梅光学院中学校・高等学校

山口県下関市にあるプロテスタント教育を行う私立高等学校

梅光学院中学校・高等学校(ばいこうがくいんちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、山口県下関市丸山町二丁目にある私立中学校・高等学校。日本で6番目に創設されたミッションスクールであり設置者は学校法人梅光学院、現校長は樋口紀子

梅光学院中学校・高等学校
Baiko Jogakuin HS (Shimonoseki).JPG
過去の名称 スタージェス・セミナリー
下関梅光女学院
梅光女学院
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人梅光学院
併合学校 広陵女学校
梅香崎女学校
光城女学院
校訓 Ut Filli Lucis Ambulate
(光の子として歩みなさい)
設立年月日 1872年
創立記念日 6月5日
創立者 ヘンリー・スタウト
エリザベス・スタウト
共学・別学 男女共学(中学校)
男女共学(高等学校)
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
設置学科 普通科
音楽科
学期 3学期制
高校コード 35516A
所在地 750-0019
山口県下関市丸山町二丁目9番1号

北緯33度57分27.9秒 東経130度56分2.5秒 / 北緯33.957750度 東経130.934028度 / 33.957750; 130.934028座標: 北緯33度57分27.9秒 東経130度56分2.5秒 / 北緯33.957750度 東経130.934028度 / 33.957750; 130.934028
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
梅光学院中学校・高等学校の位置(山口県内)
梅光学院中学校・高等学校

校訓編集

Ut Filli Lucis Ambulate

(光の子として歩みなさい)

エフェソの信徒への手紙5章8節

概要編集

キリスト教宣教師によって設立された学校であるため、キリスト教を用いた教育が行われ、毎朝、礼拝が行われるのが特徴。

授業は週5日制。また土曜日は「自主活動」とし、月に2回以上自主学習、クラブ活動、生徒会活動をする。

生徒の中には、海外にホームステイや海外留学する者もいる。なお、同一敷地内(同一校舎内)の梅光学院高等学校へは原則として進学でき、一部の部活などは高校とも連携、教員も中高を兼任する。

現在はキリスト教主義プロテスタント)に基づく教育が行われている。英語に重点を置いた教育を行っている[要出典]

生徒一人一人がタブレット(iPad)を持ち、ICT教育へも力を注ぐ[要出典]

2015年、関西学院大学との間に山口県内初となる協定校調印を行い、推薦入学の枠は理工学部、教育学部を始め11学部19名を持つ。また2016年、明治学院大学との間に協定校調印を行い、推薦入学の枠は6学部15学科の合計5名。

制服編集

梅光学院中学、高校は、キリスト教教育に基づく自由な校風であるが、制服は指定である。

現在編集

  • 冬季
    • 男子 紺学生服・指定長袖カッターシャツ・黒の単色ベルト
    • 女子 紺セーラー
  • 夏季
    • 男子 指定半袖カッターシャツ
    • 女子 白セーラー
  • カバン
    • 学校指定のカバン
    • 補助として他のも使用して良い
    • 通学靴 学校指定のもの
    • 上靴 市販のもので、つま先部分が青色のもの
    • 体育館シューズ 学校指定のもの
    • 運動靴 白のシューズ

  制服以外は2018年からも同じである

沿革編集

梅香崎女学校
 
東山学院 旧スチイル記念学校 スタージェス・セミナリー 手彩色絵葉書
  • 1887年(明治20年)9月 - 大浦東山手に「梅香崎女学校」が開校。
  • 1890年(明治23年) - 齋藤實徳が初代日本人校長に就任。
光城女学院
梅光女学院
  • 1914年 - 梅香崎女学校と光城女学院の合併校として下関梅光女学院が誕生。(「梅光」の名は両校から1文字ずつ取って命名された)。
  • 1941年 - 財団法人下関梅光女学院設立。
  • 1945年 - 戦災により、その校舎のほとんどが焼失するが生徒、父母、同窓生のほか米国キリスト教信徒の献金により復興が進む。
  • 1951年 - 学校法人梅光学院設立。校名を梅光女学院中学校・高等学校とする。
  • 1974年 - 高等学校音楽科開設。
  • 1983年 - 広津藤吉記念図書館完成
  • 2000年 - マッケンジー館完成
梅光学院
  • 2001年 - 法人名を梅光学院と改称
  • 2010年 - 新館完成(1F山田宏記念ホール完成)
  • 2012年 - 男女共学開始(中学1年より順次実施)。 学校名を梅光学院中学校・高等学校と改称。
  • 2014年 - 下関開学100年記念式典。
  • 2015年 - 高等学校も男女共学となる。

