メインメニューを開く
日本 > 静岡県 > 静岡市 > 葵区 > 両替町

両替町(りょうがえちょう)は、静岡市葵区の地名のひとつ。

両替町
両替町二丁目(2018年8月25日)
両替町二丁目(2018年8月25日)
両替町の位置(静岡県内)
両替町
両替町
両替町の位置
北緯34度58分28.93秒 東経138度22分47.36秒 / 北緯34.9747028度 東経138.3798222度 / 34.9747028; 138.3798222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Shizuoka Prefecture.svg 静岡県
市町村 Flag of Shizuoka, Shizuoka.svg 静岡市
葵区
人口
2018年(平成30年)9月30日現在)[1]
 • 合計 488人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
420-0032[2]
市外局番 054 (静岡MA)[3]
ナンバープレート 静岡
昭和8年(1933年)頃の「両替町の町飾り」[4]
両替町一丁目にある、駿府銀座跡碑

江戸時代から続く町名の一つで、一丁目から六丁目までの6町からなっていたが、1940年静岡大火後の町名整理により、旧・一丁目から三丁目が現・一丁目、旧・四丁目から六丁目が現二丁目の2町に改められた。なお、一丁目と二丁目は接しておらず、間に七間町が入っている。

目次

歴史編集

両替町の地名は、慶長11年(1606年)、徳川家康によって銀貨鋳造所(銀座)が旧二丁目付近に設置されたことに由来する。この「両替」とは、銀座の業務として灰吹銀を買い入れ公鋳の丁銀と引き換えることである。また、この銀貨鋳造所の周辺には両替商が集積していた。家康が隠居した後の1612年、この銀貨鋳造所は駿府から江戸に移転した。この江戸に移転した銀貨鋳造所が置かれた土地が、東京都銀座である。東京都の銀座は、江戸時代(特に慶長から寛永にかけて)には「新両替町」と呼ばれていた。銀貨鋳造所は京都にも置かれており、ここにも両替町の地名が残っている。

現在の静岡市の両替町(特に静岡駅に近い二丁目付近)は、静岡県最大の歓楽街となっている。


世帯数と人口編集

2018年(平成30年)9月30日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
両替町一丁目 283世帯 417人
両替町二丁目 38世帯 71人
321世帯 488人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番・番地等 小学校 中学校
両替町一丁目 全域 静岡市立葵小学校 静岡市立城内中学校
両替町二丁目 全域

その他編集

日本郵便編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 静岡市の人口・世帯” (日本語). 静岡市 (2018年11月12日). 2018年12月11日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年12月8日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年12月11日閲覧。
  4. ^ 『写真集 明治大正昭和 静岡』ふるさとの想い出 13、小川龍彦著、図書刊行会、昭和53年、国立国会図書館蔵書、2019年3月22日閲覧
  5. ^ 静岡市立小・中学校通学区域表”. 静岡市. 2018年12月11日閲覧。
  6. ^ 郵便番号簿 平成29年度版 - 日本郵便. 2018年12月11日閲覧 (PDF)