三菱化工機株式会社(みつびしかこうき、英文社名 Mitsubishi Kakoki kaisha,ltd )は、三菱グループの大手機械製造メーカーである。

三菱化工機株式会社
Mitsubishi Kakoki Kaisha,ltd
Mitsubishi logo.svg
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6331
1950年9月上場
大証1部(廃止) 6331
2013年7月12日上場廃止
略称 化工機、MKK
本社所在地 日本の旗 日本
210-8560
神奈川県川崎市川崎区大川町2番1号
業種 機械
法人番号 7020001074662 ウィキデータを編集
事業内容 プラント、環境及び機械等の設計、製作、据付、販売
代表者 代表取締役社長 髙木紀一
資本金 39億5,697万5千円 (2019年3月末日現在)
発行済株式総数 79,139,500株
売上高 連結:347億44百万円
単体:292億23百万円(2019年3月期)
純資産 連結:167億57百万円
単体:170億09百万円[1]
総資産 連結:452億25百万円
単体:406億10百万円[1]
従業員数 連結:835名
単体:575名(2019年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 三菱重工業株式会社 6.17%
明治安田生命保険相互会社 5.26%
三菱商事株式会社 5.16%
主要子会社 化工機プラント環境エンジ株式会社 100%
菱化製作所株式会社 100%
化工機商事株式会社 100%[1]
外部リンク 三菱化工機株式会社
特記事項:各種経営指標は2015年3月期
テンプレートを表示

概要編集

化学工業に携わる機械の製造を主業務としており、水素発生装置は業界シェアトップクラス。他にプラント用・環境用などの機械製品を扱う。三菱金曜会[2]及び三菱広報委員会[3]の会員企業である[4][5]

沿革編集

  • 1935年 - 三菱グループ各社の出資により、化学工業用機械製造メーカーとして「化工機製作株式会社」として誕生[1]
  • 1938年 - 「三菱化工機株式会社」に社名変更[1]
  • 1950年 - 東京証券取引所上場[1]
  • 1951年 - 大阪証券取引所上場[1]
  • 1998年 - 現在地に本店移転[1]
  • 2004年 - 上海駐在員事務所を設立(平成24年に閉鎖)。
  • 2007年 - タイ駐在員事務所を設立(平成24年に閉鎖)。
  • 2008年 - 中国・上海市に100%出資による「菱化貿易(上海)有限公司」を設立。
  • 2010年 - 執行役員制度を導入。
  • 2010年 - 東南アジア地域の顧客開拓を目的としてタイ王国・バンコク市に 現地法人MKK Asia Co.,Ltd.を設立。
  • 2016年 - 監査等委員会設置会社へ移行。
  • 2017年 - 「MKK川崎水素ステーション(実証用)」を川崎製作所内に建設。

事業所編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集