七色とんがらし

1976年放送の日本のテレビドラマ

七色とんがらし』(なないろとんがらし)は、日本テレビドラマ主演千葉真一制作NETテレビ1976年5月20日から10月7日まで毎週木曜日21:00 - 21:54に、全21話がカラーアナログ放送された。

七色とんがらし
ジャンル ホームドラマ
脚本 向田邦子
演出 放映リストを参照
出演者 千葉真一
倍賞美津子
浅香光代
原田大二郎
加賀まりこ
星正人
片岡千恵蔵
エンディング 織田あきら 「七色とんがらし」
時代設定 1976年
製作
プロデューサー 木村幹
制作 NETテレビ
放送
音声形式アナログ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1976年5月20日 - 10月7日
放送時間木曜 21:00 - 21:54
放送枠ナショナルゴールデン劇場
放送分54分
回数21
テンプレートを表示

解説編集

ナショナルゴールデン劇場の「野菜シリーズ」第8作目で[1]、幼い時に別れた母親を迎え入れた家族人間模様が描かれた物語[2]。千葉真一にとってホームドラマ主演の作品であり[3]向田邦子脚本を執筆している。

ストーリー編集

鮫島鉄男は亡き父の後を継ぎ、東京下町で鮫島鉄工所を営みながら、自分が親代わりとなって妹の朝子、弟の研次と信行を育ててきた。そんなある日、幼いときに別れ、旅回りの一座に居た母親・咲江が、一座の解散で突如舞い戻ってきた。

キャスト編集

放映リスト編集

No. 放映日 サブタイトル 演出 ゲスト
1 1976年5月20日 母帰る 田中利一
2 5月27日 母の手習い
3 6月3日 塩をまけ! 佐藤オリエ(朝子の高校時代の級友・みどり)
4 6月10日 出さなかった贈物
5 6月17日 国定忠治のおっかさん
6 6月24日 寿
7 7月1日 鮫島ジョーズ
8 7月8日 親の意見とストリップ 大井素宏
9 7月15日 てるてる坊主
10 7月22日 男涙の退職金 田中利一
11 7月29日 濡れぎぬ志願
12 8月5日 鮫島一家は波高し 秋ひとみ(むつ子の娘・なな子)
13 8月12日 荷物まとめて・・・ 大井素宏
14 8月19日 直子の秘密 田中利一
15 8月26日 乾杯! 義理人情 大井素宏
16 9月2日 台風激突 田中利一
17 9月9日 それは八年前・・・
18 9月16日 重森祐造 男でござる
19 9月23日 ちゃんばら鈴虫
20 9月30日 怒れ おふくろ 稲垣健司
21 10月7日 きつねの嫁入り

スタッフ編集

演出放映リストを参照

主題歌・挿入歌編集

作詞 : 向田邦子、作曲編曲横山菁児織田あきら、レコード:RCA
作詞 : 向田邦子、作曲 : 冨田勲、編曲 : 横山菁児、歌 : 織田あきら、レコード:RCA

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「テレビ欄」『読売新聞』 1976年5月20日。
  2. ^ 七色とんがらし”. テレビドラマデータベース. 2012年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月6日閲覧。
  3. ^ 週刊TVガイド』 1976年5月15日号。

関連項目編集

1974年 - 1976年千葉真一主演NETテレビテレビドラマ

前後番組編集

NET ナショナルゴールデン劇場
前番組 番組名 次番組
七色とんがらし