メインメニューを開く

ワンダフル1951年から発売されている、花王グループ(現在の販売会社は花王プロフェッショナル・サービス)の洗剤である。

現在のラインナップは業務用食器用洗剤だが、発売から1989年までは洗濯用洗剤もあった。

目次

歴史編集

1951年に発売された日本初の弱アルカリ性洗濯用合成洗剤「花王粉せんたく」を1953年に改称して初登場。名称は消費者の一般公募で選ばれ、その結果として「素晴らしい」洗浄力の意味を込めた「ワンダフル」となった。1960年代までは同社の洗濯用洗剤を代表する商品であったが、同社からザブニュービーズと言った新製品が出ると次第に存在が薄くなり、それらと比べると売り上げが低迷したとされ、1980年代後半に販売を終了した。1958年には同社初の台所用洗剤となる「ワンダフルK」が発売。1976年頃までは食器洗い洗剤dishwashing liquid)と衣類用洗剤laundry detergent)が併売されていたが、最後は衣類用のみ発売されていた。1980年には「汚れを分解・漂白する」がキャッチフレーズで発売された。

家庭用ワンダフル販売終了後、「ワンダフル」の商標は業務用食器用洗剤の商品名となっている。また、同社のペット用品として「ワンだふる」も存在する。

衣類用洗剤は、発売当初から綿化学繊維用であった。食器用洗剤は、発売当初から野菜果物食器、調理用具用であった。

沿革編集

  • 1951年、前身となる「花王粉せんたく」発売。日本初の弱アルカリ性洗濯用合成洗剤で、高級アルコール系。無りん、無蛍光。1回の使用量は150g/30Lとかなり多かった。
  • 1953年1月、「ワンダフル」として発売。1回の使用量は75g/30L(花王粉せんたくの半分)に変更された。また同時に台所用・住居用にも適用拡大された。
  • 1954年、「ブルーワンダフル」発売。日本初の青色蛍光剤配合衣料用洗剤。
  • 1958年、食器洗い洗剤「ワンダフルK」発売。粉末と液体の2ラインナップ。同時に洗濯用洗剤も液体タイプを発売。
  • 1966年、ソフト化洗剤「ニューワンダフル」発売。
  • 1966年、「ワンダフルK」改良。
  • 1970年10月、「ホワイトワンダフル」発売。
  • 1975年、1回の使用量を50g/30Lから25g/30Lと半分にしたコンパクト洗剤「新ホワイトワンダフル」発売。但し、当時は洗剤を計量する習慣が少なく、消費者から敬遠されるようになり数年で発売停止となった。
  • 1979年1月、「低温パワー ワンダフル」発売。
  • 1979年7月、「低温パワー ワンダフル」強化改良。
  • 1980年11月、商品名を「ワンダフル」に戻し、酵素系漂白剤を配合[1]
  • 1982年2月、「無りん ワンダフル」発売。
  • 1984年3月、「SOFT ワンダフル」発売。柔軟成分配合。
  • 1985年10月、「無りん ワンダフル」改良。
  • 1986年9月、「沖縄向けワンダフル」改良(黄ばみ防止剤配合)。
  • 1989年、衣類用洗剤を発売終了した。

歴代ラインナップ編集

終了編集

  • ワンダフル(花王粉せんたく)
  • ワンダフルK
  • ブルーワンダフル
  • ニューワンダフル
  • ホワイトワンダフル
  • 新ホワイトワンダフル
  • 冷たい水にも強い ワンダフル
  • 汚れを分解・漂白する ワンダフル
  • SOFTワンダフル
  • ワンダフルブルー
  • ワンダフルネット

現行編集

  • ワンダフル
  • ワンダフルコンク

配合成分編集

広告編集

TVCM出演者編集

提供番組編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 花王では初の漂白剤入り洗剤であったポピンズの事実上の後継商品。

関連項目編集

外部リンク編集