上白糠駅

上白糠駅(かみしらぬかえき)は、かつて北海道白糠郡白糠町茶路基線に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)白糠線廃駅)である。白糠線の廃線に伴い、1983年昭和58年)10月23日に廃駅となった。

上白糠駅
かみしらぬか
Kami-Shiranuka
白糠 (6.0km)
所在地 北海道白糠郡白糠町茶路基線
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 白糠線
キロ程 6.0km(白糠起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1964年昭和39年)10月7日
廃止年月日 1983年(昭和58年)10月23日
備考 白糠線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
駅周辺を写した航空写真。画像中央が上白糠駅、右方向が白糠駅方面、左方向が北進駅方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

駅構造編集

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは、線路の南側(北進方面に向かって左手側)に存在した。開業時からの無人駅で駅舎はないが、ホーム東側の出入口附近に待合室を有した[1]

駅名の由来編集

利用状況編集

1981年度(昭和56年度)の1日当たりの乗降客数は27人[1]

駅周辺編集

周囲は酪農地帯である[1]

歴史編集

  • 1964年(昭和39年)10月7日 - 国有鉄道白糠線白糠駅 - 上茶路駅間の開通に伴い、開業。旅客のみ取扱い。
  • 1983年(昭和58年)10月23日 - 白糠線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅跡編集

駅前広場が残っていて、外灯も残っている。 2001年平成13年)時点では広い空き地になっており[2]2010年(平成22年)時点でも同様であった[3]。駅の前後の路盤は築堤となって残っており[3]、近くに「第三大曲橋梁」も残存している[4]

隣の駅編集

日本国有鉄道
白糠線
白糠駅 - 上白糠駅 - <共栄仮乗降場> - 茶路駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)141ページより。
  2. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2001年1月発行)48ページより。
  3. ^ a b 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』(JTBパブリッシング、2010年4月発行)69ページより。
  4. ^ 書籍『北海道の鉄道廃線跡』(著:本久公洋、北海道新聞社2011年9月発行)147ページより。

関連項目編集