メインメニューを開く
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はバルガス第二姓(母方の)はロルダンです。

レイ・バルガスRey Geovani Vargas Roldán、男性、1990年11月25日 - )は、メキシコのボクサー。メヒコ州オトゥンバ出身[3]。現WBC世界スーパーバンタム級王者。トレーナーはイグナシオ・ベリスタインオスカー・デ・ラ・ホーヤゴールデンボーイ・プロモーションズ所属。

レイ・バルガス
基本情報
本名 レイ・ジョバンニ・バルガス・ロルダン[1]
階級 スーパーバンタム級
身長 179cm[2]
リーチ 179cm
国籍 メキシコの旗 メキシコ
誕生日 (1990-11-25) 1990年11月25日(28歳)[3]
出身地 メヒコ州オトゥンバ[3][4]
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 34
KO勝ち 22
敗け 0
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1990年11月25日、メキシコシティで生まれた[3]。4人兄弟で唯一の男の子である[4]。両親とともにメヒコ州オトゥンバに移り住み、10歳の頃から父親で元プロボクサーのカルロスにボクシングの手ほどきを受け、学校に通い、仕事をする傍らで練習を続けた[3]

アマチュア時代編集

2005年には国内外の大会でメダルを獲得[4]。この頃からナショナルチームの一員として数年間、CDOM(Centro Deportivo Olímpico Mexicano、メキシコオリンピックスポーツセンター)でトレーニングを積んだ[3]北京オリンピック出場を目指したが、国内予選で敗退。年齢もオリンピック参加資格の基準に達していなかった[3]。2007年12月、メキシコ開催のグアンテス・デ・オロでは、バンタム級決勝戦で亀田和毅にポイント勝ちを収め、優勝している[5]。2009年には米大陸選手権で同級金メダルを獲得[6]同年の世界選手権では、後にロンドンオリンピックで同級金メダリストとなるルーク・キャンベルに4–13のポイント負けを喫した[7][8]。アマチュア戦績は124勝7敗[9]

プロ転向後編集

エクトル・ガルシア率いるHGボクシング​​プロモーションと契約し、2010年4月10日にプロデビュー[4]。2012年2月25日、グアダラハラで7勝4敗の相手を77秒で倒し、空位のIBF世界スーパーバンタム級ユース王座を獲得[10]

2013年4月27日、メキシコシティのアレナ・メヒコで開催されたメキシコと日本の対抗戦で、高野誠三(真正)とWBC世界スーパーバンタム級ユースシルバー王座決定戦を行い、3回2分22秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[11]

2013年8月24日、カリフォルニア州カーソン スタブハブ・センター・テニスコートで行われたアブネル・マレスジョニー・ゴンサレス戦のアンダーカードで米国デビュー[12]ファニト・ルビリアル(フィリピン)に4回KO勝ちを収めた[13]

2013年10月26日、トルーカでIBF世界スーパーバンタム級7位・WBC世界スーパーバンタム級12位として、日本バンタム級10位の村井勇希(グリーンツダ)とWBC世界スーパーバンタム級ユース王座決定戦を行い、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[14]。長いラウンドを戦ったのはこれが初めてだった[15]

2013年5月現在、リングテルメックスの奨学金制度を利用しており[1]、この年6月にはオトゥンバにジムを開設している[16]。また同年現在、トレーナーはイグナシオ・ベリスタイン[3]、プエブロ・プロモーションズと契約[7]

2016年9月3日、メキシコシティ郊外サラゴサのデポルティボ・サラゴサにて、元WBA世界スーパーフライ級王者のアレクサンデル・ムニョスとWBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座決定戦を行い、5回2分22秒TKO勝ちを収め王座を獲得した[17]

2016年12月20日、WBC世界スーパーバンタム級1位にランクインした[18]

2017年2月25日、キングストン・アポン・ハルハル・アリーナでWBC世界スーパーバンタム級2位のギャビン・マクドネルとWBC世界スーパーバンタム級王座決定戦を行い、12回2-0(117-111、116-112、114-114)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[19][20]。3月12日、WBCの2017年3月度の月間優秀選手賞に選出された[21][22]

2017年6月、ゴールデンボーイ・プロモーションズと契約した[23]

2017年8月26日、カリフォルニア州カーソンのスタブハブ・センター・テニスコートにてミゲール・コットVS亀海喜寛の前座でWBC世界スーパーバンタム級3位のロニー・リオスと対戦し、12回3-0(118-110×2、115-113)の判定勝ちを収め、初防衛に成功した[24][25]

2017年12月2日、マディソン・スクエア・ガーデンでWBC世界スーパーバンタム級10位でNABF北米バンタム級王者のオスカル・ネグレテと対戦し、12回3-0(119-108×2、120-108)の判定勝ちを収め、2度目の防衛に成功した[26][27]。12月11日、WBCの2017年12月度の月間MVPに選出された[28][29]

2018年5月12日、ニューヨーク州ヴェローナターニング・ストーン・リゾート&カジノ内ターニング・ストーン・イベント・センターにてWBC世界スーパーバンタム級8位でWBCアメリカ大陸王者のアザト・ホフハニスヤンと対戦し、12回3-0(116-112、117-111、118-110)の判定勝ちを収め、3度目の防衛に成功した[30][31]

