三浦徹

日本のユーフォニアム奏者

三浦 徹(みうら とおる、1949年 - )は、日本ユーフォニアム奏者。

経歴編集

大阪明星学園、明星高校卒業 1971年東京藝術大学音楽学部を卒業し、アメリカに渡る。1973年にアメリカ・南ミシシッピー大学大学院を修了し、イーストマン音楽学校にて研鑽を積む。その後、日本において、第一線のユーフォニアム奏者として現在も活躍中である。

国立音楽大学教授・相愛大学尚美学園の各講師、ビュッフェ・クランポン専属講師を務める。

功績編集

  • ユーフォニアムという比較的知名度の低い楽器を、現在の水準まで向上させた日本におけるパイオニアである。
  • 後進の指導にも積極的であり、現在日本国内で活躍するユーフォニアム奏者のほとんどが、三浦の弟子である。
  • イーストマン・ウィンド・アンサンブルの団員となった最初の日本人である。
  • またその繋がりから、フレデリック・フェネル東京佼成ウインドオーケストラ指揮者として招聘した立役者でもある。
  • 現在でも大学講師という立場だけでなく、自らミュージック・キャンプ等を通してプロ・アマ交流の場を積極的に作ることで、日本のユーフォニアム界全体の交流と発展を担う立場としても活躍している。