中村進午

中村 進午(なかむら しんご、明治3年7月21日1870年8月17日) - 昭和14年(1939年10月21日)は、新潟県出身の国際法学者

略歴編集

高田藩士中村九朗の三男として生まれる。ドイツイギリスフランス各国に留学して、国際法、外交史等を研究する。拓殖大学学習院早稲田大学などの教授を歴任した。外交史、国際法に関する著書も多い。

日露開戦の直前、他の六人の博士とともに政府の対ロシア外交を非難して、日露戦争の開戦を主張したことで知られる(七博士建白事件)。

千葉県一宮町老女子に別荘を所有した。酒好きが高じて胃潰瘍で倒れ、昭和14年(1939年)10月、70歳で亡くなった。

主な著書編集

  • 「講和類例」
  • 「国際法公論」
  • 「新条約論」
  • 「マルテンス国際法(上・下)」

関連項目編集


先代:
小川郷太郎
拓殖大学学監
第5代: 1928年 - 1939年
次代:
宮原民平