長崎の創立後、当時の男子部が明治学院(吸収合併)へ、女子部は現在の梅光学院のため両校は親交が深い。

施設・設備編集

  • 広津信二郎記念講堂 - 地上3階建 また3階にはピアノ練習室がある。
  • 本館 - 地上3階建 高校生が使用。
  • 新館 - 地上3階建 中学生が使用。
  • マッケンジー館 - 地上2階建 1階マルチメディア教室、2階マッケンジーホール
  • 廣津藤吉記念図書館 - 地上2階建 約5万冊蔵書 国内でも珍しい教室棟とは別の建物。
  • 体育館 - 地上2階建
  • 体育倉庫 - 地上2階建 1階は体育倉庫、更衣室。2階は体育教官室、男子更衣室。
  • テニスコート - 2面ある。テニス部または授業で使用。
  • 別館 - 別名「旧寮」 現在は立ち入ることができない。
  • 生活館 - 主に美術の授業、また美術部が使用。
  • 記念館 - 唯一この建物だけが下関空襲から逃れた。梅光学院で現存する一番古い建物。ミュージカル部が使用。また、映画「隣人のゆくえ」で使用された。

設置学科・コース編集

  • 中学校
    • コース
      • アドバンストクラス(2016年度より)
      • スタンダードクラス
    • 特別課程(任意)
      • 数学特別課程
      • 英語特別課程
      • 音楽特別課程
  • 高等学校
    • 全日制課程
      • 普通科 αコース
      • 普通科 βコース
      • 音楽科

年間行事編集

  • 4月

 *入学式 *オリエンテーションキャンプ・修養会(かつては中1のオリエンテーションキャンプと高1の修養会は別々だったが現在は同時に行う) *イースター礼拝

  • 6月

 *高校音楽科定期演奏会(高校音楽科のみ) *創立記念式典 *花の日礼拝 *体育祭(運動会)

8月

 *四校試合

  • 9月

 *梅光祭(文化祭)・合唱祭

  • 10月

 *特活week

  • 11月

 *収穫感謝礼拝 *ジュニアコンサート(中学音楽課程のみ) *ツリー点灯式

  • 12月

 *クリスマス礼拝

  • 1月

 *オーストラリア修学旅行(中学三年生のみ)*ニュージーランド3ヶ月留学(中学3年生希望者・高校I年生希望者のみ) *卒業演奏会(高校音楽科III年生のみ)

  • 2月

 *卒業礼拝

  • 3月

 *中学校学習発表会(中学のみ) *生徒総会 *卒業式 *オーストラリア研修 修学旅行(中学3年生のみ) *ウィーン研修旅行(高校生音楽科1・2年生 隔年)

基本的には中学、高校同時に行われる。 2014年度から2016年度まで体育祭と梅光祭が入れ替わっていた。(現在は体育祭6月、文化祭9月) 修学旅行は卒業式の後、春休みに行われる。中高一貫校ならではのことである。

クラブ活動編集

運動部編集

 *バスケットボール部 *テニス部 *ハンドボール部 *サッカー部(2016年度新設)

文化部編集

 *合唱部 *ハンドベル部 *吹奏楽部 *演劇部 *科学部 *書道部 *茶道部 *イングリッシュクラブ *美術部 *ミュージカル部(女子のみ) *軽音楽部(高校のみ) *読書部(中学のみ)

