メインメニューを開く

レオ1世(Leo I., 400年 - 474年1月18日)は、東ローマ帝国レオ朝皇帝(在位:457年 - 474年)。「トラキア人のレオ」と呼ばれた。レオ大帝とも呼ばれる[1][2]

レオ1世
Λέων Α' ὁ Θρᾷξ / Leo I
東ローマ皇帝
Leo I Louvre Ma1012 n2.jpg
レオ1世の胸像
在位 457年 - 474年

出生 400年
トラキア
死去 474年1月18日
配偶者 ウェリーナ
子女 アリアドネゼノンと結婚)
レオンティア
王朝 レオ朝
テンプレートを表示

目次

生涯編集

トラキア生まれでトラキア人[3]の帝国軍人であったが、東ローマ皇帝マルキアヌスが没した後、帝国のゲルマン人軍事長官であったアスパルによって皇帝として擁立された。このような即位の経緯から、治世前期のレオ1世はアスパルとその息子アルダブリウス英語版の傀儡にすぎなかった。しかし471年、イサウリア族ドイツ語版ハンガリー語版オランダ語版の族長タラシコデッサ(後の皇帝ゼノン)の力を借りてアスパル父子を打倒し、皇帝としての地位を確固たるものとした。

レオ1世はローマ帝国の共同統治者として西ローマ帝国での主導権をも望み、467年にはアンテミウスを、474年にはユリウス・ネポスを西ローマ皇帝と宣言して西ローマ帝国へ送り込み、自らが任命したアンテミウスとユリウス・ネポス以外の西ローマ皇帝を正式な皇帝とは認めなかった[1]。こうした介入の結果、西ローマ帝国は東ローマ皇帝の介入から決別するべく、レオ1世の死の2年後の476年に西ローマ皇帝の地位の廃止を宣言した。

対外的には、ヴァンダル族を討伐するため468年に義弟バシリスクスを指揮官として西ローマ帝国との合同で大規模な艦隊を派遣したが、船団の半数を失う大敗を喫している。この敗戦以降、東ローマ帝国の海岸はヴァンダル族の襲撃に悩まされることになり、レオ1世はヴァンダル族と講話するために多額の賠償金を支払うこととなった。

474年1月18日、73歳で死亡した。

レオ1世は、皇帝就任に際してコンスタンティノープル総主教によって戴冠された初めてのローマ皇帝であると考えられている[1][2][4][5][6]。これ以降、総主教による戴冠は東ローマ帝国における皇帝就任の伝統となり、皇帝権は総主教によって正当化されるものとの認識が生まれ、総主教の権威拡大と政治介入という通弊を招くことになった[1][4][7]。この聖職者による皇帝戴冠という東ローマ帝国の風習は次第に古代ローマの伝統を押しのけ中世的ローマ皇帝観の本質的部分となり[7]、後にはカール大帝オットー1世の戴冠を経てローマ帝国の西方領土にも浸透することになった。

また、彼は法律をラテン語ではなくギリシャ語で制定した最初のローマ皇帝ともされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 松原2010、[レオー(ン)1世]。
  2. ^ a b エドワード・ギボンローマ帝国衰亡史』5巻、岩波書店、村山勇三(訳)、1954年、p.263。
  3. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
  4. ^ a b 尚樹1999、p.51。
  5. ^ オストロゴルスキー2001、p.84。
  6. ^ レオ1世に先だってマルキアヌスが先例であったとする説もある。(オストロゴルスキー2001、p.119)
  7. ^ a b オストロゴルスキー2001、p.85。

参考文献編集

  • ゲオルグ・オストロゴルスキー『ビザンツ帝国史』和田廣訳、恒文社、2001年。ISBN 4770410344
  • 尚樹啓太郎『ビザンツ帝国史』東海大学出版会、1999年。ISBN 4486014316
  • 松原國師『西洋古典学事典』京都大学学術出版会、2010年。ISBN 9784876989256

関連項目編集