メインメニューを開く

下山 懋(しもやま つとむ、1890年[1][2]2月23日[3] - 1987年[1][2]1月19日[4])は、日本教育者国語教育学者国文学者郷土史家作詞家[5][6]

下山 懋
人物情報
別名 下山 つとむ[注釈 1]
生誕 埼玉県入間郡芳野村谷中
死没 (1987-01-19) 1987年1月19日(96歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 埼玉県師範学校
東京帝国大学
両親 父:下山忠行
学問
主要な作品 史話童話
綴方教育の常道
畠山重忠物語
父の若き日:嘉永から明治へ
影響を
受けた人物
芦田惠之助
テンプレートを表示

目次

人物編集

埼玉県入間郡芳野村谷中(現在の川越市)生まれ[3]。父は飯能戦争新政府軍として参加した川越藩士の下山忠行。

1910年埼玉県師範学校を卒業。1914年埼玉県女子師範学校附属小学校訓導となり[6]埼玉県立浦和高等女学校で教鞭を執り、東京帝国大学選科に進んだ。その後、埼玉県立越ヶ谷高等女学校[7]埼玉県大宮高等女学校浦和市立高等学校[8]埼玉県立浦和高等学校[9]、別所幼稚園[10]武南幼稚園・武南中学校・武南高等学校[11]などの学校で校長・園長を歴任した。元埼玉県教育委員会教育委員[12]。元川口市教育長[5]。元埼玉県共同募金会理事[13]

綴方教育(作文教育)の提唱者であった芦田惠之助の影響を受けて埼玉県の綴方教育の先導者となり、戦後は埼玉県教育委員会の学務課長として新教育を進めた[5][6]。校歌の作詞者としても知られる[5][6]。埼玉県さいたま市大宮区にある山丸公園には大宮町長であった白井助七の顕彰碑があり、その裏側に刻まれる文章を撰文した。

作品編集

著書編集

単著
  • 史話童話』 育英書院 (1925年2月)[14]
  • 『綴方教育の常道』 育英書院 (1938年12月)[15]
  • 畠山重忠物語』 埼玉県立文化会館 (1957年3月)[16]
  • 『父の若き日:嘉永から明治へ』 下山懋 (1979年4月)[3]
共著
  • 『学級文庫 高等科用 後』 学級文庫刊行会 (1923年)[17]
  • 『国語教育』 育英書院 (1934年8月 - 1941年3月)[18][19]
  • 『コトバ』 国語文化学会 (1939年11月 - 1942年5月)[20]
  • 『日本郷土物語 上』 大日本教化図書 (1939年)[21]
  • 『埼玉の文化財』 埼玉県文化財保護協会 (1960年 - 1964年)[22]
  • 『川口の文化財』 川口市文化財所有者連絡協議会 (1961年)[23]

作詞編集

校歌
園歌
  • 別所幼稚園(作曲:横山幸博)[82]

監修編集

  • 嵐山町立七郷中学校校歌(作詞:安藤専一、作曲:下総皖一)[83]

補作編集

  • 所沢市立富岡小学校校歌(作詞:北田宗也、作曲:本間実)[84]