※強制ではないがほとんどの人が入部している。

※合唱部は山口県内のコンクールで金賞、銀賞などを受賞する県内強豪校で、中国大会などにも出場している。

男女共学化編集

2011年(平成23年)6月13日、設置者である学校法人梅光学院より、中学・高校を男女共学化させ、校名を梅光学院中学校・高等学校に改めることが発表された。学年ごとに共学化させていく方針で、中学校が2012年度から、2015年度から高校が男子生徒の募集を開始した。共学化の背景には、約10年前から入学者の定員割れが続いており、生徒の確保が課題となっていたことがあるが、女子の進路も多様化した現在、男子も受け入れることで教育の充実をはかる狙いもあるという[1]。また、中学校の共学化に合わせて高校は英語科を募集停止し、普通科と音楽科の2科制に移行[2]

中学・高校の共学化によって、梅光学院の設置校は全て共学校となる。

不祥事編集

2015年10月下旬、財政難を理由として40歳以上の中学校・高校の教員11名を対象に希望退職の募集が行われたが、想定人数に及ばなかったため、ブレインアカデミー社による「再就職斡旋の説明会」が行われた[3]。具体的には、40歳以上の教員21人(常勤、非常勤講師を除く)に対して希望退職を募ったという[4]西條浩によって行われた説明会では、「人の目を見て話聞けよ!」「その目はなんだ!」という罵倒、特定の教員に狙いを定めた個人攻撃や人格否定といったパワハラが行われた[3]。このパワハラが複数回に及んだ結果、梅光中学校・高校では正規教員の半数が退職し、来年度の授業体制が組めなくなった[3]。この事態を受けて、2016年には有志が「梅光の未来を考える会」を設立し、本間政雄の退任と経営方針の転換を求める約1万6000人の署名を学院側に提示した[4][5][6]。しかし、経営陣は応じることなく、これ以降も不祥事が相次いでいる。

2017年には、非常勤講師が教員免許を持たずに授業を行う、英語の担当教員が出張中に教員免許を持たない事務長が授業を行うといった実態が発覚し、在学生は追加で補講を受ける必要性が生じた[7]2018年にも社会科の非常勤講師の教員免許不所持が明らかとなり、在学生に補講の必要性が生じた[8]

2017年(平成29年)12月5日の第195回参議院文教科学委員会において、自由民主党江島潔は梅光学院中学校・高等学校について、オンヌリ教会が梅光学院の中心的な存在となっている、宗教の時間で進化論を否定するなど学習指導要領から逸脱した教育を行っている、就学支援金制度の支援額分の学費を値上げしていると明らかにした[9]。また、梅光学院の制服変更の際、保護者会や同窓会への問い合わせがなかったことに「愕然とした」と発言した[9]。江島によれば、これらの出来事は全て大学マネジメント研究会本間政雄が理事長に就任してから起こった出来事だという[9]。梅光学院側は江島の質問に一切回答していない。

著名な出身者編集

系列校編集

交通編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『朝日新聞』(下関)2011年6月14日朝刊、第31面「梅光女学院、共学へ 少子化・社会環境変化 中学は来年度、高校15年度」
  2. ^ 男女共学について2011年8月10日閲覧。
  3. ^ a b c 梅光学院騒動の真相に迫る なぜ14人の教師は辞めたか” (日本語). 長周新聞. 長周新聞社 (2016年3月18日). 2020年11月21日閲覧。
  4. ^ a b 梅光学院:理事長退任求め署名提出 教員や同窓生の会 /山口 - 毎日新聞”. archive.is (2016年4月29日). 2020年11月21日閲覧。
  5. ^ 梅光学院の学校崩壊問題。教師大量解雇そして理事長退任要求署名1万6千筆” (日本語). Togetter. 2020年11月21日閲覧。
  6. ^ “理事長退任求め署名提出 教員や同窓生の会 /山口” (jp). Mainichi Daily News. (2016年3月17日). https://mainichi.jp/articles/20160317/ddl/k35/040/411000c 2020年11月21日閲覧。 
  7. ^ 教員免許ない事務長が授業 「梅光は大丈夫なのか?」の声” (日本語). 長周新聞 (2017年7月24日). 2020年11月21日閲覧。
  8. ^ 梅光学院中・高校 またも教員免許持たぬ事態が発覚 中学3年生は20時間の補習に” (日本語). 長周新聞 (2018年7月3日). 2020年11月21日閲覧。
  9. ^ a b c 国会会議録検索システム”. kokkai.ndl.go.jp. 2020年11月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集