メインメニューを開く

三重県営総合競技場(みえけんえいそうごうきょうぎじょう)は、三重県伊勢市宇治館町の五十鈴公園にある、スポーツ施設陸上競技場および体育館を核とする。指定管理者は三重県体育協会グループ[1]。略称は「県営競技場」または「県営陸上競技場」。特に陸上競技場については県内の陸上競技にかかわるものの中では「伊勢」「伊勢の競技場」「県の競技場」と呼ばれている。

三重県営総合競技場
"三重交通G スポーツの杜 伊勢"
Miekyougijyo3.jpg
陸上競技場(2017年10月撮影)
三重県営総合競技場の位置(三重県内)
三重県営総合競技場
施設情報
所在地 三重県伊勢市宇治館町510番地
位置 北緯34度27分53.6秒 東経136度43分45.1秒 / 北緯34.464889度 東経136.729194度 / 34.464889; 136.729194座標: 北緯34度27分53.6秒 東経136度43分45.1秒 / 北緯34.464889度 東経136.729194度 / 34.464889; 136.729194
開場 1968年昭和43年)
修繕 2017年平成29年)
所有者 三重県
運用者 三重県体育協会グループ
グラウンド 9レーン
照明 夜間照明設備あり
大型映像装置 陸上競技場にあり
使用チーム、大会

国民体育大会
全国高等学校総合体育大会

三重県選手権
収容能力

陸上競技場19,067人

体育館5,786人
アクセス
近鉄鳥羽線五十鈴川駅より徒歩20分

2014年平成26年)10月1日より命名権(ネーミングライツ)導入により、「三重交通G スポーツの杜 伊勢(みえこうつうぐるーぷ すぽーつのもり いせ)」となった[2]

陸上競技場メインスタンド外観(2017年10月撮影)
陸上競技場メインスタンド外観(2017年10月撮影)
改修前の陸上競技場(2013年4月撮影)
改修前の陸上競技場(2013年4月撮影)
三重県営体育館(2008年12月6日撮影)
三重県営体育館(2008年12月6日撮影)

概要編集

陸上競技場(三重交通Gスポーツの杜伊勢陸上競技場)、体育館(三重交通Gスポーツの杜伊勢体育館)、トレーニングセンターからなる。

陸上競技場編集

  • 陸上競技場(日本陸上競技連盟 第一種公認競技場、国際陸上競技連盟認証 クラス2)(競技場コード:231010[3][注釈 1]
  • 補助競技場(日本陸上競技連盟 第三種公認競技場)(競技場コード:233100[3]
    • トラック:一周400 m 8レーン(全天候型)水濠も擁する。
    • フィールド:棒高跳、走幅跳、三段跳、走高跳、砲丸投、槍投
    • その他:写真判定室、夜間照明設備、器具庫、トイレ
  • 多目的広場
    • クレイ舗装
    • この施設は2016年(平成28年)までは全天候型の日本陸上競技連盟第三種公認競技場であり、補助競技場として使用されていたが、新補助競技場の竣工により供用停止、改修を経て多目的広場となった。
  • 付帯投てき場(日本陸上競技連盟 第一種公認投てき場)
    • ハンマー投、円盤投、砲丸投、槍投
  • 雨天走路(バックスタンド裏): 110 m 4レーン(直走路は70 m)
  • その他
    • 会議室 全8室
    • 駐車場 227台
    • 夜間照明設備

体育館編集

  • 地上3階、地下1階
  • 本館(フロア37×46 m)(収容人数 5,786人)
    • バドミントン・・・・10面
    • バスケットボール・・2面
    • バレーボール・・・・3面
    • 卓球・・・・・・・・24台 等
  • 別館(フロア30×27 m)
    • バドミントン・・・・3面
    • バスケットボール・・1面
    • バレーボール・・・・2面
    • 卓球・・・・・・・・10台 等

トレーニングセンター編集

  • トレーニング器具
ウォーキング・ランニングマシーン、筋力トレーニング、エアロバイク、ステアマスター、バーベル、ダンベル、腹筋台、背筋台 他
  • マッサージ器具
  • 測定器具
血圧計、体重計、体組成計

