メインメニューを開く

中野 新治(なかの しんじ、1947年1月18日[1] - )は、日本近代文学研究者、梅光学院大学特任教授[2]学校法人梅光学院第8代学院長(2010年 - 2016年)。山口県下関市唐戸生まれ。

中野 新治
(なかの しんじ)
生誕 (1947-01-18) 1947年1月18日(72歳)
日本の旗 日本 山口県下関市唐戸
居住 日本の旗 日本 兵庫県西宮市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 文学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

関西学院大学文学部日本文学科卒、同大学院文学研究科博士課程単位取得退学(1978年)。文学修士(関西学院大学)。元梅光学院大学学長、元梅光学院中学校・高等学校学校長、前梅光学院大学学院長。学校法人梅光学院学事顧問(2017年4月~)。

主として宮沢賢治を研究。第5回宮沢賢治賞奨励賞を受賞(1995年)[3]

日本キリスト教文学会役員、日本文藝學会理事、日本近代文学会会員、宮沢賢治学会会員、梅光学院大学日本文学会会員。

著書編集

参考編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.268
  2. ^ 専任教員紹介”. 梅光学院大学. 2019年9月6日閲覧。
  3. ^ 宮沢賢治賞