長府製作所

株式会社 長府製作所(ちょうふせいさくしょ、: Chofu Seisakusho.,Ltd.)は、山口県下関市長府扇町に本社を置く、石油・ガス・電気などによる給湯設備空調関連施設太陽光発電システムなどの製造販売をおこなう企業である。主に石油給湯器のシェアで全国トップを誇る。一般的には「長府ボイラ」の名前で知られている。

株式会社 長府製作所
Chofu Seisakusho.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5946
略称 長府ボイラ、CHOFU
本社所在地 日本の旗 日本
752-8555
山口県下関市長府扇町2番1号
設立 1954年7月1日
業種 金属製品
法人番号 8250001005924
事業内容 給湯関連機器をはじめとする各種住宅設備機器の製造、販売
代表者 代表取締役会長 川上康男
代表取締役社長 橋本和洋
資本金 70億円
発行済株式総数 3,598万500株
売上高 単体329億円
連結422億円
営業利益 単体19億円
連結24億円
純利益 単体28億円
連結30億円
包括利益22億円
純資産 単体1,192億円
連結1,209億円
総資産 単体1,264億円
連結1,316億円
従業員数 単独1,034[116]人
連結1,236[206]人
決算期 12月31日
主要株主 ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパニー (15.26%)
長府物産 (11.98%)
長府精機 (11.38%)
長府共済会 (8.82%)
西日本シティ銀行 (4.82%)
山口銀行 (4.79%)
日本トラスティ・サービス信託銀行 (3.28%)
主要子会社 サンポット
外部リンク http://www.chofu.co.jp/
特記事項:経営指標は 2016年12月 第63期 有価証券報告書 ※従業員数は就業人員であり、臨時従業員数は[]内に年間の平均人員を外数で記載している。
テンプレートを表示

目次

概要編集

1954年に農機具(脱穀機、耕運機など)の製造販売として創業。やがて乾燥機用の灯油バーナーの改良に成功したのを機に、現在の主力である石油給湯機器への礎を作り上げた。 1963年には、家庭用温水ボイラの製造を開始し、住宅設備分野へ進出を図ると共に、1971年には、同社が先駆けて開発に成功した石油瞬間ボイラでその名を一般に拡大させてゆく。また1979年には、太陽熱温水器を開発し、住宅設備業界での地位を確立させ、その後もシステムバスルーム、システムキッチン、太陽光発電システムなどの製品を多角的に開発している。 1969年には、農機具製造販売からは完全撤退し、現在に至る。 近年では岩手県花巻市に本社を置く、ストーブを主とした暖房器具メーカー、サンポットを子会社化し、同社の持つノウハウを元に暖房器具の分野にも進出している。

沿革編集

所在地編集

主な商品編集

スポンサー番組編集

現在編集

  1. ^ 編成の都合上で世界の日本人妻は見た!毎日放送発TBS系)の2時間スペシャル(19:00スタートの時)に振替されるケースやそれ以外の特番に振替されるケースもあり。
  2. ^ 一部系列局ローカルナイター編成時も含む。

過去編集

外部リンク編集