メインメニューを開く

らむれす

日本の北海道札幌市にあるコミュニティ放送局

株式会社らむれすは、北海道札幌市西区および中央区の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

株式会社らむれす
愛称 三角山放送局
コールサイン JOZZ1AK-FM
周波数/送信出力 76.2 MHz/15 W
本社・所在地
〒063-0841
北海道札幌市西区八軒1条西1-2-5
設立日 1993年11月16日
開局日 1998年4月1日
演奏所 所在地と同じ
送信所 北海道札幌市西区八軒1条西1丁目
ザ・サッポロタワー琴似 屋上
中継局 なし
放送区域 札幌市西区、中央区の各一部
ネット配信 ListenRadio
公式サイト www.sankakuyama.co.jp

三角山放送局(さんかくやまほうそうきょく)の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要編集

愛称の三角山放送局は西区周辺にそびえる三角山に由来している。呼出名称さっぽろにしエフエムほうそう

2005年(平成17年)4月1日からサイマルラジオに加盟している。また、2012年(平成24年)3月31日に開局したニセコ町のコミュニティ放送局ラジオニセコの運営にも参加している。

主な番組編集

出演者は、オーディションで選ばれた市民パーソナリティが中心であるが、取締役会長である木原くみこが、STVラジオで長らく社員ディレクターを務めていたこともあり、在札民放局を退職したアナウンサーや、札幌で活躍するタレント、大学教授、文化人が出演者に多いのも他のコミュニティ放送局では見られない特徴といえる。
また、北海道日本ハムファイターズ選手が、毎週レギュラー出演する、全道域民放テレビ・ラジオ局を含めて唯一の番組(ファイターズ金子誠の週刊マック)を始め、北海道コンサドーレ札幌ノルディーア北海道レバンガ北海道など、在札プロスポーツチームの選手がレギュラー出演する番組も放送している。
開局当初より、健常者だけではなく、障害者も、レギュラー出演者として起用。それに際して必要な放送機器も、北海道立工業試験場(現・北海道立総合研究機構 工業試験場)と開発を行い、局舎自体もバリアフリー化を実施。内閣府の「平成23年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」で、『内閣府特命担当大臣表彰 優良賞』を受賞 [1] している。

前述のラジオニセコ開局に合わせ、平日の番組編成を2012年4月に大幅刷新。午前7・8時台の日替わり音楽番組は、ラジオニセコでも放送されている。また、生放送を午前9時からに繰り下げ。J1昇格に伴い、コンサドーレ札幌のアウェーゲーム実況中継は、土曜午後に試合実施時間に合わせての放送へと変更された。引き続き、月~土曜日は、当日放送分の時差再放送を夜間~早朝にかけて実施している(月~金曜 20:00〜翌朝4:00、土曜 18:00〜翌2:00)。

月曜日 - 金曜日編集

  • DJ762(7:00-8:00/(再)17:00-18:00、8:00-9:00/(再)19:00-20:00)
1時間の音楽番組が日替わりで10番組並ぶ。2012年3月まで平日夕方帯に放送していた番組なども、当時間帯が初回放送時刻となる(週刊ジャズ日和、サーフィンラビットステーション<山下達郎私設ファンクラブ札幌ヒューマンズネットの番組>など)
ラジオニセコでも放送(当局7時台放送分=ラジオニセコ同日14時台、8時台=同日17時台)
  • トークinクローゼット(9:00-11:30)
2012年3月までの平日朝ワイド「三角山モーニング」、午前ワイド「おはよう!ママゾネス」を集約した、平日午前ワイド
鎌スタ☆マニア(火曜9:30-、協力 北海道日本ハムファイターズ)
ファイターズ金子誠の週刊マック(金曜10:45-11:00)
西区まちづくり最前線(火曜11:00-、提供:イオンモール札幌発寒
ピンクリボンinSAPPORO(木曜11:00-11:20)
  • エッセイタイム(月-木曜11:30-12:00)朗読グループ「四季の会」
  • 苗穂ラジオステーション(第1・3金曜日 11:30~12:00、協力 札幌刑務所)
  • Radio CONSADOLE(第2・4金曜日 11:30~12:00)
  • コンサドーレGO WEST(月曜12:00-13:00、協力 北海道コンサドーレ札幌)
  • 耳をすませば(木曜12:00-13:00)
  • 三角山タウンボイス アナタが主役(月曜-木曜13:00-15:00)
三角山シアター(演劇・映画)、あなたの西区、読書でラララ(久住邦晴:くすみ書房)、おはなしコロコロ
鎌ヶ谷へ行こう!(月1回最終木曜日)
月刊わっさむ(月1回最終火曜日の14:00-14:30)
  • いいこいいこ(火曜15:00-16:00)
  • ご近所Radio(水曜15:00-17:00)
Youth+ ラジオ部(水曜16:00-16:30)
  • モリマン・亜弓の数打ちゃ当たる OH MY ○○(ピー)GOD!(木曜16:00-17:00)→モリマン・スキンヘッドカメラの数打ちゃ当たる OH MY ○○(ピー)GOD!(木曜16:00-17:00)
  • フライデー・スピーカーズ(金曜15:00-17:00)
在札大学で教授を務める北郷裕美、遠藤乾(最終週)、当放送局局長の杉澤洋輝が週替わりでパーソナリティを務める時事番組。

土曜日編集

  • 三角山リレーエッセイ
以下、出演者は基本的に週替わりでの担当
時間 番組名
09:00 - 10:00 「さわやかサタデー」加藤さや香
「独立指南」遠藤美紀(月2回)
「風待ち、坂の途中」川南咲月
10:00 - 11:00 「アラメンテ音楽館」アラメンテ
「雑学の旅」佐藤栄一
「サヴァサヴァフレンチ」永野善広
「裏レコードアワー」杉澤洋輝
11:00 - 12:00 「花よりダンゴ」志羅山美香
「アロハ!メレフラ」田中まゆみ・武田美幸・村元優子
「小径の小石」山田泰三
「夢遊園地」庄田佳也乃
「かりんずタイム」飯塚優子
12:00 - 13:00 「健康楽話」岡野谷純
「裏レコードアワー」杉澤洋輝
「サイバー塾」山本強
「自然栽培マルシェからこんにちは!」
13:00 - 14:00 「DJ762 コレクションJ」高橋伸弘
「はい!枝木です」枝木順子
「DJ762 サーフィンラビットステーション」札幌ヒューマンズネット
「ALSのたわごと」米沢和也・佐藤美由紀
14:00 - 15:00 「音楽通信」小山孝
「のぶさんのこころつなぐラジオ」佐藤伸博
「ドイツ文学の森」筑和正格
「札チャレラジオ通信」札幌チャレンジド
15:00 - 16:00 「雑学サイエンスカフェ」青木直史
「音を頼りに、音便り」吉田重子
「花凪アワー~人と人とがつながって~」木村美和子
「サウンドシャッフル」P net's
16:00 - 17:00 「先生人語」丸山哲秀
17:00 - 18:00 復活北海道」大山慎介(FMびゅー製作)
  • コンサドーレ札幌 アウェーゲーム実況生中継
実施日は試合時刻に合わせて放送(三角山リレーエッセイは、該当時間分は休止。なお、サイマルラジオでは配信されず、中継放送を行っている間は配信そのものが休止となる。)。

日曜日編集

  • 基本的に自主制作放送なし。音楽放送。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集