メインメニューを開く

世にも奇妙な物語 2013年 秋の特別編

0.03フレームの女編集

あらすじ編集

映像編集スタジオに務める日暮美和(夏菜)は、アシスタントの苅谷(宮田俊哉)とともに、とある映画作品の映像にCG処理などの特殊効果を施す仕事に追われていた。深夜に作業をしていた美和は、主演女優が旧家の町並みを歩いているカットの、暗く細い家同士の隙間に女が立っているのを見つけてしまう。女の顔を拡大してみると目と口を大きく開いて叫んでいるうえに、前後のフレームにはこの女は映り込んでいなかった。それから数日後、試写会でその映画を見た周りの人物が次々と死亡していく不可解な現象が起こり…。

キャスト編集

スタッフ編集

水を預かる編集

あらすじ編集

売れない劇作家のユノモトナオヤ(香取慎吾)のもとに、隣人の女子大生・水野(夏帆)が大量のペットボトルに入った水を持って現れ、「水を預かってもらえませんか?」と頼まれる。ユノモトは預かった水を前に、水を預ける理由をめぐってさまざまな推理や妄想を繰り広げる。

キャスト編集

スタッフ編集

人間電子レンジ編集

あらすじ編集

勤続30年でいまだ平社員である営業マンの久米清(志賀廣太郎)は、社内で肩身の狭い思いをしていた。娘の朋美(真野恵里菜)はそんな父を心配し、入れば誰でも心が熱くなるという人間電子レンジこと「ハートレンジ」を購入してくる。

キャスト編集

スタッフ編集

仮婚編集

あらすじ編集

27歳独身で彼氏もいないOLの盛田成美(石原さとみ)は、「仮婚相談員」と名乗る怪しい男・並木(北村有起哉)に「仮婚」というシステムを紹介される。結婚を焦ってはいないが興味はあると思っている女性のために提供される「二日間限定の結婚」であり、三つのプランに分けられている擬似結婚を体験できるのだという。

キャスト編集

スタッフ編集

ある日、爆弾がおちてきて編集

あらすじ編集

予備校生の遠山聡(松坂桃李)のもとに、「人間型の爆弾」を名乗る女の子・パルカ(黒木華)が降ってきた。高校時代の同級生・永峰はるかと瓜二つである彼女は、胸に付いている時計の針が12時をさすと爆発すると主張する。その時計の針は胸のドキドキで進むと言い張るパルカは、聡を強引にデートに誘い出す。

キャスト編集

スタッフ編集

各話リスト編集

話数 サブタイトル 脚本 監督 主演 原作 視聴率
第1話 0.03フレームの女 北川亜矢子 松木創 夏菜 小中千昭 12.6%
第2話 水を預かる 岡めぐみ 石井克人 香取慎吾 淺川継太
第3話 人間電子レンジ 加藤公平 植田泰史 志賀廣太郎 竹本友二
第4話 仮婚 和田清人 元村次宏 石原さとみ -
第5話 ある日、爆弾がおちてきて 城宝秀則 松坂桃李 古橋秀之

注釈編集

  1. ^ 正式タイトルは『世にも奇妙な物語'13秋の特別編』となっている。

外部リンク編集