メインメニューを開く


中川 良一(なかがわ りょういち、1913年大正2年)4月27日1998年平成10年)7月30日)は、日本の航空技術者、自動車技術者。

中川 良一
Ryoichi Nakagawa (Nakajima AIrcraft Company) at the age of 26.jpg
中川良一(26歳当時)
生誕 1913年4月27日
東京府(現・東京都
死没 (1998-07-30) 1998年7月30日(85歳没)
国籍 日本の旗 日本
教育 東京帝国大学
父: 中川正左
業績
専門分野 機械工学
所属機関 自動車技術会
勤務先 中島飛行機
プリンス自動車工業
日産自動車
東京大学工学部(講師)(1954年~1965年)[1]
設計 誉エンジン
成果
受賞歴 日本自動車殿堂 殿堂者(2018年)[1]

経歴編集

東京府(現・東京都)に鉄道官僚中川正左の長男として生まれる。1936年昭和11年)に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業後、中島飛行機に入社。栄エンジンの20型以降への改良に従事し、誉エンジンの設計主任を務めた。

1945年(昭和20年)、終戦により、連合軍総司令部(GHQ)命令により航空機産業は禁止され、12社に解体された旧中島飛行機の一つである富士精密工業(のちのプリンス自動車工業)にて、自動車技術者としての第二の人生を開始し、特に「エンジン屋」として、プリンス技術部門を統括していく事となる。

1961年(昭和36年)、工学博士(東京大学)[1]

1966年(昭和41年)8月、プリンス自動車工業は日産自動車に吸収合併される。

1969年(昭和44年)、日産自動車専務。のちに自動車技術会会長を務める。

1998年(平成10年)7月30日、死去。

関連項目編集

出典編集

参考文献編集

  • 『航空機から自動車へ : 一内燃機関技術者の回想』 中川良一著 日本機械学会 1982年2月5日 doi:10.1299/jsmemag.85.759_214
  • 『悲劇の発動機「誉」‐天才設計者中川良一の苦闘』 前間孝則著 草思社 2007年7月31日 ISBN 978-4-7942-1513-0
  • 『プリンス自動車の光芒』 桂木洋二著 グランプリ出版 2003年10月22日 ISBN 4-87687-251-1


先代:
齋藤尚一
自動車技術会会長
第10代:1972年 - 1975年
次代:
豊田章一郎