メインメニューを開く

リトル・ダーリング』(Little Darlings)は1980年アメリカ映画

リトル・ダーリング
Little Darlings
監督 ロナルド・F・マックスウェル
脚本 キミ・ペック
製作 スティーヴン・J・フリードマン
出演者 テイタム・オニール
クリスティ・マクニコル
マット・ディロン
音楽 チャールズ・フォックス
撮影 ベーダ・バトカ
編集 ベンブローク・J・ヘリング
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1980年3月21日
日本の旗 1980年6月14日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $34,326,249[1]
テンプレートを表示

概要編集

ティーンエイジのサマーキャンプで、2人の少女が「どちらが先に処女喪失できるか?」を賭ける!というロストヴァージンをめぐるSEX話だが、あくまでもソフトに、青春/友情を爽やかに描く。主演は、当時ヤングスターとして人気のあったテイタム・オニールと、当時、日本ではほぼ無名であったクリスティ・マクニコル。日本におけるクリマコことクリスティ・マクニコルの出世作でもある。劇場公開版では、劇中でジョン・レノンの「オー・マイ・ラヴ」が非常に印象的、効果的に使用されているが、権利関係からか、ビデオ発売時に差し替えられている。

ストーリー編集

貧民街育ちの不良娘エンジェル・ブライトと大金持ち一家のお嬢様フェリス・ホイットニーが同じサマーキャンプに参加。バスに乗って即ケンカを始めるほど二人は相性が合わず、しかも宿泊先の部屋も同じになった。そんな中、同室のシンダーが処女を捨てたことを自慢した挙句二人を挑発し、彼女たちがそれに乗ったことから、彼女たちの処女捨て競争が始まった。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え(フジテレビ版)
フェリス・ホイットニー テイタム・オニール 柏原芳恵
エンジェル・ブライト クリスティ・マクニコル 冨永みーな
ゲイリー アーマンド・アサンテ 池田秀一
ランディ マット・ディロン 永久勲雄
ホイットニー氏 ニコラス・コスター 阪脩
ブライト夫人 マギー・ブライ 沢田敏子
シンダー クリスタ・エリクソン
ダナ アレクサ・ケニン
サンシャイン シンシア・ニクソン
チャビー アビー・ブルーストーン
その他日本語吹き替え声優:花咲きよみ松岡洋子潘恵子佐々木るん間嶋里美/横尾まり高田由美滝沢ロコ

参考文献編集

  1. ^ Little Darlings”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年9月14日閲覧。

外部リンク編集