メインメニューを開く

ロッキー・ロックリッジ

ロッキー・ロックリッジRocky Lockridge1959年1月10日 -2019年2月7日 )は、アメリカ合衆国男性プロボクサーワシントン州タコマ出身。元WBA世界スーパーフェザー級王者。元IBF世界スーパーフェザー級王者。

ロッキー・ロックリッジ
基本情報
本名 リック・ロックリッジ
階級 スーパーフェザー級
身長 169cm
リーチ 170cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1959-01-10) 1959年1月10日
出身地 ワシントン州タコマ
死没日 (2019-02-07) 2019年2月7日(60歳没)
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 53
勝ち 44
KO勝ち 36
敗け 9
テンプレートを表示

来歴編集

1978年8月9日、アメリカ合衆国でプロデビュー。

1980年2月19日、11戦目でUSBA全米フェザー級王座を獲得した。

1980年10月4日、17戦目で世界王座初挑戦。WBA世界フェザー級王者エウセビオ・ペドロサに挑戦し、15回判定負けで王座獲得ならず。

1983年4月24日、32戦目でエウセビオ・ペドロサに再挑戦し、15回判定負けでまたしても王座獲得ならず。

1983年9月9日、元WBC世界スーパーフェザー級王者コーネリアス・ボサ・エドワーズと対戦し、10回判定勝ち。

1984年2月26日、36戦目でWBA世界スーパーフェザー級王者ロジャー・メイウェザーに挑戦し、1回KO勝ちで世界王座を獲得した。同王座は文泰鎮、カメル・ブ・アリを相手に2度の防衛に成功した。

1985年5月19日、3度目の防衛戦でウイルフレド・ゴメスと対戦し、15回判定負けで王座から陥落した。

1986年8月3日、WBC世界スーパーフェザー級王者フリオ・セサール・チャベスに挑戦し、12回判定負けで王座獲得ならず。

1987年8月9日、IBF世界スーパーフェザー級王者バリー・マイケルに挑戦し、9回TKO勝ちで王座を獲得した。同王座は2度の防衛に成功した。

1988年7月27日、3度目の防衛戦でトニー・ロペスと対戦し、12回判定負けで王座から陥落した。1989年3月5日、ロペスと再戦するも、12回判定負けで王座奪回ならず。

1989年6月18日の試合を最後にリングを離れるも、2年半後の1992年1月30日にラファエル・ルエラスと対戦し、10回判定負け。

1992年4月22日、シャンバ・ミッチェルと対戦し、10回判定負け。この試合を最後に引退した。

2019年2月7日、家族が死去を公表した[1]

引退後編集

現役時代に始めたコカインとアルコールが断ち切れずに離婚と破産を経験。1994年に時給8ドルの仕事を得るが、ほどなくして強盗で逮捕され執行猶予5年の判決を受ける。しかし3年後に再び強盗で逮捕され、1999年7月まで27ヶ月の間刑務所に服役する。出所後は、物乞いをするホームレスまで落ちぶれ、さらには脳卒中を患い杖無しでは歩行が困難になる[2]

2013年5月、ショッピングセンターの店先で絡んできた若者を右ストレートでノックアウトする動画がインターネット上にアップロードされる[映像 1]

獲得タイトル編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
ロジャー・メイウェザー
WBA世界スーパーフェザー級王者

1984年2月26日 - 1985年5月19日

次王者
ウイルフレド・ゴメス
前王者
バリー・マイケル
IBF世界スーパーフェザー級王者

1987年8月9日 - 1988年7月27日

次王者
トニー・ロペス