メインメニューを開く

二色浜駅

日本の大阪府貝塚市にある南海電気鉄道の駅

二色浜駅(にしきのはまえき)は、大阪府貝塚市澤にある、南海電気鉄道南海本線駅番号NK27

二色浜駅
二色浜駅・和歌山市駅方面改札口
二色浜駅・和歌山市駅方面改札口
にしきのはま
NISHIKINOHAMA
NK26 貝塚 (1.8km)
(0.9km) 鶴原 NK28
所在地 大阪府貝塚市澤647番地2
駅番号 NK 27
所属事業者 南海電気鉄道
所属路線 南海本線
キロ程 30.4km(難波起点)
電報略号 ニシキ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
4,572人/日
-2017年-
開業年月日 1938年昭和13年)10月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

概要編集

昭和8年(1933)、南海鉄道は“第二の浜寺”をめざして二色の浜海岸に「海浜村」を開設した。200人収容の「汀の家」を建設し、宿泊施設のある海水浴場として人気を呼んだ。その最寄り駅として11年(1936)6月、夏期だけ営業の臨時駅を開設。2年後の13年(1938)9月に常設駅となった。駅名の「二色」は“白砂青松”の浜辺を表したもの。近年不正乗車(キセル乗車)が多く、二色浜駅周辺の住民が駅員を再度設置してもらうのを願っている。

歴史編集

当初は夏季の臨時駅として開設された。

  • 1936年(昭和11年)6月 - 南海鉄道の貝塚駅 - 鶴原駅間に臨時駅として新設。
  • 1938年(昭和13年)10月1日 - 常設駅に昇格。
  • 1944年(昭和19年)6月1日 - 会社合併により近畿日本鉄道の駅となる。
  • 1947年(昭和22年)6月1日 - 路線譲渡により南海電気鉄道の駅となる。
  • 2013年平成24年)4月1日 - 駅係員無人化を開始。

駅構造編集

相対式2面2線のホームを持つ地平駅である。駅舎は難波方面ホームの難波駅寄りにあり、和歌山市方面ホームへ行くためには構内踏切を通らなければならない。便所は改札内にあり、男女別・浄化槽使用の水洗式2014年3月、新しく多機能トイレを設置した。窓口は、無人駅のため閉鎖されている。

のりば編集

のりば 路線 方向 行先
1   南海線 下り 和歌山市方面
  空港線関西空港方面
2   南海線 上り なんば方面

利用状況編集

2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員4,572人である。

各年度の1日平均乗降・乗車人員数は下表の通り。

年度 1日平均
乗降人員
1日平均
乗車人員
出典
2000年 5,056 2,699 [1]
2001年 4,958 2,642 [2]
2002年 4,878 2,610 [3]
2003年 4,702 2,519 [4]
2004年 4,604 2,458 [5]
2005年 4,563 2,446 [6]
2006年 4,553 2,446 [7]
2007年 4,519 2,413 [8]
2008年 4,537 2,415 [9]
2009年 4,416 2,358 [10]
2010年 4,367 2,328 [11]
2011年 4,364 2,320 [12]
2012年 4,354 2,314 [13]
2013年 4,447 2,356 [14]
2014年 4,375 2,298 [15]
2015年 4,494 2,352 [16]
2016年 4,550 2,364 [17]
2017年 4,572 2,368 [18]

駅周辺編集

隣の駅編集

南海電気鉄道
  南海本線
特急サザン・急行・空港急行・区間急行
通過
準急(難波行きのみ運転)・普通 
貝塚駅 (NK26) - 二色浜駅 (NK27) - 鶴原駅 (NK28)
  • 括弧内は駅番号を示す。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集