三笑亭 夢楽(さんしょうてい むらく、1925年1月5日 - 2005年10月28日)は、岐阜県岐阜市出身の落語家。生前は落語芸術協会に所属。本名∶渋谷 滉。出囃子は『筑摩祭』。

三笑亭さんしょうてい 夢楽むらく
三笑亭(さんしょうてい) 夢楽(むらく)
プレイグラフ社『落語など』創刊号(1966年)より
本名 渋谷しぶや ひろし
生年月日 1925年1月5日
没年月日 (2005-10-28) 2005年10月28日(80歳没)
出身地 日本の旗 日本岐阜県岐阜市
師匠 五代目古今亭今輔
八代目三笑亭可楽
弟子 九代目三笑亭可楽
三笑亭茶楽
三笑亭夢太朗
柳亭楽輔
名跡 1. 古今亭今夫
(1949年 - 1951年)
2. 三笑亭夢楽
(1951年 - 2005年)
出囃子 筑摩祭
活動期間 1949年 - 2005年
活動内容 古典落語
所属 日本芸術協会
落語芸術協会
主な作品
反魂香
富士詣り

来歴編集

錦城商業学校卒業。映画カメラマンの成島東一郎は中学時代の同級生。

幼少時代に馬賊に憧れていたことから、1942年より単身中国北京へ移住。敗戦後帰国し、農林省開拓局に入局。

永井荷風を通じて正岡容を知り、その紹介で、1949年3月に五代目古今亭今輔に入門する。前座名は「今夫」。しかし、当の本人は新作落語古典落語の概念をあまり知らずとりあえず今輔から提供を受けた新作の台本をやっていたが、ある日柳家金語楼から渡された新作の台本を「八っつぁん」「熊さん」に書き換えたことで今輔から叱責され古典路線の道に転向、1951年4月に新作中心の今輔門下から八代目三笑亭可楽門下へ円満移籍。翌5月、二つ目に昇進し「夢楽」と改名。「夢楽むらく」の名は元来「朝寝坊むらく」で、朝寝坊むらくの名跡自体が九代目まで存在することが明らかになっている。初代朝寝房夢羅久1803年初代三笑亭可楽に入門して「夢楽」を名乗るが、師匠に無断で「夢羅久」と改名したことで破門され「朝寝房」の亭号で「夢羅久」「むらく」となった。以降九代目までは「朝寝坊むらく」となる。三笑亭夢楽の名跡は亭号も異なることから、これら朝寝坊むらくの代数を数えず十代目と呼ばれることはないが、1951年の襲名の際当時の落語界では「むらく」という大きい名前を二ツ目の芸人に継がせることへの猛反発が起こった。しかし落語界の実力者であった五代目柳亭左楽の鶴の一声で襲名が許された。

1958年9月、二代目桂伸治春風亭柳昇二代目桂小南三遊亭小圓馬四代目春風亭柳好と共に真打に昇進。

寄合酒』『三方一両損』『妾馬』などの長屋物を得意ネタとし、明るく軽妙で当意即妙な芸風から大喜利も得意とした。また、『お笑いタッグマッチ』(フジテレビ)、『ばつぐんジョッキー』(CBCラジオ)などのテレビ番組ラジオ番組にも出演し、人気を集めた。

2003年に寄席を引退[1]2005年10月28日肺不全のため死去。80歳没。生前最後の高座は2004年11月3日、お江戸上野広小路亭での「三方一両損」であった[2]

芸歴編集

人物編集

  • 北京大学出身を自称した。
  • 中国に住んでいた経験から、海外での口演も積極的に行なった。
  • 喧嘩っ早いことで有名だった。
  • 異性関係などで数々の武勇伝を持つ。また、同性とも関係を持った。
  • 古典落語の探求にも熱心で、約20年間、古典落語の勉強会として「若手落語会」を主宰した。この若手落語会には、7代目(自称5代目)立川談志5代目三遊亭圓楽3代目古今亭志ん朝らが参加した。

主な演目編集

弟子編集

直弟子編集

廃業編集

元弟子編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 桂平治の噺の穴 第七十七回:”. bunji.cool.coocan.jp. 2020年6月30日閲覧。
  2. ^ 佐藤友美, ed (平成17年11月28日). 演芸界最新情報TOPICS 演芸界訃報相次ぐ. 東京かわら版 平成17年12月号. p. 31 

外部リンク編集