メインメニューを開く

上美幌駅(かみびほろえき)は、北海道網走支庁網走郡美幌町にあった日本国有鉄道(国鉄)相生線廃駅)である。相生線の廃線に伴い1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

上美幌駅
かみびほろ
Kami-Bihoro
所在地 北海道網走郡美幌町字上町
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 相生線
キロ程 6.2km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1924年大正13年)11月17日
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日
備考 相生線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の上美幌駅と周囲約500m範囲。左下が北見相生方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

目次

駅構造編集

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった。ホームは線路の西側(北見相生方面に向かって右手側)に存在した[1]無人駅となっており、有人駅時代の駅舎は存在していなかった。

駅周辺編集

歴史編集

駅跡編集

2001年(平成13年)時点ではパターゴルフ場になっていた[2]

隣の駅編集

日本国有鉄道
相生線
美幌駅 - <旭通仮乗降場> - 上美幌駅 - <豊幌仮乗降場> - 活汲駅

脚注編集

  1. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)159ページより。
  2. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くVII』(JTBパブリッシング2001年1月発行)42ページより。

関連項目編集