ルナロッサ・ヨッピー

ルナロッサ・ヨッピー英語: Lunarossa Y'ppi)は、日本のエイ革職人である淡路谷 佳幸(Lunarossa Y'ppi、1989年1月23日 -)が創始したエイブランド淡路谷 佳幸にしか出来ないエイ革の特殊縫製技術を持ち財布バッグや小物等の革製品の製作販売を行っている[1][2]百貨店における催事オンラインショップを中心に販売を行う。

ルナロッサ・ヨッピー
Lunarossa Y'ppi
ブランドロゴ.png
種類 株式会社 淡路谷工匠
本社所在地 日本の旗 日本
552-0012
大阪府大阪市港区市岡2-7-17
設立 2010年12月7日
業種 革細工
事業内容 高級エイ革製品のデザイン製作販売
代表者 淡路谷 佳幸
外部リンク Lunarossa Y'ppi 公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

ルナロッサ・ヨッピー は、2010年に創立。2022年に本社を大阪市港区に持つ株式会社淡路谷工匠として法人化された。

工房は大阪市港区にあり、営業所は神奈川県川崎市武蔵小杉にある。

ヨッピーとは職人であり創設者、淡路谷佳幸の幼少の頃の愛称から付けられた。

 
淡路谷 佳幸

全ての工程を熟練の職人による「手縫製」(特許出願中)にこだわっている。

歴史編集

職人兼代表である淡路谷佳幸は、8歳から師匠につき疑似餌製作を始める。18歳で縫製を独学で学ぶ。19歳、創作活動中に剣道のサメ胴からエイ革の魅力に惹かれ、独自の研究と技術開発を行う。

2010年 - 21歳で 『Lunarossa Y’ ppi』(ルナロッサ・ヨッピー)を設立。

2014年 - 近鉄あべのハルカス、グランドオープンにともない百貨店初出展。

2015年 - 阪急うめだ本店の時計店にて常設開始。

2016年 - 日本橋髙島屋、玉川高島屋、大阪高島屋出展。福井洋傘「ガルーシャ・アンブレラストラップ」製作。

 
日本橋高島屋

2017年 - 新宿高島屋、川西阪急出展。

2018年 - 伊勢丹新宿本店メンズ館でエイ革にマーブリングを施した「ブルーオーロラ」が発表された。

     水戸京成百貨店で藍染のエイ革と内装には富嶽三十六景を手刷りした作品「富嶽三十六景」が発表。高崎高島屋出展。

 
発表作品

2019年 - 大丸東京店、港南台高島屋出展。月9ドラマ「シャーロック」に革ファイルを美術提供。

2020年 - エイ革の縫製技術について、特許を出願(特願2020-7777)。

2022年 - 株式会社淡路谷工匠として法人化。

主な商品編集

・ファスナー長財布《ルーナ》

 
ファスナー長財布《ルーナ》

・長財布《アウロラ》

 
長財布《アウロラ》

・薄長財布《ヘルメース》

・リングケース《エムニ》

・パルファムチャーム《パラス》

・名刺ケース《コンコルディア》《ヴィアッジョ》

・革ファイル《ポルトラノ》

・ベルト《メリュジーヌ》

・スマホケース《ミネルヴァ》

・時計ベルト《オルフェウス》

・ボールペン《デメテル》

 
ベルト《メリュジーヌ》


出典編集

  1. ^ 玉川タカシマヤブログ「《NIPPONものがたり》 ルナロッサ・ヨッピー@1階婦人洋品売場」(2017/4/1) 2018/1/19閲覧。
  2. ^ 日本橋タカシマヤブログ「《ファッション雑貨百華事典》ルナロッサ・ヨッピー@1階婦人洋品売場」(2019/10/16)2020/4/15閲覧。

外部リンク編集