遠野なぎこ

日本の女優、タレント (1979-)

遠野 なぎこ(とおの なぎこ、1979年11月22日 - )は、日本女優タレント。旧芸名は遠野 凪子

とおの なぎこ
遠野 なぎこ
本名 青木秋美
別名義 遠野 凪子(旧芸名)
生年月日 (1979-11-22) 1979年11月22日(44歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県川崎市
身長 164cm
血液型 O型
職業 女優タレント
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1991年 - 1995年
1998年 -
配偶者 一般男性(2009年5月13日 - 7月23日)
一般男性(元プロボクサー)(2014年5月5日 - 6月28日)[1]
一般男性(2023年2月22日 - 3月7日[2]
事務所 キャストパワー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
日本の黒い夏─冤罪
海は見ていた
テレビドラマ
未成年』 / 『すずらん
冬の輪舞』 / 『麗わしき鬼
 
受賞
日本映画批評家大賞
新人賞

2001年日本の黒い夏─冤罪
山路ふみ子映画賞
新人女優賞

2002年海は見ていた
テンプレートを表示

神奈川県川崎市出身、キャストパワー所属。

来歴

人物

子役として幼い頃からこの仕事を続けている。幼少期から両親による虐待児童虐待)の被害を受けており、そのために言われるがままの子役を続けざるを得なかったところがある。人気子役であったことから中学校でいじめにあったときも、親の言いなりになるしか無かったため、それに耐えて仕事を続けていた[4]。しかし15、16歳の時にドラマ『未成年』の出演をきっかけに、人格崩壊(「人付き合いに対して飽きっぽくなる」「冷めた性格になる」等)が起こり、この時期が我慢の限界であったと語っている。一度は女優という職業に疑問を感じ疲労がたまり休業したが、の中にも自分が演技をしている姿が出てくるようになり「自分は女優しかない」と奮起、復帰したと語った[要出典]

2022年には母が自死。母は、「母親」にはなれずに「女」のまま生きている人であったという。遠野は一度も愛情を受ける事はなかった[5]

20代の頃に家族全員と一旦絶縁したが、母親の死を機に3歳下の弟とだけは再び縁が繋がった[6]

テレビ番組のロケの前日に自殺未遂をして、家で首を吊ったが、滑って落下し、顔まわりが真っ青になった状態で仕事に向かった。そのロケはまさかの健康診断の企画だった。メイクでアザを隠して、うまく編集された事で無事にオンエアされた。遠野は、このロケのことをあまり覚えておらず、スタッフが後日、そのロケ中に遠野が「自殺」という言葉を何度も発していたことが明らかになった[7]

番組の取材で、「唐辛子をサラダにかけ過ぎたり、休日は酒をほぼ1日中飲んでいる」といった偏食傾向およびアルコール依存症であることが分かり、健康被害を及ぼすとして警告を受けたことがある。実際にこれが災いし、シャンプーをした後に抜け毛が多く発生したことが判った他、番組取材で人間ドックに入った際も、「余命7年」と診断されている[要出典]

自伝本を出し過去について告白して以来、「完全ではないが以前よりは良い方向にむかっている。」とブログで語った。しかし過食嘔吐強迫性障害については今現在も投薬治療中で、幼い時に親から「吐いたら太らないから吐け」などと異常な環境でしか生きられなかった環境による虐待にあっていたせいもあり、今も苦しめられ続けている。また幼少の頃からの劣悪な経験が原因で、成人しても様々な病に侵され、世間の偏見差別、苦しみと戦っている。心から愛しているのは茶色いメインクーンの悠くん、黒いノルウェージャン・フォレストキャットの蓮くん。2匹は毎回、遠野のブログ写真で登場している。彼らと一緒に写っている写真だけは自分を醜いとは思わなくて済み、「モンスター」に見えないと語っており心の救いになっている[要出典]

出生名および旧芸名は「青木 秋美」。2度の結婚を経験したが、1度目の結婚生活は72日間、2度目の結婚生活はわずか55日間で、芸能人では最短である。2度目の離婚後は新しく戸籍を取得し、元夫の姓を名乗り、元夫とは「交際中」である。事実婚(戸籍名は既に元夫の名前なので夫婦別姓ではない)になるために「任意後見契約」を結ぼうとしているとしている[8]2023年2月22日、3度目の結婚をしたが、2週後の3月7日に離婚した[2]。その後も付き合っては別れての恋愛遍歴を持つ[9]

出演

テレビドラマ

青木秋美 名義

遠野凪子 名義

遠野なぎこ 名義

バラエティ

遠野凪子 名義

遠野なぎこ 名義

DVD

  • 『気になるメチル水銀』DVD (内閣府食品安全委員会、制作:NEP、2006年)

映画

舞台

CM

コンサート出演

著作書籍

  • 一度も愛してくれなかった母へ、一度も愛せなかった男たちへ(2013年、ブックマン社)2016年に新潮社より文庫化
  • 摂食障害。食べて、吐いて、死にたくて。(2014年、ブックマン社)

脚注

注釈・出典

関連項目

外部リンク