下池山古墳(しもいけやまこふん)は、奈良県天理市成願寺町に所在する墳丘全長約120メートルの前方後方墳。国の史跡に指定されている。大和古墳群に属する古墳時代前期前半の古墳である。

概要編集

 
割竹形木棺
奈良県立橿原考古学研究所附属博物館展示。

1995年平成7年)から1996年(平成8年)にかけて奈良県立橿原考古学研究所により竪穴式石室発掘調査が行われた。多数の板石の用いられた石室は、長さが6.8メートルで、その内部からは木棺とともに鉄製品等が出土している。石室の北西側からは小石室が検出され、その内部で大形の内行花文鏡が発見された。共伴する遺物等より、古墳の造営年代は4世紀前半と推定される。立地や築造時期などから、被葬者は波多子塚古墳に続く系譜の者と見られ、具体的には倭国造五十野宿禰が想定される[1]

2014年(平成26年)10月6日、ノムギ古墳・中山大塚古墳とともに「大和古墳群」として国の史跡に指定された[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宝賀寿男沼津の高尾山古墳の保存問題」『古樹紀之房間』、2015年。
  2. ^ 大和古墳群 - 国指定文化財等データベース(文化庁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集