ヴァージン・グループ

イギリスの多国籍企業、コングロマリット

ヴァージン・グループ英語: Virgin Group)は、イギリス多国籍企業並びにコングロマリットである。ナイトの爵位を持っているリチャード・ブランソン会長が主体となって企業を動かしている[1]

ヴァージン・グループ
Virgin Group
Virgin-logo.svg
種類 非公開企業
本社所在地 イギリスの旗 イギリスロンドン
設立 1970年2月 (51年前) (1970-02)
業種 コングロマリット複合企業
事業内容 銀行
書籍
商用航空
民間宇宙飛行
家庭用電気機械器具
映画
ヘルスケア
インターネット
ジュエリー
携帯電話
音楽
ラジオ
小売
旅行
代表者 ピーター・ノリス(会長)
ジョッシュ・ベイリス(CEO)
売上高 減少 166億ポンド(2019年)
従業員数 約71,000人
関係する人物 リチャード・ブランソン(創業者)
ニック・パウエル(創業者)
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

概要・沿革編集

2020年現在会長を務めるブランソンが1968年、16歳の時に「スチューデント」誌を発刊したのが始まりである。3年後の1971年には、中古レコード通信販売会社「ヴァージン・メガストア」を創業した[1]

1984年、航空会社「ヴァージン・アトランティック航空」が設立される[1]2020年現在、同社はブリティッシュ・エアウェイズと並んで、イギリスの航空会社の中でも特に大きな規模を誇っている。

その後も、ヴァージン・グループは次々と新たな事業を拡大していった。鉄道会社、ラジオ局、インターネット、コーラ販売、携帯電話関連の事業などにも業態を拡大して、関連会社は40社以上、展開している国の数は22ヶ国以上にも及ぶ[1]

傘下の航空会社は、前述のヴァージン・アトランティック航空をはじめ、2001年にヴァージン・オーストラリアオーストラリア)、2007年にヴァージン・アメリカアメリカ合衆国)を設立するなどしている[1]。これら3社の航空会社が運航する航空機の合計機数は、2011年初頭の時点でおよそ150機に及んだ[1]

さらには、一般の観光客用の宇宙旅行プログラム実施を目指し、2004年に「ヴァージン・ギャラクティック」を設立している。2019年にニューヨーク証券取引所に上場し、宇宙旅行会社として世界で初めて株式公開し、約10億ドルの時価総額をつけた[2]

2020年、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により経営難に陥る。ブランソンは所有する「ヴァージン・ギャラクティック」の株の売却や融資により立て直しを図ったが、「ヴァージン・アトランティック航空」と「ヴァージン・オーストラリア」は破産手続きに至った[3]

ヴァージン・グループは株式未公開企業、すなわち非公開会社非上場会社)であるため、経営実態に関しては不詳な点も多い。

子会社及び投資編集

企業 持ち分 % ジャンル
エアアジア X 16% 旅行
Vフェスティバル英語版 100% エンターテイメント
ヴァージン・アクティブ英語版 20% 健康
ヴァージン・アメリカ(アラスカ航空に合併され消滅) 25% 旅行
ヴァージン・アトランティック航空 51% 旅行
ヴァージン・オーストラリア 10% 旅行
ヴァージン・ブックス英語版 10% 出版
ヴァージン・ケア英語版 100% 健康
ヴァージン・クルーゼズ英語版 100% 旅行
ヴァージン・コネクト 100% メディア
ヴァージン・エクスペリエンスデイズ英語版 100% エンターテイメント
ヴァージン・ギャラクティック 100% 旅行
ヴァージン・グリーンファンド英語版 100% エネルギー
ヴァージン・ヘルスバンク英語版 100% 健康
ヴァージン・ヘルスマイルズ 100% ビジネスサービス
ヴァージン・ホリデイズ英語版 100% 旅行
ヴァージン・ホテルズ英語版 100% ホスピタリティ
ヴァージン・リミテッドエディション英語版 100% ホスピタリティ
リモバイク(Limobike) 100% 旅行
ヴァージン・メガストアーズ 100% リテール
ヴァージン・モバイル 100% 通信
ヴァージン・マネー英語版 34%[4] 金融
ヴァージン・オーシャニック 100% エンターテイメント
ヴァージン・レーシング 100% エンターテイメント
ヴァージン・ラジオ英語版 100% エンターテイメント
ヴァージン・スポーツ 95%[5] スポーツ
ヴァージン・ユナイト 100% チャリティ
ヴァージン・バケーションズ英語版 100% 旅行
ヴァージン・バウチャー 100% リテール

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集