ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト

ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト』(Live at Fillmore West)は、アメリカ合衆国サクソフォーン奏者、キング・カーティス1971年に録音・発表したライブ・アルバム。カーティスが殺害される少し前にリリースされており、結果的に遺作となった[2][3]

ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト
キング・カーティスライブ・アルバム
リリース
録音 1971年3月5日 - 7日 サンフランシスコ フィルモア・ウェスト英語版
ジャンル R&Bインストゥルメンタルソウル・ジャズ
時間
レーベル アトランティック・レコード
ライノ・エンタテインメント(リイシュー)
プロデュース キング・カーティス、アリフ・マーディン
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 54位(アメリカ[1]
  • キング・カーティス アルバム 年表
    Get Ready
    (1970年)
    ライヴ・アット・フィルモア・ウェスト
    (1971年)
    Everybody's Talkin'
    (1972年)
    テンプレートを表示

    背景編集

    1971年3月、カーティスは自身のバンドであるザ・キングピンズを率いて、アレサ・フランクリンフィルモア・ウェスト英語版公演におけるオープニングアクトと、フランクリンのライブ本編におけるバック・バンドを兼任した[2][注釈 1]。本作に収録された演奏のうち「ミスター・ボージャングル」と「涙をとどけて」は3月5日、「胸いっぱいの愛を」と「アイ・スタンド・アキューズド」は3月6日、それ以外は3月7日の録音である[4]。なお、3月5日の公演では、ビリー・プレストンをフィーチャーした「マイ・スウィート・ロード」(ジョージ・ハリスンのカヴァー)も演奏されており[4]、この曲はオリジナル盤未収録だが、再発CDではボーナス・トラックとして収録された[2]

    レッド・ツェッペリンのカヴァー「胸いっぱいの愛を」は、本作の録音に先がけて1970年にスタジオ録音によるシングルがリリースされており[5]、1971年2月20日付のBillboard Hot 100で最高64位[6]、同年2月27日付の『ビルボード』のR&Bシングル・チャートで最高43位を記録した[7]

    反響・評価編集

    アメリカの総合アルバム・チャートBillboard 200では、カーティスの没後の1971年10月2日に54位を記録し、自身唯一の全米トップ100アルバムとなった[1]。また、『ビルボード』のR&Bアルバム・チャートでは、1971年9月25日付のチャートで自身最高の9位を記録した[8]

    ジム・スミスはオールミュージックにおいて5点満点中4.5点を付け「カーティスは時折混乱しているが、そんなことはどうでも良く、ここまで優れた音楽が生み出されているのだから、聴いていてもそれに気づかないだろう」と評している[3]

    収録曲編集

    Side 1
    1. メンフィス・ソウル・ステュー - "Memphis Soul Stew" (Curtis Ousley) - 7:36
    2. 青い影 - "A Whiter Shade of Pale" (Gary Brooker, Keith Reid) - 5:19
    3. 胸いっぱいの愛を - "Whole Lotta Love" (Robert Plant, Jimmy Page, John Paul Jones, John Bonham) - 2:32
    4. アイ・スタンド・アキューズド - "I Stand Accused" (Jerry Butler) - 6:02
    Side 2
    1. チェンジズ - "Them Changes" (Buddy Miles) - 7:07
    2. ビリー・ジョーの歌 - "Ode to Billie Joe" (Bobbie Gentry) - 3:23
    3. ミスター・ボージャングル - "Mr. Bojangles" (Jerry Jeff Walker) - 4:29
    4. 涙をとどけて - "Signed, Sealed, Delivered I'm Yours" (Lee Garrett, Lula Mae Hardaway, Stevie Wonder, Syreeta Wright) - 2:37
    5. ソウル・セレネイド - "Soul Serenade" (Luther Dixon, C. Ousley) - 5:36

    2006年再発CDボーナス・トラック編集

    1. "My Sweet Lord" (George Harrison) - 2:30
    2. "Them Changes (alternate take)" (B. Miles) - 5:36
    3. "Ode to Billie Joe (alternate take)" (B. Gentry) - 4:27
    4. "Soul Serenade (alternate take)" (L. Dixon, C. Ousley) - 4:51
    5. "Memphis Soul Stew (alternate take)" (C. Ousley) - 7:15

    参加ミュージシャン編集

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ 古い資料では1971年2月の録音と記載されており、1998年再発CD (AMCY-2905)のライナーノーツでもそれに基づいていたが、2005年にアレサ・フランクリン&キング・カーティス名義で発売されたCD4枚組のセット『Live at Fillmore West: Don't Fight the Feeling』のクレジットでは、3月5日 - 7日の録音と記載されている。

    出典編集

    1. ^ a b King Curtis Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2018年8月26日閲覧。
    2. ^ a b c Legendary Live Fillmore West Albums Recorded in 1971 by Aretha Franklin”. Goldmine Magazine. F+W (2010年4月21日). 2018年8月26日閲覧。
    3. ^ a b Smith, Jim. “Live at the Fillmore West (sic) - King Curtis”. AllMusic. 2018年8月26日閲覧。
    4. ^ a b Aretha Franklin & King Curtis - Live At Fillmore West: Don't Fight The Feeling (CD) at Discogs
    5. ^ Greene, Doyle (2014). The Rock Cover Song: Culture, History, Politics. McFarland. p. 89. ISBN 9781476615073  Google Books参照
    6. ^ King Curtis Whole Lotta Love Chart History - Hot 100”. Billboard. 2018年8月26日閲覧。
    7. ^ King Curtis Whole Lotta Love Chart History - Hot R&B/Hip-Hop Songs”. 2018年8月26日閲覧。
    8. ^ King Curtis Chart History - Top R&B/Hip Hop Albums”. Billboard. 2018年8月26日閲覧。

    外部リンク編集