ナスラック株式会社(英文表記:Nasluck Co.,Ltd.)は、名古屋市中区に本社を置く、システムキッチン、洗面化粧台、収納家具、室内建具、内装建材などを扱う住宅設備メーカーである。現在は同区に本社を置く東建コーポレーションの子会社である。

ナスラック株式会社
Nasluck Co.,Ltd.
東建本社丸の内ビル
東建本社丸の内ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内二丁目1番33号
東建本社丸の内ビル11F
設立 1978年(昭和53年)10月18日(創業:昭和35年10月1日)
業種 その他製品
法人番号 3180001068710 ウィキデータを編集
事業内容 ステンレス鋼の加工ならびに厨房機器、システムキッチン等の販売及び取付け工事の施工ほか
代表者 代表取締役会長 左右田 鑑穂(本名:左右田 稔)
代表取締役社長 左右田 善猛
資本金 9,000万円
売上高 240億1732万円(2020年4月期)
従業員数 403名(2020年4月時点)
決算期 4月
主要株主 東建コーポレーション株式会社
主要子会社 上海東販国際貿易有限公司
外部リンク http://www.nasluck.co.jp/
テンプレートを表示

会社概要編集

日本冶金工業の子会社「ナス・ステンレス製作所」として1960年に創業する。現法人は1975年に「ナスステンレス」として設立されて日本冶金の直系子会社としてステンレス流し台、浴槽、住宅設備機器を製造して販売していたが、バブル崩壊後の1990年代以降は経営不振が続き、日本冶金は系列不採算事業整理の一環として2003年再生ファンドの「ベーシック・キャピタル・マネジメント」へ事業を譲渡した。

2005年4月にベーシック社が東建コーポレーションの子会社「東建リーバ」へ「ナスステンレス」の全株式および債権を売却し、東建グループの関連子会社となり社名を「東建ナスステンレス」と改めた。2007年6月1日に「東建ナスステンレス」から「ナスラック」へ社名を変更する。2008年11月に東建リーバと合併して現在に至る。ナスステンレスは1990年代にほぼ全国で営業展開していたが、現在は北海道・四国・九州・沖縄から撤退し、東北地方も宮城県以外は営業拠点を設けていない。

沿革編集

  • 1960年 - ナスラックの前身となる(株)ナスステンレス製作所(資本金1億円)設立。鎌倉市大船に工場用地買収。
  • 1961年 - 大船工場(現・ナスラック鎌倉工場)建設、ステンレス流し台の生産開始。
  • 1962年 - 三菱商事(株)を総代理店として「日本冶金ナス流し台」の販売開始。流し台「P型」、「G型」、「S型」発売。流し台「S型」がグッドデザイン商品に選出される。
  • 1963年 - 公共住宅用規格部品委員会より、KJ流し台メーカーの指定を受ける。
  • 1965年 - 大船工場拡張のため土地買収決定(3,706坪)。
  • 1966年 - 流し台「R型」がグッドデザイン商品に選定。
  • 1967年 - 流し台「H型(ホームクイン)」、「P型(第2次)」発売。流し台「H型(ホームクイン)」がグッドデザイン商品に選定。
  • 1968年 - 資本金1億4千万円に増資。流し台「HQ型(ホームクイーンセピア)」発売。
  • 1969年 - 資本金を2億8千万円に倍額増資。
  • 1971年 - 流し台「NQ型(ナスクイーン)」がグッドデザイン商品に選定。
  • 1972年 - ステンレス浴槽の生産開始。
  • 1973年 - 資本金4億2千万円に増資、滋賀県湖南工業団地内に滋賀工場建設。
  • 1977年 - 浴槽、洗面化粧台が建設省優良住宅部品(BL)に認定。キッチンユニットが建設省優良住宅部品(BL)に認定。
  • 1979年 - 流し台「C型(チャーミー)」がグッドデザイン商品に選定。大船工場JIS表示許可工場となる。流し台「FG、FY(フルーティ)型」発売。東京国際見本市に単独出展。流し台「A型(アムーリー)」発売。初の全国規模代理店会議開催。ステンレス浴槽「140型」発売。流し台「A型(アムーリー)」がグッドデザイン商品に選定。キッチンシステム(A-Ⅰ型、A-Ⅱ型)建設省優良住宅部品(BL)に認定。
  • 1980年 - ガス加熱機器、ステンレス浴槽建設省優良住宅部品(BL)に認定。流し台「D型(ディアリー)」がグッドデザイン商品に選定。キッチンユニットが建設省優良住宅部品(BL)に認定。
  • 1981年 - 集合郵便受箱、換気ユニット建設省優良住宅部品(BL)に認定。洗面化粧台ユニット建設省優良住宅部品(BL)に認定。
  • 1982年 - システムキッチン「BL30型」建設省優良住宅部品(BL)に認定、グッドデザイン商品選定。
  • 1983年 - 洗面化粧台「AW型」がグッドデザイン商品に選定。
  • 1984年 - 太陽熱利用給湯システム(太陽熱温水器)建設省優良住宅部品(BL)に認定。
  • 1985年 - 流し台「P型(ピァティ)」がグッドデザイン商品に選定。
  • 1988年 - コンポシステムキッチンミドルオークシリーズがグッドデザイン商品に選定。
  • 1989年 - マリオ・バレンチノ(イタリア)監修システムキッチン「マリオ・バレンチノ」発売。第一回インターナショナルハウジングフェア出展。
  • 1997年 - 業界初の抗菌ステンレスシンク「ビーナスシンク」の生産発売開始。
  • 1998年 - ステンレスキャビネットキッチン、製法特許取得。東建リーバ(株)設立。千葉県八街市の鉄骨工場「シスコ」を買収。
  • 2000年 - 国際標準機構により優良企業の証明となる国際規格「ISO9001」に認証される。
  • 2002年 - 業界初のキッチン内蔵型生ごみ処理機を発売。旧段谷産業の出雲工場(島根県出雲市)を買収。旧エヌケーホームの工場(埼玉県深谷市)を買収。
  • 2003年 - 千葉シスコ工場、出雲ダンタニ工場ISO 9001:2000を取得。システムキッチン「ディプロア」を発売。
  • 2005年 - 東建リーバ(株)の系列となり、東建ナスステンレス(株)に社名変更。
  • 2006年 - シェルル神戸工場(兵庫県神戸市)を取得。
  • 2007年 - ナスラック(株)に社名変更。「ナストピアTLD内装・住設ユニットシステム」による住空間のトータルデザインシステムを発表。システムキッチン「クリエスタ」を発売。
  • 2008年 - 東建リーバ(株)とナスラック(株)が合併し、ナスラック(株)となる。
  • 2009年 - システムキッチン「バゼロ」を発売。洗面化粧台「スタァレディ」を発売。DXシリーズユニット収納を発売。耐震・制震金物「シェルワイド」を発売。
  • 2010年 - システムバス「バスリーバ」を発売。
  • 2012年 - システムキッチン「ベルフラワー」を発売。
  • 2013年 - 洗面化粧台「チャイミークリア」を発売。
  • 2014年 - 「耐震壁面収納家具」を発売。
  • 2015年 - システムキッチン「セスパ」をリニューアル発売。NK深谷工場を建て替え、ロボットによる全自動ラインを構築。「鉄骨地中梁基礎工法」で使う鋼管杭「ニューバースパイル」の生産開始。
  • 2016年 - コンパクトキッチン「リヴィエール」をリニューアル発売。「高齢者福祉施設向け設備」のオーダーメイド生産を開始。
  • 2017年 - システムキッチン「バゼロ」をリニューアル発売。「玄関収納」をリニューアル発売。
  • 2018年 - システムキッチン「ベルフラワー」をリニューアル発売。「室内ドア」をリニューアル発売。[1]
  • 2020年 - ノーリツがシステムバスを含む住設システム事業からの撤退により、同社からのシステムバスのOEM供給が停止(予定)[2][3][4]

