上越高等学校(じょうえつこうとうがっこう)は、新潟県上越市寺町三丁目にある私立高等学校。学校法人古川学園が運営する。

上越高等学校
Joetsu-high-school.jpg
過去の名称 私立女子裁縫学校
高田実科女学校
高田高等家政女学校
高田家政高等学校
高田女子高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人古川学園
校訓 自主
誠実
礼節
設立年月日 1904年6月1日
創立者 藤縄正朔
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 15507B
所在地 943-0892
新潟県上越市寺町三丁目4番34号

北緯37度6分54.8秒 東経138度14分24.0秒 / 北緯37.115222度 東経138.240000度 / 37.115222; 138.240000座標: 北緯37度6分54.8秒 東経138度14分24.0秒 / 北緯37.115222度 東経138.240000度 / 37.115222; 138.240000
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

新潟県内では2番目に古い私立高等学校である。明治時代後期の1904年(明治37年)に、女性に教育の機会を与え、必要な知識技能を教授する志を抱いた藤縄正朔が私財を投じ、私立女子裁縫学校を設立したことに始まる。

大正から昭和にかけて、高田実科女学校、高田高等家政女学校などと名称を変えながら、社会の要請に応えて発展してきた。戦後の学制改革により高田家政高等学校となり、1951年(昭和26年)の制度改革に際して設置母体を学校法人古川学園とした。この間、校長は創立者藤縄正朔の娘である古川フジが主に長年にわたり務めた。

1961年(昭和36年)に普通科を設置し校名を高田女子高等学校とし、1982年(昭和57年)には男女共学としたのを機に校名を現在の上越高等学校として今日に至っている。2004年(平成16年)に創立100周年を迎えた。

2014年(平成26年)3月食物科を閉科して、全普通科の高等学校となった。また「ICTを活用した国際コミュニケーション能力の向上」が新潟県魅力ある私立学校づくり支援事業に採択され、国際理解教育・英語教育を推進している。26年に創立110周年を迎えることを機に、校舎の全面改築を行った。

1学年は普通科5クラス(グローバル特進コース、普通コース)、3学年合計15クラス(定員600人)からなっている。

近年では部活動にも力を入れており、サッカー部や野球部などが使う室内練習場や上越地域の高校では初となる人工芝のテニスコートも完備してある。なお、2018年(平成30年)の12月には2億円をかけサッカー部が使用する全面人工芝のフルピッチを増設した.

沿革編集

  • 1904年3月 - 私立女子裁縫学校の設立認可申請
  • 1904年4月8日 - 私立女子裁縫学校の設立認可
  • 1904年6月1日 - 私立女子裁縫学校を中頸城郡高城村大字四の辻通(現在の上越市西城町1丁目)に開校
  • 1908年7月 - 校舎を高田町下寺区善行寺境内(現在の地)に移転新築
  • 1918年7月 - 校名を高田実科女学校に改称
  • 1927年2月 - 中等学校の設立認可、校名を高田高等家政女学校に改称
  • 1948年4月 - 学制改革にともない高田家政高等学校および併設中学校設立認可
  • 1951年2月 - 制度改革により学校法人古川学園となる
  • 1954年5月 - 創立50周年並びに新校舎落成記念祝賀式典挙行(併設中学校生徒募集停止)
  • 1960年1月 - 新校舎及び体育館落成記念祝賀式典挙行
  • 1961年4月 - 普通科設置、校名を高田女子高等学校と改称
  • 1963年4月 - 商業科設置
  • 1964年11月 - 創立60周年並びに新校舎落成記念祝賀式典挙行
  • 1965年4月 - 食物科設置
  • 1974年11月 - 創立70周年並びに新校舎落成記念祝賀式典挙行
  • 1982年3月 - 調理師養成課程食物科の認可
  • 1982年4月 - 上越高等学校に改称し男女共学となる
  • 1983年4月 - 普通科男子入学(男子入学生51名)
  • 1984年10月 - 創立80周年記念祝賀式典挙行
  • 1992年4月 - 商業科を普通科に改編、食物科2学級、普通科4学級募集となる
  • 1994年10月 - 創立90周年記念祝賀式典挙行
  • 2004年10月 - 創立100周年記念祝賀式典挙行
  • 2014年3月- 食物科閉科、普通科5学級となる
  • 2014年4月- 「ICTを活用した国際コミュニケーション能力の向上」が新潟県魅力ある私立学校づくり支援事業に採択された
  • 2014年10月- 校舎全面改築竣工、移転
  • 2014年11月- 創立110周年・校舎改築竣工記念式典および祝賀会挙行
  • 2015年3月- 柔剣道場「鳳翔館」竣工
  • 2015年10月- 人工芝サッカー練習場、砂入人工芝テニスコート(2面)竣工
  • 2016年8月- 人工芝屋内練習場竣工

教育課程編集

    グローバル特進コース、普通コース(進学コース、フードコース、ファッションコース、情報コース)

教育理念編集

校訓編集

  • 自主
  • 誠実
  • 礼節

教育目標編集

  • 伝統を踏まえ、次世代国家と社会の要求にこたえうる心身共に健全な日本人を目指し、規律正しく、教養豊かで、よりよく生きる力を備えた人を育成する。

教育方針編集

  • 一人一人の生徒を大切にし、精神的にたくましい生徒を育成するために、厳しく鍛える指導をする。
  • 生徒の進路第一希望を達成させるために、具体的で実践的な指導をする。

年間学校行事編集

  • 入学式・始業式・新任式
  • スプリングセミナー(1年生)、春の遠足(2、3年生)
  • 体育祭
  • 県内大学見学会
  • 職場実習
  • 夏季進学合宿in池の平
  • オータムセミナー(体験入学)
  • 秋輝祭(上越高校の伝統の文化祭、ちぎり絵展・大食堂・ライブ・ダンスなど)
  • 台湾修学旅行(2年生)
  • スキー授業
  • スプリングフェスティバル(地元の方参加型のイベント)
  • 同窓会入会式
  • 卒業式・終業式・退任式

部活動編集

運動部編集

  • 野球部
  • テニス部
  • バレーボール部
  • バスケットボール部
  • 卓球部
  • 陸上部
  • スキー部
  • 柔道部
  • 剣道部
  • サッカー部

文化部編集

  • 演劇部
  • 書道部
  • 美術部
  • 写真部
  • 吹奏楽部
  • インターアクトクラブ
  • 料理部

交通・アクセス方法編集

著名な出身者編集

  • 吉川照美(テディベア作家)
  • 片山愁(漫画家)
  • 間嶋里美(声優)
  • 星瑞枝トリノ五輪日本代表アルペンスキー選手)
  • 神波憲人野猿ボーカル)
  • 阿里操(作家、「夕日と水車の詩」、「悲しみよ森の彼方へ」などの著作者)
  • 伊藤とし子(長崎の爆心地で被爆するも、東京中野区で80歳を超えて歯科医師を務めた)
  • 南里空海(ジャーナリスト、著書「神饌」が世界料理本賞を受賞)

関連項目編集

外部ページ編集