メインメニューを開く

九州産交バス光の森営業所

九州産交バス光の森営業所(きゅうしゅうさんこうバスひかりのもりえいぎょうしょ)は、九州産交バスの営業所の一つ。熊本都市圏路線バス網再編に伴い、2015年12月1日大津営業所から移転・新設された。

所在地編集

光の森営業所

  • 熊本県菊池郡菊陽町大字津久礼字下沖野3013-1
    • 併設バス停:光の森産交
    • パーク&バスライド
      • 定期券購入及びバス利用者(光の森産交発)のための駐車場(40台収容)及び駐輪場(20台収容)。
場所柄、光の森地区に隣接しており、JR豊肥本線光の森駅ゆめタウン光の森方面へも徒歩圏内である。

大津車庫(旧:大津営業所)

  • 熊本県菊池郡大津町吹田1108
    • 併設バス停:大津産交
    • パーク&バスライド
      • バス利用者(大津産交発)のための駐車場(10台収容)。
光の森に移転した後も一部車両と乗務員は引き続き駐在している

かつて大津営業所管轄時代には北区武蔵ヶ丘2丁目に駐在車庫(武蔵ヶ丘車庫)が存在し、光の森営業所管轄に移行した際において駐在ならびに夜間停泊は廃止されたが、待機場所としては現存・機能している。

担当路線編集

旧大津営業所の路線を引き継いではいるものの、当営業所以東(菊陽町東部や大津町)の区間については県道337号(旧国道57号)を経由する系統など一部を除き全て廃止され、当営業所発着に改められている。なお、これまで武蔵ヶ丘団地を始終着としていた系統は全て当営業所発着に延伸したほか[1][2]楠団地線のうち、九州産交バスが受け持つ便の一部が当営業所担当[3]に変更された(残りの便は熊本営業所が担当)。

運行系統編集

太字は系統記号。当営業所の系統は楠団地線の西部車庫行きを除き往路・復路ともに同一の系統記号。

※子飼橋を経由する系統の熊本駅 ~ 交通センター ~ 二里木間は共通経路のため、E2・F1-1・K5-1の各系統を除き、途中の経由地を省略している。

  • E2-0,1: 西部車庫 ~ 蓮台寺 ~ 熊本駅桜町バスターミナル(以下、桜町BTと略) ~ 通町筋藤崎宮 ~ 子飼橋 ~ 熊本大学竜田口駅 ~ 上立田 ~ 二里木 ~ 高杉 ~ 楠団地[4]
  • E3-1: 桜町BT ~ 二里木間は上記のE2と同一経路。二里木 ~ 武蔵ヶ丘九丁目 ~(菊陽バイパス経由)~ 廣街道 ~ 菊陽病院 ~ 光の森産交
  • E3-2: 桜町BT ~ 二里木間は上記のE2と同一経路。二里木 ~ 武蔵塚駅 ~ 武蔵ヶ丘中央 ~ ゆめタウン光の森 ~ 光の森産交
  • E3-3: 熊本駅 ~ 二里木間は上記のE2と同一経路。二里木 ~ 武蔵塚駅 ~ 武蔵ヶ丘中央 ~ 武蔵ヶ丘車庫 ~ 新山 ~ 光の森産交
  • E3-4: 桜町BT ~ 二里木間は上記のE2と同一経路。 二里木 ~ 光の森駅南口三里木 ~ 菊陽病院 ~ 光の森産交
  • E3-5: 桜町BT ~ 二里木間は上記のE2と同一経路。 二里木 ~ 光の森駅南口 ~ 三里木 ~ 原水駅 ~ 大津中央 ~ 大津産交(旧大津営業所)[5]
  • F1-1: 桜町BT ~ 通町筋 ~ 藤崎宮 ~ 子飼橋 ~ 熊本刑務所東海学園 ~ 王田 ~ 供合農協 ~ 運動公園入口 ~ 鹿帰瀬 ~ 東熊本第二病院
  • F1-2: 桜町BT ~ 鹿帰瀬間は上記のF1-1と同一経路。鹿帰瀬 ~(国体道路南北線経由) ~ 光の森産交
  • K5-1: 桜町BT ~ 通町筋 ~ 味噌天神水前寺公園県庁 ~ 県会議事堂 ~ (東バイパス経由) ~ 西原 ~ 南郷団地 ~ 松の本 ~ ゆめタウン光の森 ~ 光の森産交[6][7]
  • K5-2: 桜町BT ~ 南郷団地間は上記のK5-1と同一経路。南郷団地 ~ (東バイパス・北バイパス経由) ~ 上立田 ~ 二里木 ~ 武蔵塚駅 ~ 武蔵ヶ丘中央 ~ 武蔵ヶ丘車庫 ~ 新山 ~ 光の森営業所[7]

車両編集

旧大津営業所からの転属車がほとんどである。全体的に中型ロング車(日野レインボーHR・日産ディーゼル(現・UDトラックス)JP)が半数を占めている。

脚注編集

  1. ^ 延伸区間のごく一部が合志市に入っている。
  2. ^ 県庁を経由する系統のうち、K5-1系統を除く。
  3. ^ 楠団地~当営業所間は回送。これに伴い、楠団地バス駐車場(車庫)での夜間滞泊運用はなくなった(武蔵ヶ丘車庫も同様)。
  4. ^ E2-0は竜田口駅止まり。上り(熊本駅・西部車庫行きのみ)の系統番号はE2-1→S3-0と表示される。
  5. ^ この系統のみ、上り(熊本行き)は朝、下り(大津行き)は夕方~夜時間帯のみの運転。なお、一部の便は吹田団地発着で運転される(大津産交を経由しない)。
  6. ^ 一部の便は熊本営業所が担当。
  7. ^ a b K5系統は全便土曜・休日運休(平日のみの運転)。

外部リンク編集