沿革編集

ー以後予定ー

催事編集

アクセス編集

周辺編集

陸上競技場大規模改修工事編集

この項では2015年度から2018年度において行われた陸上競技場の改修工事を取り上げる。

改修の経緯編集

以上のことにより三重県は陸上競技場の大規模改修を行うことを決めた。

改修計画編集

主な改修計画を下記に示す。

  • 2015年度:補助競技場新設工事、メインスタンド取り壊し、新築メインスタンド設計、メイン競技場使用停止
  • 2016年度:新設補助競技場竣工、メインスタンド新築工事、メイン競技場改修工事
  • 2017年度:新築メインスタンド竣工、競技場改修工事完了
  • 2018年度:多目的広場整備工事完了、陸上競技場大規模改修工事全工程完了

改修内容編集

主な改修内容を下記に示す[8]

  • メイン競技場改修
    • 走路、フィールド部の全面改修を行う。
    • 大型映像装置の時計、90分計部分を取り除き液晶とし、既存の枠全体をフルスクリーンとする。
    • グラウンドレベルを解消する。
    • 夜間照明設備を設置する。
    • 第1コーナー外側に表彰時などに使用する掲揚ポールを設置する。
    • 監視カメラを設置する。
  • メインスタンド新築
    • 7,000席の個別席で全面屋根付きとする。
    • 外観は伊勢の地を意識し、神宮の神殿や内宮にある宇治橋の橋桁などで用いられている伊勢の伝統的な木組みをイメージさせるデザインとし、屋根やスタンドの高さを控え背景の山の景色が感じられるように配慮する。
    • メインスタンドの客席の色の青と緑のグラデーションは空に向かっていくほど青空の青が多くなることで、のびやかさを、オレンジ色はスポーツの熱気や緊張感を表現する。
  • サイドスタンド改修
    • 上部の通路を平坦にする。
    • メインスタンドとの導線を確保する。
    • 選手の雨天時の退避場所を確保する。
  • バックスタンド改修
    • 防水加工を施す。
    • 新たに長椅子タイプの椅子を設置する。
    • 老朽化修繕塗装を行う。
  • 補助競技場新設
    • 1周400 m8レーンとする。
    • 写真判定室を設置する。
    • 隣接する場所に投てき練習場を設置する。
  • その他の施設整備
    • 既存屋外トイレの改修、新設を行う。
    • 駐車場を設置する。
    • 既存の補助競技場を取り壊し、多目的広場とする。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2016年までは243010

出典編集

  1. ^ 第3回三重県営総合競技場等指定管理者選定委員会の開催結果” (2013年10月24日). 2014年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月18日閲覧。
  2. ^ a b c 相馬敬 (2014年8月12日). “県営2施設 初の命名権 三重交通G スポーツの杜 鈴鹿、伊勢”. 中日新聞 朝刊 三重総合 (中日新聞社): p. 19 
  3. ^ a b 加盟団体大会情報 23 三重県 (PDF)”. 日本陸上競技連盟 (2018年8月10日). 2018年8月25日閲覧。
  4. ^ 平成9年3月25日 三重県条例27号
  5. ^ 第91回 日本陸上競技選手権大会(混成競技)・第23回日本ジュニア陸上競技選手権大会(混成競技) 要項 (PDF)”. 財団法人日本陸上競技連盟. 2010年11月14日閲覧。
  6. ^ “施設の無料開放やフリマ 県営競技場 11月6日に感謝フェスティバル”. 伊勢志摩ホームニュース 第144号: p. 4. (2010年10月16日) 
  7. ^ 三重県営総合競技場 最新情報”. 三重県営総合競技場 (2010年11月9日). 2010年11月14日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 三重県営総合競技場陸上競技場整備事業 整備概要 (PDF)”. 三重県 (2014年3月12日). 2016年3月11日閲覧。

参考文献編集

  • 『伊勢市史』(昭和43年3月31日発行、編纂:伊勢市)387ページ

関連項目編集

外部リンク編集

先代:
笠松陸上競技場
那珂市
国民体育大会
主競技場

三重国体
次代:
県総合運動場陸上競技場
佐賀市
先代:
鴨池陸上競技場
鹿児島市
国民体育大会
主競技場

三重とこわか国体
次代:
総合スポーツゾーン(仮称)
宇都宮市