メインメニューを開く

フラウィウス・アルダブル(アルダブリウス)・アスパルラテン語: Flavius Ardabur(Ardaburius)Aspar400年 - 471年)は、5世紀ゲルマン人東ローマ帝国の貴族、政治家および軍人。434年執政官。420年代から471年まで、およそ半世紀にわたって東ローマ帝国の歴史で重要な役割を演じた。

生涯編集

テオドシウス2世の時代編集

フラウィウス・アルダブル(アルダブリウス)・アスパルは、東ローマ皇帝テオドシウス2世に仕えたアラン人の将軍アルダブリウス英語版の子として生まれた。

425年、アスパル親子はテオドシウス2世より西ローマ皇帝ヨハンネス英語版の討伐を命じられ、アスパルは騎兵長官として、父アルダブリウスは歩兵長官としてイタリアへ侵入し、同年7月までに皇帝ヨハンネスや西ローマ帝国の高官らを殺害した[1]。まもなくヨハンネス側の将軍アエティウスが援軍を引き連れてイタリアへ駆けつけてきたが、アスパルはアエティウスと対峙した後、彼をガリアマギステル・ミリトゥムに任命する条件でアエティウスと和睦した。

431年から434年にかけて、アスパルはヴァンダル族の侵入からカルタゴを防衛した[2]

当時アスパルは東ローマ帝国において最も力を持った人物の一人であった[3]。父アルダブリウスは427年[1]、アスパルは434年に、そしてアスパルの子アルダブリウス英語版(祖父と同名)は447年に、それぞれテオドシウス2世より執政官に任命されている。

マルキアヌスの時代編集

450年、テオドシウス2世が死去した後、アスパルは彼の忠実な部下であったマルキアヌスをテオドシウス2世の姉アエリア・プルケリア英語版と結婚させ、マルキアヌスを皇帝として宣言した[4]。しかしマルキアヌスは西ローマ皇帝ウァレンティニアヌス3世に相談することなく皇帝として宣言されたため、452年頃まで正式な皇帝としては承認されなかった。

こうした即位の経緯からマルキアヌスはアスパルの傀儡であり、マルキアヌスが即位して最初に行ったこともアスパルの子アルダブリウスをオリエンス道マギステル・ミリトゥムに任命することであった[4]。アスパルはマルキアヌスが没する457年まで、マルキアヌスの実質的な共同統治者として東ローマ帝国を支配した。

レオ1世の時代編集

457年1月27日マルキアヌスが死亡すると、コンスタンティノポリス元老院はアスパルを皇帝として指名したが、アスパルは辞退し[5]、代わりに彼は自分の部隊からベス族の兵士の一人(レオ1世)を選んで即位させた[5]。レオ1世は皇帝就任に際してローマ皇帝として初めてコンスタンティノープル総主教によって戴冠されたが[6][7][8][9][注 1]、そこには先に擁立したマルキアヌスが正当な皇帝として承認されなかった反省からレオの即位を神の意志による選択として正当化しようとするアスパルの思惑があったものと考えられる[8]

当初はレオ1世もマルキアヌスと同様にアスパルの傀儡にすぎなかったが[11][12]460年代になるとレオ1世は、大勢のイサウリア人ドイツ語版ハンガリー語版オランダ語版を雇い入れてエクスクビトル英語版とよばれる彼直属の親衛隊を構成し、アスパルの傀儡であることから脱出しようと試み始めた[13]466年、レオ1世に雇われたイサウリア族長タラシコデッサ(後の皇帝ゼノン)がアスパルの長男アルダブリウスをサーサーン朝との内通の嫌疑で告発すると[12]、レオ1世はアスパルとアルダブリウスの無実を主張する声を退け[12]、アルダブリウスをオリエンス道のマギステル・ミリトゥムから罷免した[12]。タラシコデッサはレオ1世の娘アエリア・アリアドネ英語版と結婚し、ギリシア語でゼノンと名乗ることが許された[14]

しかし468年、レオ1世はアスパルの反対を押し切って義弟バシリスクスを指揮官とするヴァンダル族討伐の大規模な艦隊をアフリカへ派遣するも、船団の半数を失う大敗を喫してしまう[15]。さらにはゼノンも469年トラキアで反乱に遭い、命からがら逃亡する醜態をさらすことになった[15]。こうしたレオ1世とゼノンの失態により、再びアスパルが名声を取り戻すこととなった[16][17]。レオ1世はアスパルの次男ユリウス・パトリキウス英語版副帝に任命し、娘の一人レオンティア英語版を彼に嫁がせることを宣言した[16][18]。しかしパトリキウスがローマ帝国で禁じられていたアリウス派を信仰していたために、コンスタンティノープルの聖職者達が猛烈に反発し、ついには暴動へと発展した。この暴動を収めるためにレオ1世は、レオンティアとの婚姻までにはパトリキウスをカルケドン派へ改宗させることを約束しなければならなくなった。

