富嶽三十六景

葛飾北斎による版画のシリーズ

富嶽三十六景』(ふがくさんじゅうろっけい)は、葛飾北斎による富士図版画集である。1831-34年(天保2-5年)版行。全46図。大判[注釈 1]錦絵版元西村屋与八(永寿堂)

『富嶽三十六景 神奈川沖浪裏

概要編集

「三十六景」なのに、なぜ46図なのかは、柳亭種彦『正本製(しょうほんじたて)』(1831年(天保2年)、永寿堂。)の巻末広告に「富岳三十六景/前北斎為一翁画/藍摺一枚/一枚ニ一景ツゝ/追々出版(略)此のごとく追々彫刻すれば猶百にもあまるべし/三十六に限るにあらず」[2]とあり、売り上げが良かったので、10図追加された、逆に言えば、不評だったら36図に至らなかったわけである[注釈 2]

『正本製』から、版行時期は、1831年(天保2年)から、『富嶽百景』の版行が始まる1834年(同5年)頃と思われる[4]

「ベロ藍」こと輸入化学染料プルシアン・ブルーを用いている点が特徴である。ベロ藍単色摺り及びベロ藍を主体とした作品も10図ある(下の== 作品一覧 ==は、後世の彫摺本なので、このリストとは一致しない)。

  • 甲州石班澤
  • 信州諏訪湖
  • 相州七里浜
  • 常州牛堀
  • 甲州三嶌越
  • 駿州江尻
  • 相州梅沢左
  • 遠江山中
  • 武陽佃嶌
  • 東都浅艸本願寺[5]


「裏富士」と呼ばれる追加10図は、主版[注釈 3]が墨摺りなのに対し、それ以外の36図は在来のを主版に用いている[7]

個々の作品は、落款の違いによって、「北斎改為一筆」・「前北斎為一笔」・「前北斎為一筆」・「前北斎為一筆」(「為」が草書で主版が藍摺)・「前北斎為一筆」(「為」が草書で主版が墨摺)の5グループに分けられる。この内最後の、主版が墨摺の「前北斎為一筆」10図(裏富士)が一番新しいのは明らかなので、「前北斎為一筆」でない「北斎改為一筆」が一番早いものと推測できる。残り3タイプの内、唯一の「笔」が藍摺りものなので、『正本製』に「藍摺」と言及されていることを考慮すると、「北斎改為一筆」に次ぐと推測できる。残り2タイプの内、最後と決まっている、主版墨摺「前北斎為一筆」と同様に、草書体「為」と同じ方が新しいと推測すると、

  1. 「北斎改為一筆」
  2. 「前北斎為一笔」
  3. 「前北斎為一筆」(「為」がやや縦長)
  4. 「前北斎為一筆」(「為」が正方形に近い、主版が藍摺)
  5. 「前北斎為一筆」(「為」が正方形に近い、主版が墨摺)

の順になり、

それぞれの該当作品を挙げると、

  1. 全10図:「神奈川沖浪裏」・「凱風快晴」・「山下白雨」・「深川万年橋下」・「尾州不二見原」・「甲州犬眼峠」・「武州千住」・「青山円座松」・「東都駿台」・「武州玉川」
  2. 全10図:「甲州石班澤」・「信州諏訪湖」・「相州七里浜」・「常州牛堀」・「甲州三嶌越」・「駿州江尻」・「相州梅沢左」・「遠江山中」・「武陽佃嶌」・「東都浅艸本願寺」
  3. 全5図:「下目黒」・「上総ノ海路」・「登戸浦」・「東海道吉田」・「礫川雪ノ且(こいしかわゆきのあした)」
  4. 全11図:「御厩河岸より両国橋夕陽見」・「東海道江尻田子の浦略図」・「相州江の嶌」・「江戸日本橋」・「江都駿河町三井見世略図」・「相州箱根用水」・「甲州三坂水面」・「隠田の水車」・「東海道程ヶ谷」・「隅田川関屋の里」・「五百らかん寺さゞゐどう」
  5. 全10図:「身延川裏不二」・「従千住花街眺望ノ不二」・「駿州片倉茶園ノ不二」・「東海道品川御殿山ノ不二」・「甲州伊沢暁」・「本所立川」・「東海道金谷ノ不二」・「相州仲原」・「駿州大野新田」・「諸人登山」

になる[8]

 
『百富士』第一冊「橋下」

富嶽三十六景の好評によって、名所絵役者絵美人画と並ぶジャンルとして確立された[9][10]。また同時期に版行された歌川広重東海道五十三次保永堂版)』とは、互いに刺激しあうこととなった[11]

影響編集

 
『百富士』第四冊「牛堀常洲」

河村岷雪の『百富士』(1767年(明和4年)、全4冊。)から、構図や全体構成の影響を受けたことが指摘されている[12]。前者では、『百富士 橋下』の構図が「深川万年橋下」を描かせたのだと。また「常州牛堀」のように、名所でもなく、北斎が訪れた記録がない場所[13]を描いたのは、『百富士 牛堀常洲』に倣ったからだろうとされる[14]。後者では、『百富士』の副題が、第2冊「裏不二」、第三冊「東海道」など、『三十六景』の画題に通じる点がある[15]

