メインメニューを開く

徳大寺家(とくだいじけ、正字体:德大寺)は、日本公家藤原氏北家閑院流。公家としての家格清華家で、三条家西園寺家とは兄弟筋にあたる。明治以降は華族として徳大寺実則侯爵を授けられ、のちにその功により公爵に陞爵した。家業は笛。家紋木瓜花菱浮線綾(徳大寺家花角)通字は「公」と「実」を交互に用いる。

徳大寺家
家紋
木瓜花菱浮線綾もっこうはなびしふせんりょう
徳大寺家花角とくだいじけはなかく
本姓 藤原北家閑院流
家祖 徳大寺実能
種別 公家清華家
華族侯爵公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 徳大寺実定
徳大寺実能
徳大寺実久
徳大寺実則
支流、分家 徳大寺家(分家 男爵
凡例 / Category:日本の氏族

家祖の左大臣徳大寺実能は、閑院流の流祖である太政大臣藤原公季の五世孫・権大納言藤原公実の四男で、平安時代末期に崇徳後白河両帝の国母となった待賢門院の同母兄にあたる。実能は葛野郡衣笠岡(現在の京都市北区)の西南麓に山荘を営み、その中に持仏堂を建ててこれを得大寺あるいは徳大寺と呼んでいたが、のちにはこの山荘自体が徳大寺殿と呼ばれるようになり、これが家名の由来となった[1]

江戸時代には禁裏北の公家屋敷の一角、今出川烏丸東入北側に屋敷を構えていた。その跡地には明治になって華族会館が建てられ、戦後は同志社大学が取得して同大学大学院の図書館が建てられたが、烏丸今出川交差点と京都市バスの烏丸今出川停留所の間に今日もたたずむ旧徳大寺家の表門がかろうじて往時の名残をその地に留めている[2][3]

目次

歴代当主編集

当主 生没年 極位極官 続柄 備考
01 徳大寺 実能さねよし 1096–1157 従一位 左大臣 藤原公実の四男
  • 徳大寺左大臣(号)
02 徳大寺 公能きんよし 1115–1161 従二位 右大臣 先代実能の長男
  • 大炊御門右大臣(号)
03 徳大寺 実定さねさだ 1139–1191 正二位 左大臣 先代公能の長男
  • 後徳大寺左大臣(号)
04 徳大寺 公継きんつぐ 1175–1227 従一位 左大臣 先代実定の長男
  • 野宮左大臣(号)
05 徳大寺 実基さねもと 1194–1265 従一位 太政大臣 先代公継の次男
  • 徳大寺相国(号)、水本太政大臣(号)
06 徳大寺 公孝きんたか 1253–1305 従一位 太政大臣 先代実基の長男
  • 徳大寺太政大臣(号)
07 徳大寺 実孝さねたか 1293–1322 正二位 権中納言 先代公孝の子 
08 徳大寺 公清きんきよ 1312–1360 従一位 内大臣 先代実孝の子
  • 後野宮(号)
09 徳大寺 実時さねとき 1338–1404 従一位 太政大臣 先代公清の子
  • 野宮(号)
10 徳大寺 公俊きんとし 1371–1428 従一位 太政大臣 先代実時の子
  • 後野宮(号)
11 徳大寺 実盛さねもり 1400–1428 正二位 権大納言 先代公俊の子
  • 大持院(院号)
12 徳大寺 公有きんあり 1422–1486 従一位 右大臣 先代実盛の子
  • 後野宮(号)
13 徳大寺 実淳さねあつ 1445–1533 従一位 太政大臣 先代公有の子
  • 禅光院(院号)
14 徳大寺 公胤きんたね 1487–1526 従一位 左大臣 先代実淳の長男
  • 後野宮(号)
15 徳大寺 実通さねみち 1513–1545 正二位 権大納言 先代公胤の子
16 徳大寺 公維きんふさ 1537–1588 正二位 内大臣 養子
17 徳大寺 実久さねひさ 1583–1616 従三位 権中納言 養子
先代公維の外孫
18 徳大寺 公信きんのぶ 1608–1684 従一位 左大臣 先代実久の子
  • 正桂院(院号)
19 徳大寺 実維さねふさ 1636–1682 正二位 内大臣 先代の子
  • 温潤院(院号)
  • こののち実維の実子二人が短期間当主だったとも
    いわれるが委細不詳 [注 1]
22 徳大寺 公全きんとも 1678–1719 正二位 内大臣 養子
23 徳大寺 実憲さねのり 1713–1740 正二位 権大納言 先代公全の子
24 徳大寺 公城きんむら 1730–1782 正二位 権大納言 先代実憲の子
  • 巒渓(道号)
25 徳大寺 実祖さねみ 1754–1819 従一位 右大臣 養子
26 徳大寺 公迪きんなり 1770–1811 正二位 権大納言 先代実祖の子
  • 後大機院(院号)
27 徳大寺 実堅さねかた 1790–1858 従一位 内大臣 養子
28 徳大寺 公純きんいと 1821–1883 従一位 右大臣 養子
29 徳大寺 実則さねつね 1839–1919 従一位 公爵 先代の子
30 徳大寺 公弘きんさね 1866–1937 正二位 公爵 先代の子
  • 貴族院公爵議員
  • 弟の則麿は分家して徳大寺男爵家を興す
31 徳大寺 実厚さねあつ 1889–1970     公爵 先代の子
32 徳大寺 公英きんひで 1919– 先代の子
  • 美術評論家
徳大寺 実啓さねひろ 1946– 当代の長男
  • 美術評論家

系譜編集

太字は当主、実線は実子、点線(縦)は養子。

藤原公実
 
 
 
徳大寺実能1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公能2公親公保藤原育子[注 2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実定3公衡実守藤原実家藤原忻子藤原多子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公守公綱公継4公国公明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実時実基5実嗣実重実忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公連公孝6公斉公直
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実広実孝7実直公員
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公秀公蔭公清8公直実綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実敦実時9季綱
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公朝公俊10実江
 
 
 
実盛11
 
 
 
公有12
 
 
 
実淳13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公胤14日野内光維子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実通15実胤
 
 
 
 
 
公維16[注 3]盛治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実満実久17盛純
 
 
 
 
 
公信18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実維19今出川公規
 
 
 
 
 
公全22盛栄
 
 
 
 
 
実憲23国府谷盛純
 
 
 
公城24
 
 
 
実祖25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公迪26清水谷実揖
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実堅27山科言成
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公純28四辻公績中院通富
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実則29西園寺公望中院通規末弘威麿住友友純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公弘30高千穂宣麿則麿
(徳大寺男爵家)
彬麿
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実厚31長麿元麿三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公英32斉定公忠
 
 
 
 
 
実啓公仁

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の徳大寺家領は以下の通り。(4村・410石4斗3升5合2勺)

  • 山城国愛宕郡浄土寺村のうち - 10石4斗3升5合2勺
  • 山城国葛野郡下津林村のうち - 61石4斗
  • 山城国葛野郡下山田村のうち - 138石6斗
  • 山城国紀伊郡東九条村のうち - 200石

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 19代実維のあとは西園寺家から養子に入った公全が当主となったが、文献によっては実維と公全の間に実維の実子であるという長男・公逸と次男・公観を20代と21代の当主として数えているものが少なくない。ところがこの両者はともに家譜を欠き、名以外にはその事績はおろか実像すらつかめない。本表ではこの両者を含めてはいないが、他資料との整合性をも考慮して、実維の次代は公全としつつも、公全を22代の当主と数えた。
  2. ^ 実父は藤原忠通
  3. ^ 実父は久我通言

出典編集

関連項目編集