その後もゼノンとアスパルは衝突を繰り返した。アスパルは当時の東ローマ帝国で最大の勢力であったゴート族と強い関わりがあったし、一方のゼノンは戦闘的なイサウリア族を率いていた。最終的にレオ1世はアスパルかゼノンかを選択しなければならなくなった。そして471年、アスパルとアルダブリウスは扇動された暴徒達によってカルケドン聖エウフェミア教会へ追い詰められ、ゼノンの手の者によって殺害された[17]。アスパルの三男エルマネリックイタリア語版については殺害を免れたとされるが[19]、次男パトリキウスについては生き延びたとも殺害されたとも言われている。

アスパルが殺害されると彼の親族であったテオドリック・ストラボゴート族を率いてトラキアで反乱を起こし[19]、反乱はレオ1世が和睦に応じる473年まで続いた[20]。また、パトリキウスとの婚姻を無効とされたレオンティアは、後にアンテミウスの子マルキアヌス英語版と結婚し[21]、ゼノンが皇帝となっていた479年に夫マルキアヌスを皇帝としてゼノンに反乱を起こした[22]

アスパルの死はテオドシウス1世の時代から続いたゴート族による東ローマ帝国支配の終わりの始まりであり、以後はイサウリア族が東ローマ帝国の支配者となった[23]。イサウリア族による東ローマ帝国の支配は、アナスタシウス1世がイサウリア族による反抗を打ち破って彼らをトラキアへ強制移住させる498年ごろまで続いた[23]

一族・婚族編集

アスパルは3人の妻との間に3人の息子と2人の娘をもうけたとされる。長男アルダブリウスは434年プラエトル、447年に執政官となり、450年から466年までオリエンス道のマギステル・ミリトゥムを務めた。次男パトリキウスは459年に執政官を務め、三男エルマネリックも465年の執政官であった。

彼の3人の妻のうち少なくとも2人はゴート族の出身で、一人はテオドリック・ストラボの姉妹、もう一人はテオドリック・ストラボの父の姉妹であったとされる。 またアスパルの甥の一人が後のイタリア王テオドリックであり、テオドリックは幼少期にはアスパルの下で学んでいたとされる。

確認される唯一の孫に、長男アルダブリウスの娘ゴディステア(445年生誕)がいる。長男アルダブリウスの妻でゴディステアの母はアントウサ(430年頃生誕)。アントウサの父はフラウィウス・サビヌス・アンティオキス・ダモニクス(410年-468年)で母の名もアントウサ(410年-468年以降に没)である。ゴディステアの母方の家系は名前不明のアントウサの親(375年頃生誕)、マトロニアヌス(345年頃-382年以降)、アステリウス(310年頃生誕)、アルメニウス(275年頃生誕)、アルメニウス(245年頃生誕)というように3世紀中頃まで遡ることが出来る。

一方、アントウサの父サビヌス・アンティオキス・ダモニクスの父の名はアンティオキス(385年頃生誕)、アンティオキスの父の名はサビヌス(360年頃生誕)、サビヌス・アンティオキス・ダモニクスの母方の祖父の名はダモニクス(365年頃生誕)である。

ゴディステアは434年から449年にかけてオリエント軍司令官を務め、434年の執政官であったフラウィウス・アレオビンドゥス(400年頃- 449年以降に没)の息子フラウィウス・ダガライフス(430年頃 - 475年以降に没)と結婚。息子フラウィウス・アレオビンドゥス・ダガライフス(460年 -512年)を儲けた。アスパルの曾孫である。アレオビンドゥス・ダガライフスは503年にはオリエント軍司令官の地位にあった。506年には執政官に就任している。オリエント軍司令官の地位を退いた後、コンスタンティノープルの民衆から皇帝として宣言されたが、彼がこれを望むことは無く、時の東ローマ皇帝アナスタシウス1世が帝冠をつけずに民衆の前に現れて、帝位辞退の態度を示す行為によってこの事態は収拾された。

アレオビンドゥス・ダガライフスは479年に西ローマ帝国皇帝ウァレンティニアヌス3世の孫娘(ウァレンティニアヌス3世の次女プラキディアと西ローマ帝国オリブリウスの一人娘)でテオドシウス朝の血を引く生き残りの一人アニキア・ユリアナ(462年 - 527/528年)と結婚しており、以下の2男(アスパルの玄孫)を儲けた。この玄孫2人から多くの子孫が派生した。

