メインメニューを開く

ラジオ西日本(ラジオにしにほん・西日本放送)とは、1951年福岡県久留米市に本社を置き、福岡県と佐賀県を対象地域としようとしていた開局予定で断念したラジオ放送局である。

概要編集

西日本新聞社久留米支局長だった中原繁登(後の九州朝日放送常務、1982年没)が発案した。昭和25(1950)年ごろ久留米ではラジオの受信状態が悪く、NHKに久留米中継局の設置を依頼するも実現不可能と言われた。その頃電波三法が成立し民間放送が認められたことから、自らの手で放送局を作るべく中原繁登が設立趣意書を作り、発起人の説得に回った。久留米で営業していたデパート旭屋の社長である中原隆三郎を発起人代表とし、久留米に工場を設けていた、日本ゴムブリヂストンタイヤ日華ゴムが発起人に加わり、昭和25年、久留米放送という名称で免許を申請。その後郵政省により放送局開設の基準が明らかにされ、昭和26年1月10日を期限に再申請を指示されたことから、1月10日に久留米放送を西日本放送に名称変更し再申請した。
昭和26(1951)年4月21日、予備免許交付(JOGR、1120KC、500W)。このとき日本初の民放予備免許(民間放送#沿革参照)を受けたのは、再申請した41件のうち16社で、九州ではラジオ九州(現・RKB毎日放送)と西日本放送の2社のみであった。また、当時1都道府県に2波が免許されたのは、東京(ラジオ東京(現・TBSラジオ)、日本文化放送(現・文化放送))、大阪(朝日放送(現・朝日放送ラジオ)、新日本放送(現・毎日放送))、福岡だけであった。
しかし、中原繁登が要請していた西日本新聞社からの支援が得られず、中原隆三郎が朝日新聞西部本社に対して協力を要請するも進展が得られなかったことから、昭和27年1月29日に予備免許を返上するに至った。[1]

局のデータ編集

その後編集

  • 構想段階の仮称は「久留米放送(ラジオ久留米)(略称 KBC)」であった。
  • 開局を一度断念したが、中原繁登が再度発起人となり、1953年に同名の会社を再度創立、その後、1954年九州朝日放送KBCラジオNRN系、福岡1413kHz、北九州720kHz、1959年にテレビ放送開始、テレビ朝日系、福岡1ch、北九州2ch)に社名を変更して開局。なお、日本ゴム、ブリヂストンタイヤ、日華ゴムは発起人に加わらなかった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 出典・九州朝日放送30年史

関連項目編集