ラジオニセコは、特定地上基幹放送事業者である株式会社ニセコリゾート観光協会(ニセコリゾートかんこうきょうかい)が行うコミュニティ放送の愛称である。

株式会社ニセコリゾート観光協会
FM放送事業部
愛称 ラジオニセコ
コールサイン JOZZ1BB-FM
周波数/送信出力 76.2 MHz/20 W
本社・所在地
〒048-1502
設立日 2003年9月1日
開局日 2012年3月31日
演奏所 ニセコ町中央通33
送信所 ニセコ町曽我870-6
(ニセコヘリポート内)
放送区域 ニセコ町の一部
ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
公式サイト radioniseko.jp

北海道虻田郡ニセコ町の一部地域を放送区域とする超短波放送(FM放送)である。

2006年から2007年にかけてニセコ町の隣町・同郡倶知安町で放送されていた「FMニセコ放送」および、FMニセコ出演者らによって運営されていたインターネットラジオ「ニセコラジオ」とは無関係。

概要編集

虻田郡内では、倶知安町の「FMニセコ放送」が廃局して以来、およそ4年ぶりのコミュニティ放送局開設となった。

呼出名称ニセコエフエムほうそう。スタジオはJRニセコ駅前に設置。

ニセコ町が放送設備を整備、ニセコリゾート観光協会が免許を取得し、公設民営方式で運用している[1]。 ニセコ町はまた、ニセコリゾート観光協会に出資もしておりマスメディア集中排除原則にいう支配関係にある [2]札幌市西区でコミュニティ放送局「三角山放送局」を運営するらむれすの支援を受けている。

開局と同時にSimulRadioに加盟し、インターネットでの聴取が可能である。

防災ラジオ貸与の取り組み編集

ニセコ町では、開局にあわせ防災ラジオ(緊急告知FMラジオ)を無償貸与している。各所帯や事業所ばかりでなく別荘等の家屋所有者も対象[3]

このラジオは、ラジオニセコ以外にAIR-G'NHK-FM札幌NHK第1放送STVラジオも受信できる。

沿革編集

  • 2003年(平成15年)
    • 9月1日 - 株式会社ニセコリゾート観光協会設立。
  • 2011年(平成23年)
    • 6月23日 - 第1回のコミュニティ放送局検討会議を、ニセコ町・ニセコリゾート観光協会・らむれす他の参加により実施。
    • 12月26日 - 特定地上基幹放送局予備免許取得[4]
  • 2012年(平成24年)
    • 3月30日 - 特定地上基幹放送局の免許取得[5]
    • 3月31日 - 開局。

放送番組編集

定例放送休止時間を設けない24時間放送を実施している。下記以外の時間は音楽放送。

ニセコモーニング
  • 月曜 - 金曜07時00分 - 09時00分 生放送
  • パーソナリティ:木村先見、宮川博之
Niseko Amusic Lounge
  • 月曜 - 金曜12時00分 - 14時00分 生放送
  • パーソナリティ:中鉢優月、小林愛菜 他
DJ 762
  • 月曜 - 金曜14時00分 - 15時00分、17時00分 - 18時00分
  • 三角山放送局制作の音楽番組(上記それぞれ三角山の同日7時台・8時台放送分)
Kira 綺羅 Niseko
  • 月曜 - 木曜15時00分 - 17時00分(休止の場合あり) 生放送
    • 再放送 月 - 木曜18時00分 - 20時00分
  • パーソナリティ:中鉢優月、小林愛菜
Friday Open Studio
  • 金曜15時00分 - 17時00分(15時台は Kira 綺羅 Niseko の場合あり)、18時00分 - 19時00分 生放送
    • 再放送 日曜14時00分 - 17時00分
  • 町民DJによる番組
ラジオぽしぶる
  • 金曜20時00分 - 21時00分 生放送
  • パーソナリティ:中鉢優月
Brand New Saturday
  • 土曜07時00分 - 10時00分 生放送
  • パーソナリティ:宮川博之、小林愛菜
ニセコラジオカフェ
  • 土曜12時00分 - 14時00分 生放送
    • 再放送 日曜12時00分 - 14時00分
  • パーソナリティ:宮川博之、小林愛菜
  • ニセコ駅前日帰り入浴施設「綺羅乃湯(局舎隣)」からの公開生放送
Saturday Open Studio
  • 土曜15時00分 - 17時00分 生放送
    • 再放送 日曜17時00分 - 19時00分
  • 町民DJによる番組
喜瀬ひろしの青春演歌
  • 土曜17時00分 - 18時00分[6]
  • STVラジオと三角山放送局の共同制作番組。2020年度から放送開始

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集