李 屏賓(リー・ピンビン、マーク・リー、Mark Lee Ping-Bin, 1954年 - )は、台湾撮影監督ホウ・シャオシェンウォン・カーウァイユエン・ウーピンなどの映画を支えるカメラマンとして知られる。

李 屏賓
Mark Lee Ping Bing.jpg
プロフィール
出生: 1954年
出身地: 台湾
職業: 撮影監督
各種表記
繁体字 李 屏賓
簡体字 李 屏宾
拼音 Lĭ Pīgbīn
和名表記: り へいひん
発音転記: リー ピンビン
テンプレートを表示

略歴編集

1977年に中央電影公司に入社。

1985年、『童年往事 時の流れ』で初めてホウ・シャオシェン監督と組み、以後、ホウ・シャオシェン作品の常連となっている。近年は『春の雪』や『空気人形』など、日本映画においても撮影を手掛けている。

2016年、『Crosscurrent』にて第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞 芸術貢献賞を受賞[1]

主な作品編集

参考編集

脚注編集

  1. ^ ベルリン国際映画祭、難民問題捉えたジャンフランコ・ロージ監督作が金熊賞に”. 映画ナタリー (2016年2月21日). 2016年2月22日閲覧。
  2. ^ 銀幕閑話 第318回 リー・ピンビンの風に吹かれて

外部リンク編集