メインメニューを開く

ヴルカノドン

ヴルカノドンVulcanodon)は、現在知られている最古の竜脚類のひとつ。ウルカノドンとも。中生代ジュラ紀前期に現在のアフリカ大陸に生息していた。属名火山岩の中で発見されたことに由来する[1]

ヴルカノドン
地質時代
ジュラ紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 竜脚形亜目 Sauropoda
下目 : 竜脚下目 Sauropoda
: ヴルカノドン科 Vulcanodontidae
: ヴルカノドン属 Vulcanodon
学名
Vulcanodon
Raath, 1972

体長約6.5メートル。胴体は太くずんぐりとしていた。前肢は比較的長い。各肢端には鋭くはないが鉤爪があったが、前後とも第一趾のみ爪が大型化していた[1]

骨格とともに7本の歯が発見されているが、これは捕食者のものであると推定されている[1]

脚注編集

参考文献編集

  • ヘーゼル・リチャードソン、ディビッド・ノーマン(監修) 『恐竜博物図鑑』 出田興生(訳)、新樹社〈ネイチャー・ハンドブック〉、2005年ISBN 4-7875-8534-7