メインメニューを開く

中田 吉雄(なかた よしお、明治39年(1906年10月30日 - 昭和60年(1985年5月1日)は日本政治家。元参議院議員(社会党)。

中田 吉雄
なかた よしお
生年月日 1906年10月30日
出生地 鳥取県八頭郡若桜町根安
没年月日 (1985-05-01) 1985年5月1日(78歳没)
出身校 京都帝国大学農学部
(現・京都大学
前職 東亜研究所勤務
若桜町農業会専務理事(以降農業関係の役職を歴任)
所属政党 日本社会党
配偶者 妻・中田正子(弁護士)

在任期間 1947年5月 -

在任期間 1950年6月 - 1965年6月
テンプレートを表示

妻は日本初の女性弁護士で、鳥取県弁護士会長、日本弁護士連合会理事などを歴任した中田正子[1]

経歴編集

鳥取県八頭郡若桜町根安出身[2]。竹次郎の長男[3]

1933年京都帝国大学農学部農林経済学科卒[4]1938年東亜研究所勤務、1945年若桜町農業会専務理事(以降農業関係の役職を歴任)、1947年4月鳥取県議会議員当選、1947年5月鳥取県議会議長[4]

1950年6月参議院議員(第2、3、5回通常選挙当選)、1954年参議院地方行政委員長、1955年日本社会党参議院副会長(1959年6月の第5回通常選挙では39票差で当選[4]。次点者(宮崎正雄)より当選無効訴訟を提起、広島高裁松江支部での当選無効判決を経て1961年12月最高裁が高裁への差戻判決、1963年3月中田の勝訴判決確定)[4]

1965年6月参議院議員引退[4]1974年5月全国中小商工業団体連合会常任理事[4]1985年5月1日死去[4]

脚注編集

外部リンク編集