メインメニューを開く
エコ・ステーション(CNG自動車

エコステーション(Eco-Station)は、低公害車の一種である燃料電池自動車代替燃料自動車や電気自動車などのクリーンエネルギー自動車に燃料や充電用の電気を供給する場所の総称で、名称は2005年に解散したエコ・ステーション推進協会登録商標となっている。

概要編集

エコステーションではもっとも簡素な構成。駐車中に充電できるよう、非接触型コネクタ、交流200ボルト接触型コネクタ、コンセント(交流100ボルト・200ボルト)を備えている。2006年3月現在認定ステーションは45か所。市販の電気自動車やプラグインハイブリッド車が登場したことで、認定ステーション以外にも駐車場や公共施設などに充電器が設置されている。
圧縮機(コンプレッサー)、畜ガス器、充填器(ディスペンサー)により構成され、都市ガスのパイプラインを引き込み充填する。都市ガスが来ていない地域ではLNGをガスローリーで搬入することもある。但し設置工事費に1億円程度、設備維持費に充填に必要な電気代が毎年100万円程度かかるのが難点。海外では電気を使用しないガスエンジンコンプレッサーもあるが日本では実用例はない。充填器が公道から5m以上離れていること、高圧ガス保安法の規制により保安監督者の配置が必要。エコステーション認定充填所は全国で約270か所、事業者が独自に設置した充填所を含めると300か所を超える。
コンプレッサー、LPGタンク、ディスペンサーにより構成される。エコステーション認定制度は主にトラック・ライトバン等のディーゼル代替LPG自動車用に設定されていた。これ以外に主にタクシー向けにオートガススタンドとして運営している施設も多く、これらを含めると全国に約1900か所。高圧ガス保安法の規制により保安監督者の配置が必要な第一種製造設備と保安監督者の不要な第二種製造設備に分けられる。
2002年からは補助対象外となった。メタノール純度100%のM100を扱う場合は毒物・劇物取扱責任者の配置が必要。こちらはメタノール車が少ないこともあり、認定ステーションは8か所。

水素ステーション編集

1993年、WE-NET (World Energy Network:水素利用国際クリーンエネルギーシステム技術研究開発)が発足。世界的規模での温室効果ガスの排出削減、国際エネルギー需給の緩和等エネルギー・環境問題の同時解決を目的としたものである。 2002年大阪府に国内初の燃料電池車向けの水素供給ステーションが完成。次いで同年水素供給ステーションが香川県高松市に完成した。首都圏には、2002年に横浜市鶴見区に初めて誕生した[1]

 
水素ステーションの一例。外見は普通のガソリンスタンドと大差はない。

現在、水素自動車や水素を燃料とする燃料電池自動車が試験走行を行っており、これらへの水素ガスや液体水素を充填する施設を水素ステーションと称する。まだエコステーションに認定されていないが、将来的には認定制度に盛り込まれることが考えられる。[誰によって?]現在[いつ?]JHFCプロジェクト(Japan Hydrogen & Fuel Cell Demonstration Project)により設置されたものが関東8か所、愛知2か所、大阪2か所ある。

  • オンサイト型
圧縮機・蓄ガス器・ディスペンサーに加えて石油製品やガスを改質して水素を抽出する装置を備えているもの。水を電気分解して抽出するものもある。
  • オフサイト型
外部から水素ガスを搬入し、改質装置を持たないもの。
  • 移動式
トラックに水素充填装置を積載したもので、豊田通商大陽日酸岩谷産業が開発・販売している[2]

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集