メインメニューを開く

九条幸経

九条 幸経(くじょう ゆきつね)は江戸時代後期の公卿。実父は鷹司政通[1]。号は平等信院。正二位権大納言

 
九条幸経
時代 江戸時代後期
生誕 文政6年4月26日1823年6月5日[1]
死没 安政6年8月4日1859年8月31日
官位 正二位権大納言
主君 仁孝天皇孝明天皇
氏族 九条家
父母 父:鷹司政通、母:家女房
養父:九条尚忠
兄弟 輔煕華園摂信徳大寺公純九条幸経渋谷教応、介子、興子、麗子、標子、積子、美津子
酒井肫子(姫路藩酒井忠学の次女)
養子:道孝日栄
テンプレートを表示

目次

略歴編集

文政6年(1823年)に鷹司政通の子として生まれ、九条尚忠の養子となる。文政6年(1835年10月4日、叙従三位

安政6年(1859年)、37歳で死去。尚忠の長男九条道孝が養嗣子となって跡を継いだ。

家族・親族編集

妻は姫路藩主酒井忠学の次女・酒井肫子(あつこ、初名は銉)[1]

尚忠の長男である九条道孝のほか、尚忠の猶子であった日栄伏見宮邦家親王第10王女)を養子としている[1]

系譜編集

官歴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 『平成新修旧華族家系大成』上p.537

参考文献編集

関連項目編集