中古中国語

中古漢語から転送)

中古中国語(ちゅうこちゅうごくご)または中古漢語(ちゅうこかんご)は、4世紀頃 - [1]中国語である。切韻によって知られる。

中古中国語
中古漢語
漢語 hɑnH ŋɨʌX
Lanting rubbing1.jpg
話される国 中国
話者数
言語系統
初期形式
表記体系 漢字
言語コード
ISO 639-3 ltc
Linguist List ltc
Glottolog midd1344
テンプレートを表示

特徴編集

  • 2音節の熟語が発達した[1]
  • 動詞活用が消滅し始め、孤立語的な特徴を帯びるようになる。
  • 漢字の字体が統一され、規範的な字書が作られた[2]。また、科挙試験によって、発音、字体、文法など、規範的な言語の使用が促進された。
  • 李白杜甫韓愈などの詩人文人を輩出した。

音韻編集

脚注編集

  1. ^ a b 「中国語学概論 改訂版」p14 王占華・一木達彦・苞山武義編著 駿河台出版社 2004年4月10日初版発行
  2. ^ 「中国語の歴史 ことばの変遷・探求の歩み」(あじあブックス)p31-34 大島正二 大修館書店 2011年7月20日