ラカーユ9352 (Lacaille 9352) は、太陽系からみなみのうお座の方向に約10.7光年離れた位置にある赤色矮星である。グリーゼ887HD 217987とも呼ばれる。

ラカーユ9352
Lacaille 9352
星座 みなみのうお座
見かけの等級 (mv) 7.34[1]
7.33 - 7.38(変光)[2]
変光星型 疑わしい[2][3]
位置
元期:J2000.0[1]
赤経 (RA, α)  23h 05m 52.0354545522s[1]
赤緯 (Dec, δ) −35° 51′ 11.058757520″[1]
視線速度 (Rv) 8.820 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 6,765.995 ミリ秒/年[1]
赤緯 : 1,330.388 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 304.2190 ± 0.0451ミリ秒[1]
(誤差0%)
距離 10.721 ± 0.002 光年[注 1]
(3.2871 ± 0.0005 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 9.8[注 2]
軌道要素と性質
惑星の数 2 + 1?
物理的性質
半径 0.470 ± 0.001 R[4]
質量 0.486 ± 0.012 M[4]
表面重力 4.78 (log g)[4]
自転速度 2.5 ± 1.0 km/s[5]
スペクトル分類 M1V[5]
M2V[1]
光度 0.0367 ± 0.0022 L[4]
表面温度 3,692 ± 57 K[4]
色指数 (B-V) 1.48[1]
色指数 (U-B) 1.18
金属量[Fe/H] -0.06 ± 0.08[5]
年齢 45.7 億年[6]
他のカタログでの名称
CD-36 15693[1]
GJ 887[1]
HD 217987[1]
HIP 114046
NSV 14420[1]
LCC 0250[1]
SAO 214301[1]
2MASS J23055131-3551130[1]
Template (ノート 解説) ■Project

特徴編集

大きさの比較
太陽 ラカーユ9352
   

この恒星変光星の可能性があり[3]ニコラ・ルイ・ド・ラカーユによって作成された恒星図に記載されている恒星のひとつである。既知の恒星の中でも特に固有運動が大きく、この恒星の固有運動の記録は1881年にアメリカの天文学者ベンジャミン・グールドによって初めて発表された[7]質量半径は共に太陽のおよそ半分である[4][5]。見かけの明るさは7等級であり[1]、肉眼では観測できない。

ラカーユ9352に一番近い恒星はみずがめ座EZ星系で、4.1光年離れている[8]。ラカーユ9352はカプタイン星などと共に、赤色矮星としては初めて角直径が測定された恒星の一つとして知られている[9]

惑星系編集

2000年に発表されたハッブル宇宙望遠鏡を使用して行った研究では、ラカーユ9352の周辺で褐色矮星木星型惑星は発見されなかった[10]。恒星から0.22 au離れた位置に地球型惑星があれば、液体の水が存在するのに十分な熱を得られると考えられている[8]

2020年6月ドップラー分光法による観測で、ラカーユ9352の周囲を公転するスーパーアースサイズの惑星が2つ発見された。公転周期はそれぞれ9.3日と21.8日で公転で、また50日周期で公転するもう一つのスーパーアースの存在が示唆されている。なお、まだ未確認の3番目の惑星はハビタブルゾーン内に存在している可能性がある。ラカーユ9352は他の多くの赤色矮星とは異なり、恒星活動が穏やかであるため、ラカーユ9352の惑星は地球よりも多くの光を主星から受けているにも関わらず、放出された恒星風による宇宙空間への惑星の大気散逸が起きていない可能性がある[5][11][12]

ラカーユ9352の惑星[5]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b ≥4.2 ± 0.6 M 0.068 ± 0.002 9.262 ± 0.001 0.09+0.09
−0.06
c ≥7.6 ± 1.2 M 0.120 ± 0.004 21.789+0.004
−0.005
0.22+0.09
−0.10
d (未確認) ~8.3(仮定) M ~50.7 0.25+0.20
−0.15

脚注編集

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Result for HD 217987”. SIMBAD Astronomical Database. CDS. 2021年1月21日閲覧。
  2. ^ a b HD 217987”. GCVS. 2021年1月21日閲覧。
  3. ^ a b Micela, G.; Pye, J.; Sciortino, S. (1997). “Coronal properties of nearby old disk and halo dM stars”. Astronomy and Astrophysics 320: 865–877. Bibcode1997A&A...320..865M. 
  4. ^ a b c d e f Rabus, Markus; Lachaume, Régis; Jordán, Andrés et al. (2019). “A discontinuity in the Teff–radius relation of M-dwarfs”. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 484 (2): 2674–2683. arXiv:1901.08077. Bibcode2019MNRAS.484.2674R. doi:10.1093/mnras/sty3430. 
  5. ^ a b c d e f Jeffers, S. V.; Dreizler, S.; Barnes, J. R. et al. (2020). “A multiplanet system of super-Earths orbiting the brightest red dwarf star GJ 887”. Science 368 (6498): 1477-1481. arXiv:2006.16372. Bibcode2020Sci...368.1477J. doi:10.1126/science.aaz0795. ISSN 0036-8075. PMID 32587019. 
  6. ^ Yee, Samuel W.; Petigura, Erik A.; von Braun, Kaspar (2017). “Precision Stellar Characterization of FGKM Stars using an Empirical Spectral Library”. The Astrophysical Journal 836 (1): 77. arXiv:1701.00922. Bibcode2017ApJ...836...77Y. doi:10.3847/1538-4357/836/1/77. 
  7. ^ Gould, B. A. (1881). “Corrigenda in the Uranometria Argentina. Star with large proper motion”. Astronomische Nachrichten 100 (1): 7–10. Bibcode1881AN....100....7G. doi:10.1002/asna.18811000104. https://zenodo.org/record/1424713. 
  8. ^ a b Lacaille 9352”. SolStation.com. 2021年1月21日閲覧。
  9. ^ Giant Eyes for the VLT Interferometer First Scientific Results with Combined Light Beams from Two 8.2-m Unit Telescopes”. European Southern Observatory (2001年11月5日). 2021年1月15日閲覧。
  10. ^ Schroeder, Daniel J.; Golimowsk, David A.; Brukardt, Ryan A. et al. (2000). “A Search for Faint Companions to Nearby Stars Using the Wide Field Planetary Camera 2”. The Astronomical Journal 119 (2): 906-922. Bibcode2000AJ....119..906S. doi:10.1086/301227. 
  11. ^ Sergio Prostak (2020年6月26日). “Compact System of Super-Earths Found around Lacaille 9352”. Sci News. 2021年1月21日閲覧。
  12. ^ 11光年彼方の恒星にスーパーアースの惑星系を発見”. AstroArts (2020年7月2日). 2021年1月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集