メインメニューを開く

ルノワール 陽だまりの裸婦』(ルノワールひだまりのらふ、Renoir)は、第一次世界大戦期にカーニュ=シュル=メールで晩年を過ごしたオーギュスト・ルノワールを描いた2012年フランス伝記ドラマ映画英語版である[2]。監督はジル・ブルドス英語版が務め、第65回カンヌ国際映画祭ある視点で上映された[3][4]。また第86回アカデミー賞外国語映画賞にはフランス代表作品に選出された[5][6]

ルノワール 陽だまりの裸婦
Renoir
監督 ジル・ブルドス英語版
脚本 ジェローム・トネール
ジル・ブルドス
原作 ジャック・ルノワール
製作 オリヴィエ・デルボスク
マルク・ミソニエ
製作総指揮 クリスティーヌ・ド・ジェケル
出演者 ミシェル・ブーケ
クリスタ・テレ
ヴァンサン・ロティエ英語版
トマ・ドレ英語版
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 マーク・リー・ピンビン
編集 ヤニック・ケルゴー英語版
製作会社 Fidelite Films
Wild Bunch
Mars Distribution
配給 フランスの旗 Mars Distribution
日本の旗 クロックワークス / コムストック・グループ
公開 フランスの旗 2012年5月25日CIFF
フランスの旗 2013年1月2日
日本の旗 2013年10月4日
上映時間 111分[1]
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

 
「浴女たち(ニンフ)」1918年-1919年

ルノワールの最晩年の傑作「浴女たち」の誕生秘話を、彼のひ孫が執筆した伝記をもとに描いている[7]

1915年のコート・ダジュール印象派の巨匠オーギュスト・ルノワールは、加齢と病により絵筆を持つことすら困難となっていたばかりか、愛する妻に先立たれ、また次男ジャン戦争で怪我をしたとの報を受けるなど、失意の中にあった。そんなある日、亡くなったはずのルノワール夫人からの依頼で絵のモデルとしてやって来たと言う若く美しい女性アンドレ(デデ)が現れる。彼女の輝くような若さと美しさに創作意欲をかき立てられたルノワールは、彼女をモデルに絵を描き始める。しばらくして次男ジャンが怪我の療養のために帰郷すると、ジャンもまたデデの美しさに惹かれる。父親の仕事を手伝ううちにジャンとデデは愛し合うようになる。映画に興味を持ち始めていたジャンに、女優志望のデデは一緒に映画を撮ろうと持ちかける。高名な父親の庇護の下、これと言った目標もなく生きて来たジャンは思い悩む。しかし、戦友を戦地に残して来た後ろめたさもあり、ジャンは改めて空軍に志願し、戦地に赴くことを決める。ジャンに裏切られた想いのデデはモデルとしての仕事を放棄する。父親にはデデが必要と考えたジャンは、彼女を説得してモデルとして呼び戻すと、家族とデデを残して戦地に向かう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

参考文献編集

  1. ^ Renoir: Film Review”. Hollywood Reporter. 2013年3月26日閲覧。
  2. ^ Film review: Renoir”. The Upcoming. 2013年3月26日閲覧。
  3. ^ 2012 Official Selection”. Cannes. 2012年5月20日閲覧。
  4. ^ Cannes 2012: seven films join the lineup”. The Guardian. 2012年5月20日閲覧。
  5. ^ Renoir représentera la France aux Oscars 2014”. L'Express. 2013年9月16日閲覧。
  6. ^ Oscars: France Nominates 'Renoir' in Foreign Language Category”. Hollywood Reporter. 2013年9月16日閲覧。
  7. ^ ルノワール 陽だまりの裸婦”. WOWOW. 2014年11月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集