2019年2月9日、カリフォルニア州インディオファンタジー・スプリングス・リゾート・カジノにてアルベルト・マチャドVSアンドリュー・カンシオの前座でWBC世界スーパーバンタム級3位のフランクリン・マンサニージャと対戦し、12回3-0(117-108×3)の判定勝ちを収め、4度目の防衛に成功した[32]。この試合でバルガスは7万5千ドル(約810万円)、マンサニージャは2万ドル(約210万円)のファイトマネーを稼いだ[33]

2019年7月13日、カリフォルニア州カーソンのディニティヘルス・スポーツパークでWBC世界スーパーバンタム級暫定王者の亀田和毅と団体内王座統一戦を行い、12回3-0(117-110×3)で判定勝ちを収め団体内王座統一に成功すると共に、5度目の防衛に成功した[34]

獲得タイトル編集

  • IBF世界スーパーバンタム級ユース王座
  • WBCインターナショナルスーパーバンタム級ユース王座
  • WBC世界スーパーバンタム級ユースシルバー王座
  • WBCインターナショナルスーパーバンタム級シルバー王座
  • WBC世界スーパーバンタム級王座(防衛5)

脚注編集

  1. ^ a b REY VARGAS, EL REGRESO BoxNoticias.net(スペイン語) 2013年5月29日
  2. ^ boxrec.com
  3. ^ a b c d e f g h Hall of Fame trainer Nacho Beristain is high on the future prospects of Rey Vargas Fightnews.com(英語) 2013年8月22日
  4. ^ a b c d Rey Vargas camino a la gloria NotiFight.com(スペイン語) 2012年1月30日
  5. ^ Rey Vargas quiere ir a Beijing ESTO 2008年1月9日
  6. ^ 米大陸選手権 キューバが金5つ せりしゅんや的アマボク通信 2009年7月29日
  7. ^ a b Viva Mexico: The Next Generation Max Boxing(英語) 2013年6月19日
  8. ^ Luke Campbell defeats Rey Vargas in Mexico デイリー・ミラー(英語) 2009年9月3日
  9. ^ Vargas, la nueva joya de Nacho ESPNDeportes.com(スペイン語) 2013年4月26日
  10. ^ Montes defeats Ibarra Fightnews.com 2012年2月26日
  11. ^ 日本1勝3敗も東郷初回TKO勝ちの殊勲 ボクシングニュース「Box-on!」 2013年4月28日
  12. ^ Royal Rey in Carson WBC公式サイト(英語) 2013年8月26日
  13. ^ Undercard report: Orozco, Breazeale win by KOs RingTV.com(英語) 2013年8月25日
  14. ^ 村井、メキシコで無敗のバルガスに判定負け Boxing News(ボクシングニュース) 2013年10月27日
  15. ^ RING Ratings Update: Murat falls in light heavyweight rankings RingTV.com(英語) 2013年10月29日
  16. ^ Rey Vargas inaugura gimnasio en Otumba NotiFight.com(スペイン語) 2013年6月24日
  17. ^ バルガスが圧勝、ルイスと長谷川の勝者に名乗り Boxing News(ボクシングニュース) 2016年9月4日
  18. ^ RATINGS WBC公式サイト 2016年12月20日
  19. ^ Vargas beats McDonnell for WBC 122 belt Fightnews.com 2017年2月25日
  20. ^ バルガスが新王者に、WBC・S・バンタム級 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年2月26日
  21. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年3月12日
  22. ^ 京口紘人、久我勇作らWBCランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月13日
  23. ^ Rey Vargas to defend title against Ronny Rios on Aug. 26 ESPN.com 2017年6月29日
  24. ^ Vargas retains WBC super bantamweight title Fightnews.com 2017年8月26日
  25. ^ バルガスがWBC・SB級V1、ジャックは2階級制覇 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月27日
  26. ^ Vargas retains WBC super bantam title Fightnews.com 2017年12月2日
  27. ^ アコスタが田中恒成の後継王者に、バルガスはV2 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月3日
  28. ^ RATINGS WBC公式サイト 2017年12月11日
  29. ^ 田中恒成がWBCフライ級4位に、サリド引退表明 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月12日
  30. ^ Vargas still unbeaten, retains WBC 130lb title Fightnews.com 2018年5月12日
  31. ^ ムンギアがアリを粉砕 4度倒してWBO・SW級新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年5月13日
  32. ^ 亀田和毅の標的バルガス ダウン挽回の判定V4”. Boxing News(ボクシングニュース). 2019年2月11日閲覧。
  33. ^ Purses per the California State Athletic Commission for the Golden Boy card on DAZN on Saturday night at the Fantasy Springs Resort Casino in Indio”. ESPN.com (2019年2月8日). 2019年7月27日閲覧。
  34. ^ 亀田和毅はバルガスに判定負け 正規王座獲得ならず Boxing News(ボクシングニュース)2019年7月14日

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
長谷川穂積
WBC世界スーパーバンタム級王者

2017年2月25日 - 現在

次王者
N/A