校正編集

注釈編集

  1. ^ 「下山つとむ」と表記されている事も多い。本人が意図して使い分けていたのかは不明。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 下山, 懋, 1890-1987”. 国立国会図書館 (2014年5月12日). 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ a b 下山 懋”. 国立情報学研究所. 2016年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c 下山つとむ『父の若き日:嘉永から明治へ』下山懋、1979年4月。NCID BA61699374
  4. ^ 埼玉県教育委員会 編『埼玉人物事典』(埼玉県、1998年), p415 NCID BA35220663
  5. ^ a b c d 第5回新市立高校開設準備委員会 次第 (PDF)”. 川口市. 2016年4月7日閲覧。
  6. ^ a b c d 春日部中だより (PDF)”. 春日部市立春日部中学校 (2014年5月). 2016年4月7日閲覧。
  7. ^ 学校案内”. 埼玉県立越ヶ谷高等学校. 2016年4月7日閲覧。
  8. ^ 松木会長の挨拶文”. さいたま市立浦和高等学校同窓会 (2013年11月7日). 2016年4月7日閲覧。
  9. ^ 沿革”. 埼玉県立浦和高等学校. 2016年4月7日閲覧。
  10. ^ 歴代理事長・園長”. 学校法人浦和富士学園. 2016年4月7日閲覧。
  11. ^ 沿革”. 学校法人武南学園. 2016年4月7日閲覧。
  12. ^ 【総務】 1 歴代の県教育委員〔昭和31年10月以降〕 (PDF)”. 埼玉県. 2016年4月7日閲覧。
  13. ^ 社会福祉法人埼玉県共同募金会定款 (PDF)”. 社会福祉法人埼玉県共同募金会 (2015年). 2016年4月7日閲覧。
  14. ^ 下山つとむ『史話童話』育英書院、1925年2月。NCID BN09998237
  15. ^ 下山懋『綴方教育の常道』育英書院、1938年12月。NCID BN04408493
  16. ^ 下山懋『畠山重忠物語』埼玉県立文化会館、1957年3月。NCID BB09408984
  17. ^ 学級文庫 高等科用 後”. 国立国会図書館 (1923年). 2016年4月7日閲覧。
  18. ^ 国語教育 下山懋”. 国立国会図書館 (1934-1941). 2016年4月7日閲覧。
  19. ^ 国語教育 下山つとむ”. 国立国会図書館 (1934-1941). 2016年4月7日閲覧。
  20. ^ コトバ 下山懋”. 国立国会図書館 (1939-1942). 2016年4月7日閲覧。
  21. ^ 日本郷土物語 上”. 国立国会図書館 (1939年). 2016年4月7日閲覧。
  22. ^ 埼玉県文化財保護協会『埼玉の文化財』埼玉県文化財保護協会、1960 - 1964。NCID AN00372035
  23. ^ 川口の文化財”. 国立国会図書館 (1961年). 2016年4月7日閲覧。
  24. ^ 朝霞第三小学校 校歌”. 朝霞市立朝霞第三小学校. 2016年4月7日閲覧。
  25. ^ 校歌”. 小鹿野町立両神中学校. 2016年4月7日閲覧。
  26. ^ 校歌”. 越生町立越生小学校 (2013年4月). 2016年4月7日閲覧。
  27. ^ 校歌紹介”. 春日部市立春日部中学校. 2016年4月7日閲覧。
  28. ^ 校歌”. 神川町立神川中学校. 2016年4月7日閲覧。
  29. ^ 学校紹介”. 川口市立青木中央小学校. 2016年4月7日閲覧。
  30. ^ 安行中学校校歌”. 川口市立安行中学校 (2011年6月16日). 2016年4月7日閲覧。
  31. ^ 校歌”. 川口市立上青木中学校. 2016年4月7日閲覧。
  32. ^ 学校紹介”. 川口市立神根小学校. 2016年4月7日閲覧。
  33. ^ 校歌”. 川口市立川口高等学校. 2016年4月7日閲覧。
  34. ^ 学校要覧 (PDF)”. 川口市立芝西小学校. 2016年4月7日閲覧。
  35. ^ 校歌”. 川口市立芝東中学校. 2016年4月7日閲覧。
  36. ^ 学校戦略”. 川口市立仲町中学校. 2016年4月7日閲覧。
  37. ^ 校歌”. 川口市立鳩ヶ谷小学校. 2016年4月7日閲覧。
  38. ^ 校歌”. 川口市立前川小学校. 2016年4月7日閲覧。