工場編集

旧東建リーバの工場を合わせて国内に5つの工場があり、一般販売向けの住宅設備機器のほか、親会社である東建コーポレーション用の建築資材・住設機器を生産している。

主な商品編集

システムキッチン

  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー

コンパクトキッチン

  • リヴィエール

セットキッチン

  • ピュアッツ
  • パルテエジ

システムバス

  • バスリーバS

かつては、自社(ナスステンレス→東建ナスラックを含む)において、システムバスを自社で製造販売していたが、ナスラックへの商号変更後、ノーリツからのOEM製品に移行した。ちなみに、以前のOEM供給元だったノーリツは2019年冬にシステムバスを含む住宅システム事業から撤退[5][6][7]し、ノーリツが事業展開していたシステムバスルームは2020年春に永大産業に譲渡された[8][9][10]

温水洗浄便座

  • シャワレッシュ

トイレカウンター

  • ライトベル

洋風便器

  • ビィバレット

洗面化粧台

  • スタァレディ
  • チャイミークリア
  • ベラーザ・ネオ
  • グランティスC

収納家具

  • シェルラック(耐震壁面収納)
  • 玄関収納
  • ユニット収納
  • ニッチ収納
  • トイレ収納
  • リビング家具
  • キッズ家具

イメージキャラクター編集

  • 釈由美子(2006年 - 2009年、ナスラックのCMに出演)
  • ナスピィ
  • ナスリン

提供番組(全て過去)編集

脚注編集

  1. ^ ナスステンレス株式会社 (1990), ナスステンレス30年のあゆみ, 100 
  2. ^ 国内事業の構造改革の実施関するお知らせ:ノーリツ
  3. ^ ノーリツが希望退職で600名を削減 住宅システムから撤退 不景気ニュース
  4. ^ ノーリツ、住宅システム分野の生産開発から撤退 日本経済新聞2019年11月27日付け
  5. ^ 国内事業の構造改革の実施に関するお知らせ”. 株式会社ノーリツ (2019年11月27日). 2020年7月13日閲覧。
  6. ^ ノーリツが希望退職で600名を削減 住宅システムから撤退”. 不景気ニュース (2019年11月27日). 2020年7月13日閲覧。
  7. ^ ノーリツ、住宅システム分野の生産開発から撤退”. 日本経済新聞 (2019年11月27日). 2020年7月13日閲覧。
  8. ^ 株式会社ノーリツの連結子会社の事業の一部譲受に向けた検討に関するお知らせ”. 永大産業 (2020年1月29日). 2020年7月13日閲覧。
  9. ^ 構造改革の一環とした住設システム分野からの撤退に伴う連結子会社の一部事業譲渡について、(株)永大産業と協議~システムキッチンなどの開発、生産の譲渡について検討~”. 株式会社ノーリツ (2020年1月29日). 2020年7月13日閲覧。
  10. ^ ノーリツ、永大産業に一部事業譲受 住設撤退で”. 日本経済新聞 (2020年3月23日). 2020年7月13日閲覧。

外部リンク編集