニットバスはTOTO本社にも現存していなかったが、2014年7月にはニューオータニ内の倉庫となっていた部屋に当時の設置状態で現存していたことが判明した。これは2015年8月にTOTO本社に隣接された資料館「TOTOミュージアム」へ移設され、一般公開することとなった[4]

住宅向けユニットバス編集

住宅向けには、日本では同じく1963年に北海酸素(現:エア・ウォーター)から発売された「ほくさんバスオール」が元祖とされる(FRP製ではなく洗い場もなく浴槽だけの作り)。

サイズ編集

 
ユニットバスサイズ1618

日本における住宅向けのユニットバスは、そのサイズがほぼ規格化されている[7]。縦方向と横方向のサイズを10cm単位の数字で表し、「1216」、「1317」、「1416」、「1418」、「1616」、「1618」、「1818」などがある。縦方向に浴槽(の長手方向)が設置される。

誤解編集

「ユニットバス=浴室・トイレ・洗面台などが共有されているシステム」であるとの誤解がみられる。この原因は、当初、外国人観光客の宿泊を受け入れるホテル向けに、外国人に受け入れやすいこの3点を持つユニットが多く採用され[8]、現在でも単身用集合住宅などにも広く普及しているためと考えれる。

アメリカでの事情編集

アメリカでは労働組合の力が強く、建物建築時に浴室工事を行うアスファルト防水、押さえモルタル、配管、シンダーコンクリート打設、タイル張り、窓と天井の大工作業、などのそれぞれの職人・作業者の職場を確保するため、ユニットバスの使用は制限されている[5]

製造メーカー編集

出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集