 
ヴュイヤール「テュイルリー公園」。1895年。リトグラフ。「五百らかん寺さゞゐどう」からの援用が窺える[16]

19世紀後半のヨーロッパにてジャポニスムと呼ばれる潮流を起こし、ヴュイヤールなどに影響を与えたとされる[16]アンリ・リヴィエールは本作に触発され『エッフェル塔三十六景』を描いた[17]。なお、1905年に出版された「海 (ドビュッシー)」のスコアの表紙に「神奈川沖浪裏」が使用されたが、曲の着想を「浪裏」から得たとするのは[注釈 4]、根拠のない俗説である[注釈 5]

2010年10月31日、北斎生誕250年を記念して、Google日本版のホームページのロゴが「神奈川沖浪裏」バージョンとなった[注釈 6]。2020年2月4日以降の新パスポート査証ページには「富嶽三十六景」があしらわれている[注釈 7][注釈 8]。また、2024年度に発行予定の新千円紙幣裏面に、神奈川沖浪裏が印刷される[注釈 9]

作品一覧編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 約39cm×約26.5cm。大奉書紙を縦二つ断ちしたもの。この時期の浮世絵は大判が標準サイズになる[1]
  2. ^ 百人一首うばがゑとき』の場合、正式に摺られたのは27図のみで、あとは「版下」もしくは「校合摺り」(きょうごうずり。版下から輪郭線のみの墨版を摺ったもの[3]で終わった。
  3. ^ おもはん。最初に摺る輪郭線のこと[6]
  4. ^ 浮世絵等の活用に向けた基本方針 平成30(2018)年6月”. 川崎市. 2018年7月7日閲覧。
  5. ^ レファレンス事例詳細(国立音楽大学付属図書館)”. 国立国会図書館. 2018年7月7日閲覧。
  6. ^ Google Doodle「神奈川沖浪裏」”. 2020年6月22日閲覧。
  7. ^ 新型パスポートは「富嶽三十六景」 芸術作品の採用は初” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年6月3日閲覧。
  8. ^ 2020年旅券” (日本語). 外務省. 2020年6月3日閲覧。
  9. ^ 新紙幣を正式に発表 一万円札の裏は東京駅”. 産経新聞. 2019年4月9日閲覧。

出典編集

  1. ^ 藤澤 2008, p. 97.
  2. ^ 狩野 1994, p. 73.
  3. ^ 国際浮世絵学会 2008, p. 173安達以乍牟「校合摺」
  4. ^ 日野原 2019, pp. 210-211.
  5. ^ スミス 1998, p. 25.
  6. ^ 国際浮世絵学会 2008, p. 110安達以乍牟「主版」
  7. ^ 日野原 2019, pp. 216-217.
  8. ^ 日野原 2019, pp. 211-214.
  9. ^ 大久保 2007, p. 154.
  10. ^ 山梨県立博物館 2007.
  11. ^ 小林・大久保 1994, pp. 77-79大久保「風景版画の大成と主題」
  12. ^ 磯 1961, pp. 67-84.
  13. ^ 永田 2009, pp. 4-14.
  14. ^ 磯 1961, p. 74.
  15. ^ 磯 1961, pp. 72-73.
  16. ^ a b 馬渕 2017.
  17. ^ 国際浮世絵学会 2008, p. 514及川茂「リビエール、アンリ」


参考文献編集

  • 河村岷雪『百富士』京都・西村市郎右衛門ほか書林、1771年。全四冊。
  • 磯博「河村岷雪の『百富士』と北斎の富嶽図」『美学論究』第1号、関西学院大学文学部美学研究室、1961年、 67-84頁。
  • 鈴木重三「冨嶽三十六景私見」『葛飾北斎筆冨嶽三十六景』集英社、1965年。
    • 鈴木重三「冨嶽三十六景私見」『改訂増補絵本と浮世絵』ぺりかん社、2017年10月30日、444-452頁。ISBN 978-4-8315-1485-1
  • 小林忠大久保純一編『浮世絵の鑑賞基礎知識』至文堂、1994年5月20日。ISBN 978-4-7843-0150-8
  • 狩野博幸『絵は語る14 葛飾北斎筆 凱風快晴 赤富士のフォークロア』平凡社、1994年8月。ISBN 4-58-229524-X
  • スミス, ヘンリー「浮世絵における「ブルー革命」」『浮世絵芸術』第128号、国際浮世絵学会、1998年7月20日、 3-26頁。
  • 永田生慈「北斎旅行考」『研究紀要』第2号、財団法人北斎館 北斎研究所、2009年、 4-14頁。
  • 大久保純一「北斎の「冨嶽」と広重の「富士」」『北斎と広重 ふたりの冨嶽三十六景』山梨県立博物館編、2007年10月13日。
  • 国際浮世絵学会編『浮世絵大事典』東京堂出版、2008年6月30日。ISBN 978-4-4901-0720-3
  • 藤澤, 紫『遊べる浮世絵 体験版・江戸文化入門』東京書籍、2008年9月10日。ISBN 4-48-780262-8
  • 馬渕明子監修『北斎とジャポニスム』読売新聞東京本社・国立西洋美術館、2017年10月21日。
  • 日野原健司『北斎 富嶽三十六景』岩波書店岩波文庫〉、2019年1月16日。ISBN 978-4-00-335811-5

関連項目編集

外部リンク編集