  • アニキウス・オリュブリウス(480年以降 - 没年不明)- アナスタシウス1世の姪イレーネーと結婚。
    • プロバ(510年頃生誕)- 西ローマ皇帝オリブリウスの大甥アニキウス・プロブスと結婚。
      • ユリアナ(533年頃生誕)- ユスティニアヌス1世の義理の孫アナスタシウスと結婚。
        • アレオビンドゥス(550年頃生誕)- ユリアナの長男。1女がいる。
          • アナスタシア・アレオビンダ(570年頃生誕)- マウリキウスの弟ペトルスと結婚。
            • フラウィア・ユリアナ(590年頃生誕)- 西ゴート王国の血を引くアタナギルドと結婚。アタナギルドは西ゴート王レオヴィギルド直系の孫(レオヴィギルドの長男で579年に反乱を起こしたヘルメネギルドとその妻でフランク王国の分王国アウストラシア王家出身であるイングンドの息子)。父方の祖母(レオヴィギルドの最初の妻)テオドシアの血筋を遡るとローマ帝国初代皇帝アウグストゥスに辿り着くと言われている。
              • アルダバスト(アルデバルトとも。611年頃生誕)- 西ゴート王キンダスウィントの姪ゴダと結婚。
                • エルウィグ(? - 687年)- 西ゴート王(在位:680年 - 687年)。子孫は玄孫まで確認出来る。
        • プラキディア(552年頃生誕)- ユリアナの長女。アルサケス王家の血筋とされるヨアンネスが夫。
          • エウフェミア(575年頃生誕) - 子孫あり。
          • マヌイル(585年頃 - 634年頃) - 子孫あり。
          • ウァレンティノス(580年 - 644年頃)
        • プロバ - ユリアナの次女。ゲオルギウスという男性と結婚。子女は確認出来ない。
  • アレオビンドゥス(485年 - 没年不明)- ゲオルギアという女性と結婚。
    • プロブス(510年 - 542年)- 西ローマ皇帝ロムルス・アウグストゥスの孫アウィエナと結婚。
      • プロバ(540年頃生誕)- ローガスという男性と結婚。
        • エウドキア(580年 - 612年)- 東ローマ皇帝ヘラクレイオス1世の最初の皇妃。皇后としての正式名はアエリア・フラウィア。ヘラクレイオス1世自身は父方だけを見ればカッパドキア貴族の出身でアルメニアの名族アルサキド家の血筋だが、母方は傍系の血筋ながら、母エピファニアからユスティニアヌス王朝の一族の血を引いている。つまり、ユスティニアヌス王朝とヘラクレイオス王朝は女系ではあるものの、血縁関係が存在する。
          • エピファニア(611年 - 631年以降に没)- 子孫あり。
          • コンスタンティノス3世(612年 - 641年)
            • コンスタンス2世 - ウァレンティノスの娘ファウスタと結婚。

コンスタンス2世とファウスタの結婚によって、アスパルの玄孫2人の家系が合体する形(アスパルの玄孫2人の来孫同士(アスパルから数えて10代目同士)の結婚)となり、2人の間にはコンスタンティノス4世、ヘラクリウス、ティベリオスの3男がいる。コンスタンティノス4世の子がヘラクレイオス王朝最後の皇帝ユスティニアノス2世とヘラクリウスで、ユスティニアノス2世は最初の皇妃エウドキアとの間に長女アナスタシア、2番目の皇妃テオドラとの間に長男ティベリオスを儲けた。ユスティニアノス2世・ティベリオス父子が殺害されたことによって、ヘラクレイオス王朝による東ローマ帝国支配は終わりを告げた。なお、長女アナスタシアはブルガリア王テルヴェルと結婚し、後のブルガリア王テレリグ(706年 - 777年)を儲けている。

アスパルの貯水池編集

コンスタンティノープルでは人口増による水不足や頻発する都市部での火災に備え、いくつもの貯水池が建造された[24]459年に建造された貯水池の一つは「アスパルの貯水池」と名付けられ、現存している。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ レオ1世に先だってマルキアヌスが先例であったとする説もある[10]

出典

  1. ^ a b 尚樹1999、p.103。
  2. ^ 尚樹1999、pp.103-104。
  3. ^ オストロゴルスキー2001、p.84。
  4. ^ a b 尚樹1999、p.121。
  5. ^ a b パランク1976、p.128。
  6. ^ 松原國師「レオー(ン)1世」『西洋古典学事典』京都大学学術出版会、2010年。ISBN 9784876989256
  7. ^ エドワード・ギボンローマ帝国衰亡史』5巻、岩波書店、村山勇三(訳)、1954年、p.263。
  8. ^ a b 尚樹1999、p.51。
  9. ^ オストロゴルスキー2001、p.84。
  10. ^ オストロゴルスキー2001、p.119
  11. ^ パランク1976、pp.128-129。
  12. ^ a b c d 尚樹1999、p.123。
  13. ^ 尚樹1999、pp.123-125。
  14. ^ 尚樹1999、pp.123-124。
  15. ^ a b 尚樹1999、p.124。
  16. ^ a b オストロゴルスキー2001、p.85。
  17. ^ a b パランク1976、p.129。
  18. ^ 尚樹1999、pp.124-125。
  19. ^ a b 尚樹1999、p.125。
  20. ^ 尚樹1999、pp.125-126。
  21. ^ 尚樹1999、p.127。
  22. ^ 尚樹1999、p.131。
  23. ^ a b オストロゴルスキー2001、p.86-90。
  24. ^ 井上1998、p.111。

参考文献編集