  39. ^ 校歌紹介”. 川越市立川越第一中学校 (2015年1月3日). 2016年4月7日閲覧。
  40. ^ 南古谷小校歌”. 川越市立川南古谷小学校 (2015年1月3日). 2016年4月7日閲覧。
  41. ^ 校歌”. 熊谷市立太田小学校. 2016年4月7日閲覧。
  42. ^ a b c d 学校歌 埼玉県”. 下総音楽事務所. 2016年4月7日閲覧。
  43. ^ 校歌 (PDF)”. 越谷市立蒲生小学校. 2016年4月7日閲覧。
  44. ^ 校歌”. 越谷市立越ヶ谷小学校 (2012年10月1日). 2016年4月7日閲覧。
  45. ^ a b 全国校歌マップ”. 加須市 (2013年1月9日). 2016年4月7日閲覧。
  46. ^ 校訓・校歌”. 埼玉県立岩槻商業高等学校. 2016年4月7日閲覧。
  47. ^ 学校案内”. さいたま市立岩槻小学校. 2016年4月7日閲覧。
  48. ^ 校歌”. さいたま市立岩槻中学校. 2016年4月7日閲覧。
  49. ^ 校歌”. さいたま市立植水小学校. 2016年4月7日閲覧。
  50. ^ 校歌”. さいたま市立馬宮西小学校. 2011年6月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年1月20日閲覧。
  51. ^ 校歌と校章”. さいたま市立大久保小学校. 2016年4月7日閲覧。
  52. ^ 校歌”. さいたま市立太田小学校. 2016年4月7日閲覧。
  53. ^ 学校長あいさつ”. さいたま市立大戸小学校. 2016年4月7日閲覧。
  54. ^ 校歌”. さいたま市立大宮東小学校. 2016年4月7日閲覧。
  55. ^ 校歌、校章”. さいたま市立尾間木小学校. 2016年4月7日閲覧。
  56. ^ 校歌”. さいたま市立片柳小学校. 2016年4月7日閲覧。
  57. ^ 校章・校歌”. さいたま市立上落合小学校. 2016年4月7日閲覧。
  58. ^ 学校案内”. さいたま市立木崎小学校. 2016年4月7日閲覧。
  59. ^ 校歌”. さいたま市立桜木中学校. 2016年4月7日閲覧。
  60. ^ 校歌”. さいたま市立白幡中学校. 2016年4月7日閲覧。
  61. ^ 学校紹介”. さいたま市立仲本小学校. 2016年4月7日閲覧。
  62. ^ 校歌”. さいたま市立日進北小学校. 2016年4月7日閲覧。
  63. ^ 校歌”. さいたま市立日進北小学校. 2016年4月7日閲覧。
  64. ^ 校歌”. さいたま市立原山中学校. 2016年4月7日閲覧。
  65. ^ 校歌・校章”. さいたま市立東岩槻小学校. 2016年4月7日閲覧。
  66. ^ 東浦和中学校校歌”. さいたま市立東浦和中学校. 2016年4月7日閲覧。
  67. ^ 校章・校旗・校歌”. さいたま市立与野東中学校. 2016年4月7日閲覧。
  68. ^ 校歌”. さいたま市立和土小学校. 2016年4月7日閲覧。
  69. ^ 校歌”. 幸手市立幸手中学校. 2016年4月7日閲覧。
  70. ^ 校歌・校旗の制定 (PDF)”. 志木市立志木小学校. 2016年4月7日閲覧。
  71. ^ 校歌”. 志木市立志木中学校. 2016年4月7日閲覧。
  72. ^ 校歌”. 杉戸町立杉戸中学校 (2013年4月17日). 2016年4月7日閲覧。
  73. ^ 校歌”. 秩父市立高篠小学校. 2016年4月7日閲覧。
  74. ^ 校歌”. 秩父市立花の木小学校. 2016年4月7日閲覧。
  75. ^ 校歌”. 秩父市立原谷小学校. 2016年4月7日閲覧。
  76. ^ 学校紹介”. 所沢市立三ヶ島小学校. 2016年4月7日閲覧。
  77. ^ 校歌”. 滑川町立福田小学校. 2016年4月7日閲覧。
  78. ^ 仁手小校歌”. 本庄市立仁手小学校. 2016年4月7日閲覧。
  79. ^ 校歌・校章”. 八潮市立八潮中学校. 2016年4月7日閲覧。
  80. ^ 校歌”. 和光市立大和中学校. 2016年4月7日閲覧。
  81. ^ 校歌”. 蕨市立第一中学校. 2016年4月7日閲覧。
  82. ^ 園歌”. 学校法人浦和富士学園. 2016年4月7日閲覧。
  83. ^ 七郷中学校の歴史”. 嵐山町. 2016年4月7日閲覧。
  84. ^ 校歌”. 所沢市立富岡小学校. 2016年4月7日閲覧。
  85. ^ 大宮市『続大宮市史Ⅰ 現代資料編』大宮市、1989年、127-128頁。NCID BN04123777

関連項目編集