メインメニューを開く
本来の表記は「三條公親」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

三条 公親(さんじょう きんちか)は、鎌倉時代前期から中期にかけての公卿右大臣三条実親の子。官位正二位内大臣後三条入道内府または白川前内府と号す。

 
三条公親
時代 鎌倉時代前期 - 中期
生誕 貞応元年(1222年
死没 正応5年7月12日1292年8月25日
別名 後三条入道内府、白川前内府
官位 正二位内大臣
主君 後堀河天皇四条天皇後嵯峨天皇後深草天皇亀山天皇後宇多天皇伏見天皇
氏族 三条家
父母 父:三条実親、母:西園寺公経次女
兄弟 公親公泰公隆公緒公朝、公尊、実円、定敒、奝助、深助、教助、公禅、円禅、公愉、女子
洞院実雄
実重、房子[1]久明親王宮人、
御匣殿[2]源彦仁
養子:喜子[3]
テンプレートを表示

目次

経歴編集

以下、『公卿補任』の内容に従って記述する。

嘉禄元年(1225年)1月5日、叙爵安貞元年(1227年)1月5日、従五位上に叙される。寛喜2年(1230年)1月5日、正五位下に叙され、同年12月25日、侍従に任ぜられる。寛喜3年(1231年)1月29日、美作権介を兼ね、同日左少将に任ぜられる。同年10月12日、従四位下に叙せられ少将は元の如し。貞永元年(1232年)1月30日、三河権介を兼ねる。嘉禎元年(1235年)従四位上に叙される。嘉禎2年(1236年)2月23日、正四位下に叙されるが、同年6月30日、母の喪が明けて復任した。

嘉禎3年(1237年)10月27日、従三位に叙される。左中将は元の如しとあるので、この年以前に左中将に任ぜられたか。暦仁元年(1238年)1月22日、下総権守を兼ねる。延応元年(1239年)1月5日、正三位に昇叙。同年11月6日、権中納言に任ぜられる。仁治2年(1241年)2月1日、従二位に昇叙。仁治3年(1242年)10月18日、帯剣を許される。宝治元年(1247年)7月16日、中宮大夫を兼ねるが、翌宝治2年(1248年)中宮西園寺姞子女院(大宮院)となったため、6月18日に中宮大夫を停止。建長2年(1250年)1月5日、正二位に昇叙し、同年5月17日、権大納言に任ぜられる。建長7年(1255年)4月12日、右近衛大将を兼ねる。文応元年(1260年)、右近衛大将兼任のまま大納言に転正。

弘長元年(1261年)3月11日、任大臣の兼宣旨があり、同月27日に内大臣に任ぜられた。右大将は元の如しで同日に任大臣の慶賀があった。同年9月には右大将を辞した。弘長2年(1262年)1月20日、上表して内大臣を辞した。以後30年間、前内大臣正二位から官位の昇進が全くないまま、正応5年(1292年)7月12日、薨去。

非参議中将から権中納言に直任編集

三条家では三条実房三条公房三条実親、公親、そして次代の三条実重と鎌倉時代末までに五代続けて非参議の三位中将から参議を経ずに権中納言に直任されている。これを例えば村上源氏の公卿と比較すると、源師房以後に鎌倉時代末までに同様の昇進をしたのは久我通光久我通雄だけである。他の閑院流諸家を同じ条件で見ると、徳大寺家では徳大寺実能徳大寺実定徳大寺実基徳大寺実孝、の四名、西園寺家では西園寺公相西園寺実兼西園寺公衡西園寺実衡の四名、洞院家では洞院公宗洞院公守の二名となる。また大炊御門家では、大炊御門頼実大炊御門師経大炊御門家嗣大炊御門冬忠大炊御門信嗣大炊御門良宗大炊御門冬氏大炊御門氏忠の八名である。花山院家では、花山院兼雅花山院家長花山院長定花山院兼定の四名である。

脚注編集

  1. ^ 二位局。後深草天皇宮人
  2. ^ 後二条天皇宮人
  3. ^ 従三位。二条良実娘。徳大寺公孝

参考文献編集

  • 公卿補任』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※ 嘉禎3年(1237年)に公親が非参議従三位となった時以降の記事。
  • 尊卑分脈』(新訂増補国史大系)吉川弘文館 黒板勝美、国史大系編集会(編) ※「三条公親」、「西園寺公経」、「洞院実雄」の項。
  • 橋本義彦『平安貴族』 平凡社選書97
  • 浅井虎夫『女官通解』所京子 校訂 講談社学術文庫