三輪 祐見子(みわ ゆみこ、 (1969-04-23) 1969年4月23日(51歳) - )日本テレビプロデューサーである。株式会社テレビ朝日総合編成局ドラマ制作部長[1]

来歴編集

東京都出身。早稲田大学卒業後、1992年にテレビ朝日入社[2]。同期には六車俊治など。広報部を経て1995年に制作部へ異動し、『エースをねらえ』『アタックNo.1』『遺留捜査』『緊急取調室』などテレビドラマのプロデューサーを担当。『DOCTORS〜最強の名医〜』第3部ではゼネラルプロデューサーを担当。刑事ドラマ医療ドラマを多数手がけた。

2016年より『おっさんずラブ』の製作総指揮(ゼネラルプロデューサー)を担当し、2019年エランドール賞(プロデューサー賞・奨励賞)を受賞。『おっさんずラブ』のプロデューサー貴島彩理は三輪のことを、内山聖子とともにテレビ朝日の女性ドラマプロデューサーの道を切り開いたスタープロデューサーと述べている[3]

脚注編集