メインメニューを開く

源師房

平安時代中期の公卿・歌人。村上源氏の祖
 
源師房
Minamoto no Morofusa.jpg
源師房『前賢故実』より
時代 平安時代中期
生誕 寛弘5年(1008年
死没 承保4年2月17日1077年3月14日
改名 万寿宮(幼名)→資定王→師房
別名 土御門右大臣
官位 従一位右大臣
主君 後一条天皇後朱雀天皇後冷泉天皇後三条天皇白河天皇
氏族 村上源氏
父母 父:具平親王、母:為平親王次女
兄弟 隆姫女王、祇子女王、嫥子女王師房藤原頼成
藤原尊子藤原頼宗娘、源憲清
妧子、澄子、女子、俊房顕房麗子、仁覚、師忠、実覚、藤原宗実室、
藤原師実
養子:広綱
特記
事項
村上源氏の祖
テンプレートを表示

源 師房(みなもと の もろふさ)は、平安時代中期の公卿歌人村上源氏中院流の祖。村上天皇の皇子具平親王の第一王子。官位従一位右大臣土御門右大臣と号した。著書に『叙位除目抄』、日記に『土右記』がある[1]

経歴編集

幼名は万寿宮。始め資定王(すけさだおう)と称すが、父・具平親王を早くに亡くし、姉・隆姫女王の夫である藤原頼通の猶子となった(ただし、当時の実態とすれば養子とほぼ同様の意味に解する事ができる)。寛仁4年(1020年)正月に従四位下に叙せられ、12月26日に元服し、源姓を賜与されて臣籍降下、師房と名を改めた。「師房」の名は頼通が授けたものであるという[2]万寿元年(1024年藤原道長の五女・尊子(頼通の異母妹)を妻に娶って[3]藤原氏と密接な関係を築く[4]。同年従三位に叙せられ公卿に列し、以後も昇進を重ねる。

康平7年(1064年内大臣延久元年(1069年右大臣となって村上源氏の政界進出の基を築いた。承暦元年(1077年)2月17日に太政大臣に任ずべき兼宣旨が下されるが、同日に出家し、薨去。

高い学才の一方で、漢詩和歌にも秀で『後拾遺和歌集』以下の勅撰和歌集にも10首入集している。著書に『叙位除目抄』『土右記』などがあり、彼とその子孫の中院流による有職故実の流派は「土御門流」と称せられた。また、その才能を愛した藤原道長は「頼通に男子が生まれなければ、師房に摂関家を継がせてもいい」と言ったといわれている。

系図編集

 
(60)醍醐天皇
 
(61)朱雀天皇
 
 
広平親王
 
 
 
 
 
 
 
(62)村上天皇
 
 
(63)冷泉天皇
 
(65)花山天皇
 
 
 
 
 
 
 
兼明親王
 
 
致平親王
 
 
(67)三条天皇
 
敦明親王(小一条院)
 
 
 
 
 
 
 
(源)高明
 
 
為平親王
 
 
禎子内親王
(後三条母、陽明門院)
 
 
 
 
 
(64)円融天皇
 
(66)一条天皇
 
(68)後一条天皇
 
 
 
 
 
 
昭平親王
 
 
(69)後朱雀天皇
 
(70)後冷泉天皇
 
 
 
 
 
 
具平親王
 
(源)師房
村上源氏へ〕
 
 
(71)後三条天皇
 
 
 
 
 


系譜編集

和歌編集

  白河にて、花の散りて流れけるをよみ侍りける

行く末を せきとどめばや 白河の 水と共にぞ 春もゆきける

— 『後拾遺和歌集』歌番号146
  対山待月といへることをよめる

有明の 月待つほどの うたたねは 山の端のみぞ 夢に見えける

— 『金葉和歌集』歌番号214

脚注編集

  1. ^ 源師房 | コトバンク
  2. ^ 頼通は自らが選んだこの名を気に入り、後に生まれた自分の2子に「師房」の一字を用いて「通房」「師実」と命名したという。なお、通房・師実は共に師房の娘を妻に迎えている。
  3. ^ 『小右記』万寿元年3月27日条
  4. ^ 藤原道長の娘の内、人臣の妻となったのは尊子のみ。
  5. ^ 尊卑分脈』藤原北家頼宗流系図
  6. ^ 生没年は『中右記』天仁元年11月29日条による。

参考文献編集

  • 木本好信「『土右記』と源師房」、『平安朝日記と逸文の研究』所収、桜楓社
  • 岡野友彦「源師房」、『王朝の変容と武者』所収、清文堂
  • 細谷勘資「平安時代後期の礼儀作法と村上源氏」、十世紀研究会 編『中世成立期の歴史像』所収、東京堂出版。後に「村上源氏の台頭と儀式作法の成立」と改題、細谷勘資氏遺稿集刊行会 編『中世宮廷儀式書成立史の研究』所収、勉誠出版