メインメニューを開く

世持 桜(よもち さくら、1992年4月10日 - )は、日本八重山民謡の女性歌手三線を奏でながら民謡や沖縄音楽を伝統的な歌唱法で歌うのを得意とする。

世持桜
生誕 (1992-04-10) 1992年4月10日(27歳)
出身地 日本の旗 日本沖縄県石垣市
ジャンル 民謡J-POP
職業 歌手
担当楽器 三線ボーカル
活動期間 2014年 -
レーベル 世持

目次

概要編集

石垣島の東南部に位置する白保出身。白保は八重山民謡、舞踊の継承に熱心な地区で、多くの児童、生徒が民謡や舞踊の手ほどきを受けており、また、成人式には成人となる者が全員で伝統芸能を披露し、親戚や地区の人たちに感謝を示す伝統がある[1]大島保克迎里計らも白保の先輩歌手。

2006年、14歳で八重山古典民謡保存会師範横目博二に師事。翌年、2007年には八重山古典民謡コンクール新人賞、2008年に同優秀賞、2015年に同最優秀賞を受賞した。

石垣市内の高校を卒業後に上京、専門学校を卒業して、介護福祉士として働いた後[2]2014年から本格的に音楽活動を行い、現在は関東地方を中心に積極的に沖縄料理店、沖縄関連イベント、ライブハウス等で活動を行っている。妹(世持芹)と、2人の弟(世持鍊、世持瑠)もCDで三線太鼓カホンギターベースギターなどの演奏を分担しており、姉妹(弟)でステージに立つことも多い。なお、ネーネーズの第5期メンバー世持葵は従姉妹にあたる。

経歴編集

CD編集

ミニアルバム編集

  • 『世かる日』(2016年7月22日発売、YMC-001)
  1. 胡蝶の唄(八重山民謡はびる節
  2. あるぃからありおーる(八重山民謡月ぬ美しゃ
  3. その日まで(作詞:世持桜、作曲:世持鍊)
  4. えんどうの花(作詞:金城栄治、作曲:宮良長包
  • 『ゆくい』(2017年10月22日発売、YMC-002)
  1. 白保節(八重山民謡)
  2. 三線の音(しゃみのね)(作詞、作曲:カワミツサヤカ)※2019年3月デジタル配信開始。
  3. 夏花(八重山民謡)
  4. あの場所で(作詞:世持桜、作曲:世持鍊)

参加作品編集

DJ SASA with ISLAND SOULS編集

脚注編集

  1. ^ 「20年間ありがとう」 石垣・白保 新成人が感謝の言葉” (日本語). 琉球新報 (2013年1月8日). 2017年10月22日閲覧。
  2. ^ a b 東京で八重山民謡披露 白保出身の世持さんら” (日本語). 八重山日報社 (2014年4月16日). 2017年10月22日閲覧。
  3. ^ 八重山古典民謡コンクール 74人が晴れの栄冠” (日本語). 株式会社八重山毎日新聞 (2015年6月16日). 2017年10月22日閲覧。
  4. ^ 石垣島出身唄者 世持桜!初ワンマンライブ10月22日(日)開催!” (日本語). Habu-connection (2017年). 2017年10月22日閲覧。
  5. ^ 【人たらしの極意】底抜けに明るい!世持桜、残暑吹き飛ばす沖縄の女性唄者” (日本語). 産経新聞社(zakzak by 夕刊フジ) (2017年8月24日). 2017年10月22日閲覧。

外部リンク編集