メインメニューを開く

中田 正子(なかた まさこ、明治43年(1910年12月1日[1] - 平成14年(2002年10月15日)は、日本弁護士。日本初の女性弁護士の一人で、鳥取県弁護士会長、日本弁護士連合会理事などを歴任した[2]。夫は中田吉雄社会党参院議員[2]旧姓は田中[3]

なかた まさこ
中田 正子
Nakata Masako.JPG
昭和29年(1954年)頃
生誕 田中正子
(1910-12-01) 1910年12月1日
東京市小石川区
死没 (2002-10-15) 2002年10月15日(91歳没)
鳥取県鳥取市
国籍 日本の旗 日本
職業 弁護士

経歴編集

生い立ち編集

 
女学校時代の正子

明治43年(1910年)、東京市小石川区(現・東京都文京区)に生まれた[4][5]。父田中國次郎は憲兵少佐[6]職業軍人の傍らシェークスピアを原語で読む好学の士であり、正子はこのような父の影響を受けて育った[7]

学生時代編集

女子師範附属小学校、東京府立第二高等女学校を経て、女子経済専門学校へと進んだ[5][7][8]。同校在学中は新渡戸稲造吉野作造我妻栄(当時の民法学の権威)らに学び、このことがきっかけで法律の道を志したという[3]。学問の講究を望んだ正子は、昭和6年(1931年)に日本大学法学部選科生として入学[8][9]、昭和9年(1934年)に同課程を修了し、同年に明治大学専門部女子部3年次に編入学した[9][10]。昭和10年(1935年)に同部を卒業して同法学部へと進学する[9]。在学中の昭和12年(1937年)、正子は高等文官司法科試験を受験して、女性初となる論述試験合格者となったが口述試験では不合格となった[11]。翌昭和13年(1938年)に再び同試験に挑み、久米愛三淵嘉子と共に女性初となる合格者となった[4][5][11][12]。3名の女性合格者はいずれも明大女子部及び同法学部の出身者であった[4][11]

弁護士として編集

昭和14年(1939年)に中田吉雄と結婚する[4]。昭和15年(1940年)、弁護士試補試験に合格、遂に正式な弁護士となった[9]。正子は30歳となっていた[4]。東京丸の内岩田宙造法律事務所に在籍して弁護士活動を始める[13]。同年、正子は雑誌『主婦之友』や明治大学専門部女子部において女性を対象とした法律相談を受け持った。これは女性を護りたいという気概から来るものであった[13][14]。夫の吉雄は出身地である鳥取県八頭郡若桜町に結核療養の為に移住し、昭和20年(1945年)に正子も吉雄の実家へと疎開した[4][12][13][15]。昭和23年(1948年)に鳥取県弁護士会に加入、若桜町を中心として活動する[15]。昭和25年(1950年)には鳥取市馬場町に法律事務所を開業した[4][12]。在職中はともに女性初となる鳥取県弁護士会会長や日本弁護士連合会理事を昭和44年(1969年)に務めた。また、鳥取家庭裁判所調停員、同参与、労働省から委嘱された鳥取機会均等調停委員も務め[14][16]、62年余りに亘り弁護士活動を続けた[17]。昭和49年(1974年)に藍綬褒章、昭和56年(1981年)に勲四等瑞宝章が授章された[5][12][18]

平成14年(2002年10月15日心不全のため鳥取市の病院で死去した[2]。91歳歿[2]

人物像編集

正子の長女は正子に「なぜ、弁護士になったの?」と問かけると正子は照れながら「失恋したから男性をやっつけてやろうとか、そんなはっきりした動機はなかったの[7]。学問的興味で試験を受けたら合格しちゃったのよ[7]。」と答えたという。

正子は江戸時代から続く武家屋敷旧岡崎邸に暮し、この貴重な歴史遺産を今に伝える上で大きな役割を果たしたことでも有名である[3]。旧岡崎邸を所有している不動産業者が建物を取り壊し更地にしようとしたところ、そこで暮す正子が居住権を楯に頑として認めなかったという[3]

正子の父田中国次郎[6]は鳥取県汗入郡福頼村(現在の米子市淀江町)出身であり、平成18年(2006年)に鳥取市歴史博物館で開催した展覧会「日本初の女性弁護士 中田正子」および「若桜町巡回展」に続き、平成19年(2007年)4月25日~5月28日迄米子市淀江町の米子市淀江歴史民俗資料館にて、上記展覧会が開催された[17]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 中田正子”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 講談社 (2015年9月). 2018年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  2. ^ a b c d “中田正子さんが死去 日本初の女性弁護士”. 共同通信. 47NEWS. (2002年10月15日). オリジナルの2013年4月30日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/WShIM 2018年11月20日閲覧。 
  3. ^ a b c d 日本初の女性弁護士・中田正子”. メールマガジンとっとり雑学本舗. 第553号(2006年04月14日)「きょうの鳥取県」より. 鳥取県 (2006年4月14日). 2013年5月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g 山泉進 (2010年). “日本初の女性弁護士・中田正子”. 学長スタッフページInformation. 明治大学. 2013年4月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  5. ^ a b c d 阿部(2011年)187頁
  6. ^ a b 田中国次郎”. 鳥取県郷土人物文献データベース. 鳥取県立図書館. 2013年5月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  7. ^ a b c d 春名健吾 (2002年11月24日). “追悼抄 日本初の女性弁護士 中田 正子さん(10月15日、心不全で死去、91歳)”. 読売新聞. オリジナルの2013年4月23日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/jliXb 2018年11月20日閲覧。 
  8. ^ a b 阿部(2011年)189頁
  9. ^ a b c d 明治大学図書館「関係年表」『第38回明治大学中央図書館企画展示 中田正子展-明治大学が生んだ日本初の女性弁護士-』明治大学図書館、2010年。
  10. ^ 阿部(2011年)191頁
  11. ^ a b c 阿部(2011年)193頁
  12. ^ a b c d 日本初の女性弁護士 中田正子”. インターネットミュージアム. 丹青社 (2006年). 2018年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  13. ^ a b c 阿部(2011年)194頁
  14. ^ a b 阿部(2011年)199頁
  15. ^ a b 阿部(2011年)195頁
  16. ^ 阿部(2011年)200頁
  17. ^ a b 日本初の女性弁護士 中田正子”. 山陰のまいぷれ. 米子・境港エリア版. フューチャーリンクネットワーク (2007年5月11日). 2013年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年11月20日閲覧。
  18. ^ 阿部(2011年)197頁

参考文献編集

  • 阿部裕樹「展覧会記録 (PDF) 」 『明治大学史資料センター報告』第33巻、明治大学史資料センター、2011年5月30日、 167-201頁、 ISSN 13498843

関連項目編集

外部リンク編集