メインメニューを開く

挙国一致内閣(きょこくいっちないかく)とは、大規模な戦争経済恐慌といった国家の危機や政党内閣の危機に際して、対立する政党をも包含して作られた内閣をいう。協力内閣(きょうりょくないかく)や、大連立内閣(だいれんりつないかく)とも呼ばれる。

目次

概要編集

各国の例を挙げると、日本では軍部出身者を内閣総理大臣として擁立した1932年斎藤実内閣や1934年岡田啓介内閣が有名である。この両内閣は政党内閣ではないが軍部内閣でもなく純粋な超然内閣でもないとして「中間内閣」とも呼ばれた。また、1940年10月12日から1945年6月13日まで存在した大政翼賛会に支えられた内閣も挙国一致内閣に分類される。

イギリスでは第一次世界大戦中に成立した第2次アスキス内閣[1]ロイド・ジョージ内閣、世界恐慌対策として1931年のマクドナルド内閣[2]が有名である。他、チャーチル第二次世界大戦の間、保守党労働党自由党というほぼ全政党による挙国一致内閣を組織した[3]

ドイツにおいては、第一次世界大戦中に党派争いが停止されて全党派が政府の戦争遂行を支持する「城内平和」と呼ばれる挙国一致体制が構築された[4]。同時期フランスにおいても「神聖なる団結(ユニオン・サクレ)」という名前で同様の挙国一致体制が築かれた[4]。第一次世界大戦後のドイツは選挙制度が比例代表制だったため、そもそも連立が前提となっていたが、とりわけ1923年にはハイパー・インフレの危機からドイツ国家人民党ドイツ共産党の左右両極を除いた全党派が参加・支持する挙国一致的なシュトレーゼマン内閣が成立した[5]

脚注編集

参考文献編集

  • ベッケール, ジャン=ジャック、クルマイヒ, ゲルト『仏独共同通史 第一次世界大戦(上)』剣持久木西山暁義訳、岩波書店、2001上。ISBN 978-4000237963
  • 中村祐吉『イギリス政変記 アスキス内閣の悲劇』集英社、1978年。ASIN B000J8P5LC
  • バトラー, デヴィッド『イギリス連合政治への潮流』飯坂良明岡沢憲芙福岡政行川野秀之訳、東京大学出版会〈UP選書205〉、1980年。ASIN B000J8AD6E
  • 林健太郎『ワイマル共和国 :ヒトラーを出現させたもの』中公新書、1963年。ISBN 978-4121000279
  • 松村赳富田虎男『英米史辞典』研究社、2000年。ISBN 978-4767430478


関連項目編集